>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人がFX会社をロスカットで比較!1番回避しやすい業者はどこ?

この記事では、FX会社ごとのロスカットルールをまとめ、安全に取引できる会社を紹介していきます。

資産を守りながら、安全に運用し利益を狙いたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・ロスカットルールや証拠金維持率はそれぞれのFX会社によって異なる

ルールが違うと、ロスカットされた時に手元に残る額も異なる

なるべく早めにロスカットされる会社が安全でおすすめ

結論、ロスカットでFX会社を選ぶ際は、早めにロスカットされて、資産を守れるところを選ぶといいです。

証拠金維持率で、早めにロスカットされるかがわかり、証拠金維持率が高いほど、早めにロスカットされます

証拠金維持率はみんなのFXが最高水準で、100%です。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /

ロスカットの意味については、以下の動画でチェックしてください。

FX会社のロスカットルール比較・一覧

fx会社をロスカットで比較

まず、FX会社ごとのロスカットルールである「証拠金維持率」を比較します。

FX会社 ロスカットの基準
強制決済タイミング
みんなのFX 証拠金維持率
100%以下
SBI FXトレード 証拠金維持率
100%以下
FOREX.com 証拠金維持率
100%以下
FXプライム by GMO 証拠金維持率
80%以下
トライオートFX 証拠金維持率
50%以下
GMOクリック証券 証拠金維持率
50%以下
外貨ex byGMO 証拠金維持率
50%以下
DMM FX 証拠金維持率
50%以下
マネーパートナーズ 証拠金維持率
20%以下

証拠金維持率の計算方法は「純資産 ÷ 必要証拠金 × 100」です。

純資産は「口座に入金する額」で、必要証拠金は「取引で必要な最低額(レバレッジ25倍で計算)」です。

ロスカットの計算方法

証拠金維持率でどう変わる?

fx会社をロスカットで比較

一般的に、証拠金維持率は高いほどいいとされています。

なぜなら、高い方が安全だからです。

証拠金維持率が高いと、資金が残っているうちに(ある程度早めに)ロスカットされ、資産を守れます

証拠金維持率が低いと、ロスカットで資金が残らない

証拠金維持率の低いfx会社

一方で、証拠金維持率が低いと、資金がほぼなくなった状態でロスカットされ、強制決済後は資金がほぼ残りません

証拠金維持率が低いとギリギリまでロスカットされず、含み損からの損失確定もしづらいですが、その分リスクは上がります。

基準に達しロスカットされてしまったら、資金がほぼ残らないからです。

こういった点があるため、証拠金維持率は人に応じて選び分けるのがおすすめです。

ロスカットをある程度早めにしてもらい、資金を残したい人には、証拠金維持率の高いFX会社がおすすめです。

証拠金維持率が高いfx会社

ギリギリまでロスカットされたくない人には、証拠金維持率の低いFX会社がおすすめです。

証拠金維持率が100%で高いのはみんなのFXで、20%で低いのはマネーパートナーズです。

どちらも当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう。

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /
\ 限定!5,000円もらう /

ロスカットルールでFX会社を選ぶときのポイント

スクリーンショット 2022 07 14 19 37 34

先ほど、「早めにロスカットされたいか」「遅めか」でFX会社を使い分けるといいと書きました。

他に選ぶポイントしては「短期トレードをするか」「長期トレードをするか」という軸もあります

短期トレードをするなら、早めにロスカットされる「証拠金維持率の高い会社」の方がおすすめです。

なぜなら、短期トレードでは損切りか利確で早めに決済し、次のトレードに切り替えることが大切だからです

損切りで損失を小さく.png

早めにロスカットされれば、資金が残った状態で、次に進めます

なので、短期トレードをしたいなら、証拠金維持率の高いFX会社がいいと思います。

FXのロスカットを避ける方法

次に、FXのロスカットを避けるにはどうすればいいかを説明します。

大事な以下の点を覚えておきましょう。

記事の要点まとめ
証拠金維持率の低いFX会社を使う

口座に資金を多めに入れる

・損切りでダメなポジションを削る

それぞれ解説します。

証拠金維持率の低いFX会社を使う

証拠金維持率の低いfx会社

少額で運用する際、どうしてもロスカットされたくないなら、証拠金維持率の低いFX会社を使うのもありです。

証拠金維持率が低ければ、ギリギリまでロスカットされず、含み損が実現損になりません。

ただし、実際にロスカットされると、損失が多くなってしまうので、このリスクは必ず覚えておきましょう。

大損しないためにも、取引中の通貨ペアの為替レートはマメに見る必要があります

証拠金維持率の低い会社なら、マネーパートナーズがあり、限定キャンペーンがお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5,000円もらう /

FX口座に資金を多めに入れる

資金を多めに用意し損を防ぐ.png

FX口座に資金を多めに入れておけば、ロスカット基準にひっかからず、ロスカットは防げます

資金を多めに入れることで、低レバレッジで運用でき、リスクも抑えられます。

できるなら、証拠金維持率は500%以上を目指しましょう

損切りでダメなポジションを削る

損切りで損失を小さく.png

早めの損切りもロスカットを防ぐ方法として有効です。

損切りをせず、ダラダラ含み損のポジションを増やしてしまうと、ロスカットの可能性が高まります。

予想が外れたと思えば、すぐに損切りし、ポジションを切って、証拠金維持率に余裕をもたせましょう

早めに損切りして切り替えれば、次のトレードでの利益を狙えます

損切りのコツなどは以下の動画でもチェックしてください

証拠金維持率で選ぶおすすめFX会社

ロスカットでFX会社を選ぶなら、みんなのFXがおすすめです。

証拠金維持率が100%と高く、早めにロスカットされるため、資金を守れます

スプレッドが最狭水準で、スワップポイント受け取りも最高水準なのもポイント。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /

ギリギリまでロスカット.png

ギリギリまでロスカットされたくない方には、マネーパートナーズがおすすめです。

ここでは100円から少額取引でき、上場企業グループの運営で安心です

こちらでも限定キャンペーンがありお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5,000円もらう /

▼おすすめFX会社については以下の動画も参考にしてください。

【まとめ】FX強制決済での大損を防ごう

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・FX会社ごとにロスカットルールが違う

自分のトレードスタイルに合ったFX会社を使う

・資金を守るために、早めにロスカットされる会社が基本的におすすめ

・少額FXでロスカットを防ぐなら、損切りをして、証拠金維持率を上げておく

資金を守りながらFXをやるなら、証拠金維持率100%で早めにロスカットしてもらえる「みんなのFX」がおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /
関連記事