>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人がFXのライントレードを解説!分析と取引手法・勝つコツとは?

この記事では、FXのライントレードについて解説します。

ラインを使ったテクニカル分析について知りたい方、利益の出し方を知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・ライントレードとは、ラインを引いて注文タイミングを決める手法

・ラインの種類は、大きく4種類

利益を狙うには、ローソク足がサポートラインやレジスタンスラインにぶつかった時にトレードする

・複数のラインを組み合わせるのがおすすめ

ラインを使ったテクニカル分析は、トライオートFXを使えばできます。

スマホアプリからも分析ができ、当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得です。

トライオートFXタイアップ

まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

FXのライントレードとは

ライントレードとは、ラインを引いて買い・売りの方向性を決め、注文のタイミングなどを決める手法です。

fxのライントレードとは

ラインの種類には以下のものがあります。

ラインの種類 ラインの説明
サポートライン 過去の最安値を結んだライン。底値になりやすい
レジスタンスライン 過去の最高値を結んだライン。天井になりやすい
三角保ち合い線 レンジ相場での最高値と最安値を結んだ線
トレンドライン トレンドの起点となっている箇所を結んだ線

ラインの引き方は意外とシンプルで、特にサポートライン、レジスタンスラインは簡単にひけます。

ラインを引くことで、買いや売りの方向性、エントリーポイントが判断できるようになります。

というわけで、次の章でさらに詳しくラインについて解説します。

ラインの種類

ここでは4種類のラインについて説明していきます。

まず、サポートラインから紹介します。

サポートライン

サポートライン

サポートラインとは、下値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれ以上下落しにくいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、底値になりやすいポイントです。

過去に何度も安値として反発しているポイントで、今後も反発の可能性があるので、ラインまで押した時に買う戦略があります。

サポートライン

ただ、サポートラインでローソク足が止まらず、そのまま下落してしまうこともあります。

その場合は、ローソク足がサポートラインを割ったタイミングで「売り(ショート)」というのが1つの戦略です。

サポートラインを割った後は、その線(もともとサポートだった線)がレジスタンスラインに変わります。

a

レジスタンスライン

fxのレジスタンスライン

レジスタンスラインは、上値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれより上昇しづらいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、天井になりやすいポイントです。

このポイントでは売り勢の勢いが強く、買っていた人たちが利益確定するポイントでもあります

ただ、買いの強いニュース(上昇材料)があれば、買い勢が優勢となり、レジスタンスラインを突き抜けることもあります。

突き抜けた後は、強い上昇トレンドになるので、影響を与えそうなニュースなども見ておきましょう!

三角保ち合い線

三角保ち合い線

三角保ち合い線は、トライアングルともいい、三角形を形成し、値動きが小さくなった後に、大きく動く特徴があります。

値動きが小さくなっていき、収束しきった時がエントリーポイントです

三角保ち合い線

この線を見ていれば、「長い間続いたレンジ相場が終わり、強いトレンドが発生するタイミング」がわかります。

価格が収束するほど、相場が大きなエネルギーを溜め込んで、最終的に一方向に大きく動きやすくなります

こちらも参考にしましょう。

トレンドライン

a

トレンドラインとは、これまでの高値同士(安値同士)を結んでトレンドを分かりやすく示した線のこと。

トレンドラインを見ることで、今後のトレンドを読みやすくなります。

トレンドラインには2種類あり、安値同士を結んだ線が「右肩上がりの上昇トレンドライン」。

a

高値同士を結んだ線が「右肩下がりの下降トレンドライン」です。

ラインにローソク足がぶつかればチャンス

トレンドラインでは、買い・売りの注文のタイミングもわかります。

たとえば、以下のように下落トレンドラインにローソク足がぶつかった時は売りのタイミングになりえます

a

逆に、上昇トレンドラインにローソク足がぶつかった時は買いのタイミングになりえます。

ただ、トレンドラインにローソク足がぶつかった後、ラインを突き抜け、強いトレンドが発生することもあるので、注文の際は損切りが必須です。

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

※テクニカル分析については、以下の動画もチェックしてください

ラインの引き方(描画方法)

a

次に、ラインの引き方も説明します。

ここではトレンドラインの引き方を紹介します。(米ドル/スイスフランのチャートにて)

