>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXのマージンコールとは?定義とロスカットを防ぐ対策・対処法を解説

この記事では、FXのマージンコール、つまり追証について解説していきます。

マージンコール(追証)の意味や防ぎ方を説明していきますので、FXに興味のある方は参考にしてみてください。

記事の要点まとめ
・FXのマージンコールとは追証のことで、ロスカット寸前の状態

マージンコールがでたら、資金を入金するなどの対処法がある

・マージンコールにならないためには、証拠金維持率800%以上をキープする(レバレッジ3倍)

FXの取引をするなら、スプレッドが最狭で受け取りスワップポイントが最大クラスのみんなのFXがおすすめです。

約定力も高く、有利にトレードできます。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /

FXのマージンコールとは?

マージンコールとは追証のこと

まず、FXのマージンコールとは何かを解説します。

マージンコールとは追証のことで、FX会社がトレーダーに「追加の入金が必要なこと」を通知する機能です。

そもそもFXでは、「口座に入金している額」が「取引に必要な最低額(必要証拠金)」を上回っている必要があります

ロスカットの計算方法

そうしたルールがある中、口座のお金が必要証拠金を下回ってしまうと、追加の入金が必要になります。

この時にトレーダーに送られるのが「マージンコール」です。

マージンコールに対応しないとロスカットに

fxのマージンコールとは

もし、マージンコールが来た時に入金などの対策をしないとロスカットになってしまいます。

ロスカットはすべてのポジションが強制決済されることですから、実現損が出てしまいます。

マージンコールというのはロスカット寸前の状態で、ロスカットを事前に知らせる通知のことです。

証拠金維持率に基づいて追証が通知される

維持率でロスカット回避.png

マージンコールは証拠金維持率に基づいてユーザーに送られます。

証拠金維持率とはユーザーの資金の余裕さやレバレッジを表し、維持率がある基準を切ってしまうとマージンコールとなります

証拠金維持率2500%でレバレッジ1倍、維持率1250%でレバレッジ2倍、維持率833%でレバレッジ3倍という感じです。

だいたい、レバレッジが10倍以上になる維持率200%くらいからマージンコールのリスクが出てきます。

※レバレッジや証拠金維持率などの用語は、以下の動画でチェックしてください。

マージンコールのタイミングは?

マージンコールのタイミングは証拠金維持率で決まり、FX会社ごとに基準が異なります。

追証の基準はFX会社ごとに異なっており、証拠金維持率が100%でマージンコールの会社もあれば、50%で追証になる会社もあります

マージンコールを防ぎたいなら、維持率と各社のマージンコールの基準も見ておきましょう。

マージンコールがきた時の対処法

次に、マージンコールがきた時の対処法を紹介します。

以下のどれかをやっておけばマージンコール後のロスカットは防げるので、損しないために実践しましょう。

対処法
追加で資金を入金する

ポジションを決済し減らす

それぞれ解説します。

追加で資金を入金する

マージンコールへの対策

マージンコールが来た時に追証やロスカットを避ける方法として、追加での入金があります。

資金ギリギリでやっているからマージンコールが来るわけで、追加で資金を入れれば、ロスカットなどは防げます。

そもそもマージンコールが来ないように、レバレッジは5倍以下で運用するのがおすすめです。

スワップポイント生活のレバレッジ

ポジションを決済し減らす

マージンコールへの対策

マージンコールへの対策として「ポジションを決済し減らす」もあります。

ポジションを減らせば、必要な証拠金は減りますから、証拠金維持率も高まっていきます。

理想は含み益が出ているポジションで利益確定することですが、損切りでポジションを減らしても大丈夫です。

ポジション数が多い場合は、ロスカットにならないために不要なものを決済しておきましょう。

マージンコールを100%回避!おすすめの取引方法

次に、マージンコールを回避する方法を紹介します。

マージンコールがくる前に以下の対策をしておけばOKなので、必ずチェックしましょう。

対策
資金を十分に入れておく

事前に損切り設定を入れておく

・ナンピンなど過剰なポジションをとらない

それぞれ解説します。

資金を十分に入れておく

資金を多めに用意し損を防ぐ.png

まず、大事なのは資金を多めに入れておくことです。

資金を多めに入れておけば、マージンコールの基準に満たすことはありません。

レバレッジ3倍以下の資金を用意し、運用していれば、マージンコールはまず来ないので覚えておきましょう。

豪ドルで失敗

資金管理をしっかりすれば、ロスカットにもならず損を防げます。

事前に損切り設定を入れておく

fxのマージンコールを防ぐ方法

マージンコールを防ぐためには、新規注文の際に損切り注文もしておくといいです。

ポジションがたまり含み損が増えていくと、マージンコールがきやすくなってしまます。

これを防ぐためにも、予想と逆に動いたと思ったらすぐ損切りできるように注文しておきましょう

ダメなポジションは早めにカットする

塩漬けの状態を減らすことで資金管理もでき、ロスカットも防げるようになります。

損切りをして資金を残し、損小利大のトレードを心がけることも大切です。

損切りのコツなどは以下の動画でもチェックしてください

ナンピンなど過剰なポジションをとらない

a

過剰なポジションを取らないことでも、マージンコールは防ぎやすくなります。

つい熱くなってポジションを取ってしまうポジポジ病やナンピンなどをしなければ、ムダなポジションはとらずに済みます。

特に、買い下がりを繰り返すナンピンというのはロスカットなどの原因になりやすいです。

fx長期保有の注意点

予想と逆に動いたと思ったら、冷静になり、損切りをすることも大切です。

損しないために資金管理、リスク管理はとても大切なので、覚えておきましょう。

追証を防ぐ!おすすめのFX会社

次に、マージンコールを防ぐのにおすすめなFX会社「トライオートFX」を紹介します。

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
スプレッド
(ドル円)
0.2銭
スワップポイント
(ドル円)
70円

トライオートFXは資金管理をしやすく、マージンコールやロスカットを防ぎやすいFX会社です。

証拠金維持率が100%でマージンコールがきて、その前に維持率150%と125%の時に2回プレアラートメールがきます

事前の警告で資金不足に気づきやすく、追証やロスカットを防ぎやすいです。

また、1000通貨から少額で取引でき、スプレッドやスワップポイントの条件もいいです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【まとめ】FXのマージンコールは追証のこと

マージンコールとは追証のこと

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点
・マージンコールは追加で資金を入金しなければいけない状態

・FX口座に必要証拠金より多い額が入っていないと、マージンコールとなる

マージンコールの対策は追加の入金とポジションの解消

損切りなどをしておくことで、マージンコールは防げる

マージンコールにならないためには、資金管理が大事です。

ノックアウトオプションのおすすめ戦略

みんなのFXも資金管理がしやすく、スプレッドやスワップポイントの条件も最高クラス。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /
関連記事