>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【必見】FXの利確のベストタイミングは?おすすめ手法を億り人が解説

この記事では、FXの利確(利益確定)のタイミング、やり方について解説します。

利確は利益を出すためにとても大事ながら、難しいです。

そこで、この記事では初心者の方でもわかりやすいように、利確タイミングの決め方などを説明していきます

「利確のやり方を知りたい」「ベストなタイミングを知り利益を伸ばしたい」と考えている方は参考にしてください。

記事の要点
利確する理由は、含み益を実現利益にするため

・利確のタイミングはサポートラインやインジケータで決める

・利確のおすすめ方法は手法によって異なり、ルールを決めることが大切

というわけで、これから説明します。

FXはスプレッド最狭でスワップポイントが最高な「みんなのFX」だと有利に取引できます。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /

そもそもFXの利確とは?

まず、「そもそもFXの利確とは何か?」を説明します。

利確とは利益を確定させることで、ポジションを決済することです。

fx自動売買で利益確定

新規ポジションを取った後、自分の予想通りに為替レートが動き、含み益が出たら利確して実現利益を得ます。

実現利益にするまでを解説

たとえば、1ドル=100円の時に1万通貨の米ドルを買い、1ドル=101円まで上がったら1万円の含み益が出ます

ただ、この時点ではまだ利益が実現していません。

この時に売って、ポジションを決済して、つまり利確してはじめて利益が自分のものになります

fx自動売買で利益確定

この状態を実現利益といい、利益が実現していない「含み益」との大きな違いです。

利確が早いと後悔することも

一方で、1万円の含み益が出た時に利益確定しないと、その後下落し利益がゼロになってしまう可能性もあります。

仮想通貨で儲からない人

さらに、1ドル99円まで下がり、含み益が含み損になってしまうこともあります

こうならないためにも利益確定をして、実現利益を確保します。

また、その逆で、利確した後に、1ドル=102円までさらに上昇し、+1万円の利益を逃すこともあります。

このようにいろんな場合があるため、利確のタイミングはとても難しいです。

FX利確のタイミングの決め方

では、どのように利確のタイミングを決めればいいか、こちらを紹介していきます。

利確のタイミングの決め方はいくつかあるので、紹介します。

自分に合うものを選んでみてください。

値動きの幅で決める

fxの利確タイミング

まず、「これくらい値が動いたら利確する」という決め方があります。

これは事前に「新規買いから0.1円動いたら売って利益確定する」と決めておく方法です。

とてもシンプルでわかりやすく、初心者の方でも実践しやすい方法です。

初心者におすすめ.png

ただ、チャートの動きや他のトレーダーの動向を気にしない方法であるため、その後の利益を逃す場合もあります

具体的には「10%で利食い、2%で損切り」と決めてトレードするイメージです。

こういったルールを決めておくと、利確と損切りのタイミングで悩まず、機械的に決済ができます。

抵抗ラインで利確を決める

1

利確のタイミングはサポートライン、レジスタンスラインで決めるのも可能です。

サポートラインは画像の下の方に引いている青のラインで、それ以上下がりにくい線を表します

1

レジスタンスラインは上の方に引いている赤のラインで、それ以上上がりにくい線を表します。

なので、それぞれのラインに近づいた時が利確の目安となります。

ただ、ラインをどこで引くかは個人の考え方によって異なり、利確ポイントが人によって変わります。

Trading Viewであれば、インジケータでラインを自動で引いてもらえるので、そういったものも使うといいかもしれません。

インジケータを元に利確する

FXではインジケータを使って利確する方法もあります。

インジケータとは、テクニカル分析で使えるツール(指標)で、今後の値動き予想で役立ちます

新規の買い時、決済の売り時を表示してくれるものもあり、そういったものを使えば利確の目安もわかります

ボリンジャーバンドが便利

たとえば、以下のボリンジャーバンドでは青の下の方の-2σ線が下落してきた時の買い時になっています。

インジケータでfxで利確する方法

そして、ピンクの-1σ線に上がった時が1つの利確のタイミング、もしくはオレンジの移動平均線まで上がった時が利確の目安になります。

このように、相場のプロが作ったツールを使うことでも利確のタイミングを決められます

ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標は以下の動画でも解説しているので、チェックしてください。

FX利確のおすすめタイミングを紹介

次に、紹介してきたことを活用した「利確タイミングの決め方」をまとめます。

テクニカル分析が苦手でもOKなわかりやすい方法なので、参考にしてください。

抵抗線に達した時に利確する

fxの利確手法

まず、上値抵抗線(レジスタンスライン)や下値抵抗線(サポートライン)にローソク足が達した時に利確する方法があります。

上値抵抗線は上昇していても、そこで止まりやすい線のことで、下値抵抗線は下落時でも、そこで止まりやすい線のことです。

1

上値抵抗線より上に行くことはあまりなく、下値抵抗線より下に行くこともあまりないです。

なので、新規で買った後に上値抵抗線まで達すれば、そこは売りでの利確ポイント。

新規で売った後に下値抵抗線まで達すれば、そこは買いでの利確ポイントです。

fxの利確手法

これはわかりやすい方法なので、覚えておきましょう。

フィボナッチ・リトレースメントで利確

他には、フィボナッチ・リトレースメントで利確する方法もあります。

フィボナッチ・リトレースメントとは、ローソク足が止まりやすい線を表し、それぞれの線がエントリーポイント、利確ポイントになります

fxのテクニカル指標での利確方法

過去の値動きを見て、そこで止まっている回数が多ければ、より確度の高いポイントになります。

こちらもTrading Viewで簡単に表示でき、パッと見でわかりやすいので、参考にしてください。

移動平均線で利確する

移動平均線でも利確ポイントを判断できます。

特にわかりやすいのは「短期の移動平均線(オレンジ)」と「長期の移動平均線(緑)」を使ったゴールデンクロスとデッドクロスです。

fxで移動平均線で利確

「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を下抜けたら売りサインでデッドクロスと言います。

逆に、「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を上抜けたら買いサインでゴールデンクロスと言います。