トレンドラインは、Trading Viewというwebサイトを使えば簡単にひけます。

まず、チャートを表示し、インジケータの入力フォームに「trend」と入力します。

a

すると、複数のトレンドラインを自動で引いてもらえるインジケータが表示されるので、人気の「Trend Line v2」を選択します。

a

すると、以下の通り自動でトレンドラインを2種類ひいてもらえます。

a

これは三角保ち合い線にもなります

ラインの引き方は人によって異なりますので、これ以外の方法でも引けるものがあった引いてみましょう。

複数のラインで分析することで、より精度の高い予想ができます

ライントレードで勝つ手法

次に、ライントレードで利益を出すための手法を紹介します。

以下の3つを覚えておきましょう

手法
・サポートライン・レジスタンスラインからの反発を狙う

三角保ち合い線から一気に動く時を狙う

・トレンドラインを使い、押し、戻しを狙う

それぞれ解説します。

サポートライン・レジスタンスラインからの反発を狙う

a

まず、サポートライン・レジスタンスラインからの反発を狙う方法があります。

たとえば、下の方のサポートラインで下落が止まり、その後上昇に転じたら、順張りで買うという感じです。

a

逆ならば、上の方のレジスタンスラインで上昇が止まり、その後下落に転じたら、順張りで売りという感じです。

サポートとレジスタンスは過去に何度も反発している、強いポイントです。

ここをつき抜くのは容易ではないので、このポイントを使えば確度の高いトレードができます

三角保ち合い線から一気に動く時を狙う

三角保ち合い線

紹介した通り、三角保ち合い線でレンジ相場が終われば、どちらかの方向に大きく動きます。

大きく動き出した時に、動いた方向でポジションを取れば利益を狙いやすくなrます。

こうした傾向があるので、レンジ相場を形成している通貨ペアがあれば、三角保ち合い線を引いておくといいです

レンジ相場を見つけたら三角保ち合い線を引けるか確認してみましょう!

トレンドラインを使い、押し、戻しを狙う

a

トレンドラインでも反発を待てば、買い時・売り時になります。

たとえば、上昇トレンドラインまで押し(下落)、反発が確認できたら、買い注文をするという感じです。

a

逆に、下落トレンドラインまで戻り(上昇)、反発が確認できたら、売り注文をするという感じ。

トレンドラインでもエントリーポイントを探せるので、ローソク足がぶつかったタイミングをチェックしましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

ライントレードでの投資のコツ

次に、ライントレードでのコツを紹介します。

以下の2つを知っておくことで、利益を狙いやすくなるので、チェックしましょう!

コツ
まずはサポート・レジスタンスラインで分析

・慣れてきたら複数のラインで分析

それぞれ解説します。

まずはサポート・レジスタンスラインで分析

a

まず大事なのは、サポートラインとレジスタンスラインで分析することです。

この2つのラインなら簡単に引けますし、分析もしやすく、今の状況をサクッと把握できます。

他のラインですと、引くのがやや難しく、正しい分析をできない可能性があるので、まずはレジ・サポがおすすめです。

慣れてきたら複数のラインで分析

a

ライン分析に慣れてきたら、トレンドラインなども使って複合的に分析していきましょう。

複数の種類のラインを使うことで、より精度の高い分析ができます。

1つのラインでは買い時でも、他のラインでは買い時でない時もあります

複数のラインを使っていると、こういった時にダマシにあうこともなくなります。

2〜3種類のラインを引いて、正確な分析とトレードをするようにしましょう。

ライントレードにおすすめなFX会社

次に、ライントレードにおすすめなFX会社「インヴァスト証券」を紹介します。

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント
(ドル円)
85円
スプレッド
(ドル円)
0.2銭

FXの取引をするならインヴァスト証券がおすすめです。

ここではTrading Viewという高機能チャートツールを無料で使えて、気軽にライントレードができます

Trading Viewではラインを自動で引いてくれる機能もあるので、初心者の方でも正確にラインを引けます。

スマホアプリからも簡単に取引でき、放置でOKの自動売買も人気です。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【まとめ】テクニカル分析で為替で利益を狙う

a

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点
ラインの種類はサポートライン、レジスタンスライン、三角保ち合い線、トレンドライン

・ライントレードのコツは、ラインとローソク足がぶつかった時を狙う

複数のラインを引き、複合的に分析し、正確な予想をする

FXで取引するなら、みんなのFXもおおすすめです。

スプレッド最狭水準で、スワップポイントは最高クラスで、有利に取引できます

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /
関連記事