>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

最悪?大和証券・ダイワFXの評判・口コミを紹介!デメリットも解説

この記事では、大和証券の「ダイワFX」の特徴やデメリットなどを紹介します。

CMでもおなじみの有名会社でのFXがおすすめか、実態はどうかと思ってる方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・ダイワFXは変動制スプレッドで取引コストが高い

・FXより株式に重点を置いてるのでFXは微妙

スマホアプリがなく外出先などで気軽に取引できない

結論、ダイワFXは手数料が他社の10倍以上と高く、ツールも使いづらく不利な取引となります。

コスト最安で有利に取引したいなら、上場企業が運営のみんなのFXがおすすめです。

スワップポイントが最大ですし、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックしましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

【大和証券】ダイワFXの特徴

大和証券ダイワfxの評判

ダイワFXは、大和証券が提供するインターネット専用のFXサービスです。

大和証券は大手証券5社のひとつとしても知られ、信頼度が高く安心してお金を預けられます

1,000通貨から取引でき、最大25倍のレバレッジをかければ、数千円から少額投資も可能です。

店頭FXの「ダイワFX」に加え、取引所FXの「ダイワ365(くりっく365)」を選べるのも特徴。

自分でトレードする「ダイワ・ダイレクト」コースか、担当者からアドバイスを受けられる「コンサルティング」コースも選べます

大和証券のFX(ダイワFX)のデメリット

ダイワFXには以下のデメリットがあり、大きな問題となっています。

デメリット
スプレッドが変動制で広がりやすい
・取り扱っている通貨ペアの種類が少ない

受け取りスワップポイントが少ない
・FXより株式に重点を置いてるのでFXは微妙

サービスの対応時間が短い
・デモトレードが利用できない

それぞれ解説します。

スプレッドが変動制で広がりやすい

大和証券(ダイワFX)のスプレッド、手数料

ダイワFXでは、変動制のスプレッドを採用し、その数値も非公開で、コスト計算がしづらいです。

噂では米ドル/円の場合、3銭ほど

他社の「原則固定で0.2〜0.3銭ほど」に比べると、その差は10倍で、とても手数料が高いです。

これだけスプレッドが広いと、スキャルピングやデイトレードはできません。

コストは取引するほど多くなり、不利になるので、コスト最安のみんなのFXで取引するのをおすすめします

\ 限定!53,000円もらう /

取り扱っている通貨ペアの種類が少ない

松井証券のデメリット

ダイワFXでは、11種類の通貨ペアを取り扱っており、ほかの国内FX会社とくらべると少ないです。

数十種類の通貨ペアを取引できるところがほとんどなので、こちらもデメリットです。

大和証券では、クロス円で円絡みの通貨ペアのみで、世界で取引量1位のユーロ/ドルも取引できません

高金利で人気の新興国通貨も南アフリカランドのみで、選択肢がすくなくトレードも限定され、リスク分散もできません。

トレードの幅を広げて利益のチャンスを増やし、リスク分散したいなら、通貨ペアが30ほどのみんなのFXを使いましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

受け取りスワップポイントが少ない

スクリーンショット 2021 10 06 8 17 46

ダイワFXでは、スワップポイントが公表されていません。

噂によると、国内最大の会社と比べると、毎日の受取額は1/2以下で、こちらもデメリットです。

トルコリラ、メキシコペソなどスワップポイントをたくさんもらえる通貨もないので、スワップ投資に向きません。

スワップポイントは外貨を買っているだけで、毎日もらえてお得です。

中期〜でまったりほったらかしでスワップ運用をしたいなら、その受取額が最大のみんなのFXを使いましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

FXより株式に重点を置いてるのでFXは微妙

マネックスfxplusの評判、デメリット

大和証券では、FXのほかにも株式や投資信託、ファンドラップなど多くの金融商品を取り扱っています。

なかでも株式に注力しているため、FXのサービスはあまり充実していません

配信情報やセミナーなども株式が中心で、FXについてはあまり情報収集できず学べません

取引ツールも専用のスマホアプリがなく、注文しづらく、テクニカル指標も少ないため分析もしづらいです。

新規口座開設キャンペーンなどもないため、他者と比べるとお得ではありません。

お得で有利に取引したいなら、当サイト限定キャンペーンで53,000円もらえる「みんなのFX」を使いましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

サービスの対応時間が短い

大和証券(ダイワFX)のデメリット

ダイワFXでは、毎週月曜日の午前8時から取引できるようになります

ほかの国内FX会社の多くでは月曜午前7時から開始でき、この1時間のタイムラグがデメリットとなる可能性があります。

たとえば、週末に大きなイベントやニュースがあると、市場のオープンと同時に激しい値動きが生じ、利益のチャンスを逃す場合があります

金曜日から不利なポジションを持っていれば、注文できず損することもあります

24時間のサポート体制がない

dmm cfdでのlineサポート対応

サポートでも、問い合わせできるのが平日9:00〜18:00と限られた時間になっています

FX取引では24時間市場が動いているため、トラブルが起こったときに困る可能性があります。

こうした点が不安なら、電話でもメールでも24時間対応してもらえる「みんなのFX」を使いましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

デモトレードが利用できない

サクソバンクmt4デモトレード

ダイワFXでは、デモトレードがないため、本番前の練習ができません

FX未経験者や初心者ですと、まずお試しで練習してから本番に挑みたいはず。

それができないのはデメリットなので、無料でスマホからも簡単にデモトレードできる「みんなのFX」を使いましょう!