デッドクロスは新規注文なら売りタイミング、利確なら買った後の売り決済のタイミング。

ゴールデンクロスは新規注文なら買いタイミング、利確なら売った後の買い決済のタイミングです。

fxで移動平均線で利確

これを知っておくことでも利確ができます。

パラボリック(SAR)で利確

テクニカル指標のパラボリック(SAR)でも利確の判断ができます。(以下の画像の青の点線です)

パラボリックsarで利確

SAR(Stop and Revers)では、現在のトレンドがわかり、トレンドの転換点が利確ポイントになります。

たとえば、ローソク足の上にSAR(青の点線)があれば下落トレンドを意味し、ローソク足の下にSARがあれば上昇トレンドを意味します

パラボリックsarで利確

そして、SARがローソク足の上下で切り替わった時がトレンド転換点なので、利確のタイミングです。

こういった指標も参考にしてみてください。

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /

FXの利確が難しい理由

次に、FXの利確が難しい理由を紹介します。

これを知っておくことで、的確なタイミングで利確できるようになるので、必ず覚えておきましょう。

利確は損切りよりずっと難しい

利確の難しさは損切りと比べると、想像しやすいです。

むしろ損切りは簡単です。なぜなら、「これ以上損をしたくない」という心理になるからです。

今より損を増やしたくないという焦りがあるので、利確よりすぐに損切りは決断がしやすいです。

利確が難しいのは「まだ儲かる」と思ってしまうから

これと逆で、利確は含み益が出ている場合、「まだ儲かる」と思ってしまうため、その判断が難しくなります。

いま1万円の含み益があるとして、多くの人が「まだ儲かる。もっと儲けたい」と思ってしまいます。

しかし、その後予想と逆の方向に動いて、含み益がなくなってしまったなんてことはよくあります。

このように利確の時は欲を出してしまうため、正しい判断ができず、結果「利確は難しい」ということになってしまうのです。

欲

利確が早すぎても問題

「利益を逃した」の逆で、利確が早すぎるというのも問題です。

よくあるのが「この後、含み益がなくなるのが怖くて、早めに利確してしまった」という後悔。

結果、「もっと待っていれば大きな利益を得られた」という状態になってしまいます。

このように、2種類の感情が出てしまうため、利確はFXで難しいとされています

より簡単に利確をするには感情に惑わされないために、事前にルールを決めておくといいです。

そうすれば、感情に惑わされず機械的に利確できます。

FXの利確のコツ

次に、FXの利確のコツを紹介します。

以下の2つを知っておきましょう。

利確のコツ
・ルールを決め、機械的に利確する

損しなかったことを重視する

それぞれ解説します。

ルールを決め、機械的に利確する

利確

紹介した通り、事前にルールを決めておけば、機械的に利確ができるようになります。

たとえば、「抵抗線にローソク足が達したら利確」「SARでトレンドが切り替わったら利確」のようにルールを決めましょう。

fxの利確手法

紹介したテクニカル指標を使えば、視覚的にもわかりやすく判断できますから、ぜひ活用するといいです。

損しなかったことを重視する

利確のコツとして、「タイミングが早くても、利確し実現利益を得られたのなら後悔しない」というものがあります。

利確が早いと「もっと利益を伸ばせたのに」と後悔してしまいます。

しかし、利確ができたということは少しであっても利益を得られたということ。

利確できたのはいいこと

つまり、しっかり資金は増えているので、ポジティブであり、後悔すべきことではありません

後悔すべきは損して資金がマイナスになった時なので、「損せず資金が増えたこと」をもっと評価(重視)しましょう。

利益が得られたのならOK」、この考え方を持つのが大事です。

おすすめのFX会社

次に、利確して資産を増やしたい人におすすめのFX会社「トライオートFX」を紹介します。

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
取引通貨単位 1000通貨
通貨ペア数 20種類
スワップポイント
(ドル円)
80円
スプレッド
(ドル円)
0.2銭
キャンペーン 53,000円と
特別レポートプレゼント

FXでうまく利確したい人にオススメのFX会社はトライオートFXです。

ここでは自動売買があり、システムがいいタイミングで自動で利確をしてくれます

lineの自動ロボアド運用

人間は利確タイミングで悩まず、利益を積み上げていけます。

こちらではスワップポイント受け取りも多く、スプレッドも狭く、スマホからも簡単にトレードできます。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【まとめ】FXで利益確定(りかく)する方法

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点
・利確のタイミングはサポートラインやインジケータなどで決める

初心者の方であれば、「〜円動いたら利確」のように値動きの幅で決めてもいい

ルールを決めて、機械的に利確するのが大事

利確はテクニカル指標を使えば、機械的にできるようになるので、おすすめです。

FXの取引をするなら、スプレッドやスワップポイントの条件が良く、有利にトレードできる「みんなのFX」がおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /
関連記事