ここなら自己資金を使わず、仮想のお金でFXの体験ができます

\ 限定!53,000円もらう /

大和証券のFX(ダイワFX)のメリット

ダイワFXには以下のデメリットもあります。

・大手証券会社で安全性が高い
・取引についてのアドバイスを受けられる
・1,000通貨単位からの少額取引ができる

それぞれ解説します。

大手証券会社で安全性が高い

大和証券ダイワfxの評判

大和証券は上場企業で、大手であり信頼できます

自己資本規制比率は2021年6月末で337.1%と、維持義務の120%をはるかに上回る水準となっています。

自己資本規制比率は経営の健全さを知る指標で、その数が多いほど優良経営と言えます

信託保全もしっかりあり、大和証券が倒産しても、ユーザーの預けていたお金は全額しっかり戻ってきます

取引についてのアドバイスを受けられる

スクリーンショット 2021 07 10 9 18 00

ダイワFXでは、コンサルティングコースを選ぶと、担当者から投資のアドバイスや情報提供をもらえます

初心者や、自分で情報収集するのが苦手な人にとって便利です。

ただし、アドバイス通りに投資しても必ず儲かるわけではありません。

あくまで参考程度にしましょう。

1,000通貨単位からの少額取引ができる

スクリーンショット 2021 09 20 11 24 38

ダイワFXでは他のFX会社のように1000通貨から気軽にトレードできます

ドル円でレバレッジ25倍であれば、4000円ほどで始められます。

ただし、レバレッジ25倍だと含み損が出たときにロスカットで損しやすいので、資金には余裕を持たせましょう。

レバレッジが高すぎると、わずかな値動きでも損しやすいので、5倍以下におさえるのがいいです。

なお、南アフリカランド/円、香港ドル/円、ノルウェークローネ/円、の3通貨ペアについては、1万通貨からの取引となっています。

大和証券(ダイワFX)の評判・口コミ

ダイワFXについて、ユーザーからは以下の口コミがありました。

大和証券、野村証券、外為オンライン、外為どっとコムはちゃんとした有力なFX会社です。実績もあります
ダイワFX、スプレッド広すぎてスキャルピングできない
スワップポイントが少なくて他社に乗り換えた
取扱通貨が少なく、トルコリラ、メキシコペソがないのはダメだ
スマホアプリがないので、家でしかトレードできず不便

大和証券(ダイワFX)がおすすめな人

以下の人にダイワFXはおすすめです。

・安全性を最も重視する方
・アドバイスを受けたい方

コンサルティングをまず試してみたいなら、無料で利用するのはありかもしれません。

大和証券(ダイワFX)をおすすめしない人

以下の人には、ダイワFXをおすすめしません。

・取引コスト最安がいい方
・短期トレードをしたい方
・スワップ運用をしたい方
・多くの通貨ペアで取引したい方
・スマホアプリで取引したい方

こういった方であれば、取引手数料ゼロでスプレッド最狭、約定力も高く短期トレードでも有利なみんなのFXを使いましょう。

トレイダーズ証券 みんなのFX

スワップポイントの毎日の受け取りも最大で、30ほどの通貨ペアがあり、利益のチャンスが多いです。

スマホアプリからもかんたんに数百円からトレードでき、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です!

\ 限定!53,000円もらう /

大和証券の会社概要

運営会社の情報
会社名 大和証券株式会社

所在地
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウ ノースタワー

設立 1902年5月

資本金 1,000億円

FXサービス開始 2006年2月(ダイワFX)

2009年に「ダイワ365」が始まり、15年の実績がある老舗サービスのひとつです。

【まとめ】大和証券(ダイワFX)は手数料が高い

大和証券(ダイワFX)のスプレッド、手数料

記事の要点まとめ
・ダイワFXは変動制スプレッドで取引コストが高い

・FXより株式に重点を置いてるのでFXは微妙

スマホアプリがなく外出先などで気軽に取引できない

結論、ダイワFXは手数料が他社の10倍以上と高く、ツールも使いづらく不利な取引となります。

コスト最安で有利に取引したいなら、上場企業が運営のみんなのFXがおすすめです。

スワップポイントが最大ですし、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックしましょう!

\ 限定!53,000円もらう /
関連記事