>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

最新比較!カナダドルのスワップポイントランキング!おすすめFX会社と推移も

この記事では、カナダドルのスワップポイントを比較し、将来性も解説します。

「どの会社がスワップ投資に向いてるの?」と疑問に思う方もいると思うので、条件のいいおすすめ会社も紹介します

記事の要点まとめ
リターン2%も狙えて、預金の2000倍の年利に
・外部機関からの格付け(評価)が高く安心

・スワップポイントは、高いFX会社で1万通貨あたり5円/日

カナダドルで投資をするならみんなのFX」、「SBI FXトレード」、「マネーパートナーズ」がおすすめ

・その中でも、スワップポイントが安定して高いSBI FXトレード」が1番おすすめ

SBI FXでは当サイト限定のキャンペーンで50,000円もらえてお得なので、まずは口座を作っておきましょう。

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

\ キャンペーンを見てみる /

【最新】カナダドルのスワップポイント比較・一覧

まず10万通貨を運用した時に毎日付与されるスワップポイントを、FX会社ごとにまとめたので、確認しましょう。

FX会社 受け取り
SBI FXトレード 50円
みんなのFX 30円
マネーパートナーズ 30円
ヒロセ通商 30円
LIGHT FX 30円
トライオートFX 10円
FXプライム by GMO 10円
マネースクエア 0円
外為オンライン 0円

(2021年9月9日週のスワップポイントを参考)

スワップポイント受け取りではSBI FXトレードが現時点で最高です。

カナダドル投資を考えている方は、今のうちに口座開設しておきましょう

\ まず無料で口座を作る /

【売り】カナダドルのスワップポイント比較一覧

最近は多くの通貨において、買いのスワップポイントが減少気味なので、売り(ショート)で取引する方が増えています

以下、売りでのスワップポイント支払いの比較表です。(1万通貨あたり)

FX会社 支払い
みんなのFX -3円
LIGHT FX -3円
SBI FXトレード -9円
FXプライム by GMO -17円
ヒロセ通商 -33円
トライオートFX -45円

売りのスワップポイント支払いが少なく有利なのは、みんなのFXとLIGHT FXです。

特にみんなのFXではスプレッドも最狭で、売りの短期トレードでも利益を狙いやすいです。

限定キャンペーンもお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 無料で口座を作る /

カナダドルのスワップポイントの推移

スワップポイント運用では「平均値(これまでの推移)」も見る必要があります。

最新で最高でも、一時的なキャンペーンで最高になってる場合もあり、今後もその水準で受け取れない可能性があるのです。

なので、安定してスワップポイントを受け取るためにもこれまで数ヶ月の推移(平均値)を見ておく必要があります

最高水準のサイトのスワップ平均値

スワップポイント受け取り最高水準のサイトの推移をまとめたのが以下のグラフ。

カナダドルのFX会社スワップポイント比較

グラフを見ると、SBI FXトレードが現在はトップですが、時期によって変わることがわかります。

一方、みんなのFXやマネーパートナーズが安定して高水準のスワップポイントとなっています

なので、以下のように使い分けるのがおすすめです。

おすすめサイト
ずっと安定してスワップポイントが多くもらえるサイトを使いたいみんなのFXマネーパートナーズ

現在トップのスワップ受け取りサイトを使いたいSBI FXトレード

カナダドルのスワップポイントの利回りとレバレッジ

次に、カナダドルで期待できるリターンを「具体的な数字」で計算します。

投資する金額は100万円とします。(現時点、CAD/JPYは87.2円)

100万円ならレバレッジ1倍で保有できるのは、11467通貨

これだけ保有できれば、スワップ最大のSBIでは毎日6円もらえて、月180円、年2190円の利益となります。

スクリーンショット 2021 08 26 12 58 00

これだと少ないので、レバレッジをかけて投資する場合も考えます。

レバレッジ3倍〜10倍の利益を計算

レバレッジをかけるなら、比較的安全に投資ができ、リターンも狙える3倍〜5倍がおすすめです。

3倍での運用例
年間でのスワップポイント受け取り:6570円
年率+0.66%
レバレッジ5倍での運用例
年間でのスワップポイント受け取り:10512円
年率+1.1%

攻めて10倍で運用すると、年間の利回りは約+2.2%になり、100万円が102.2万円に増えます

レバレッジ10倍での運用例
年間でのスワップポイント受け取り:21900円
年率+2.2%

※他の高金利通貨と比べると、スワップの利益は少ないですが、その分安定感はあり、値上がりでの利益も狙いやすいです

スクリーンショット 2021 08 23 13 59 27

レバレッジ10倍で大丈夫?

レバレッジ10倍でも計算しましたが、カナダドルであれば、新興国通貨と比べて値動きが安定してるので、10倍でも運用はできそうです。

10倍でのロスカットレートは82.079円で、5.119円までの下落に耐えられます。

急落で一瞬で5.1円も下がることは考えづらく、コロナショック時も5.1円動くまでに30日ほどかかっています

なので、都度レートを気にしつつ、危険と思った時に入金しておけばロスカットは防げると思います。

多くのスワップポイントを受け取りたい方はレバレッジ10倍も検討しておきましょう。

おすすめサイト
ずっと安定してスワップポイントが多くもらえるサイトみんなのFXマネーパートナーズ

現在トップのスワップ受け取りサイトSBI FXトレード

カナダドルのスワップポイント比較・ランキング

次に、カナダドルのスワップポイントが高いFX会社のランキングを紹介します。

スワップポイントの高さだけでなく、使いやすさ、安全性も評価しているので、ぜひ参考にしてください。

スワップポイントは10万通貨を保有した時のものです。(2021年9月9日週のスワップポイントを参考)

1位:SBI FXトレード

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
1日の受け取り 50円
スプレッド 1.4銭
1年での
スワップ利益
18250円

SBI FXトレード」はスワップポイントの受け取りが多く安定してます

スワップ以外だとスプレッドが狭く約定力も高いので、短期売買をするのにも有利です。

トレーダー向けの情報も充実してますし、豪華キャンペーンもやっており、こちらもおすすめです。

南アフリカランド円のai予想
(AI予想もあります)

\ まず無料で口座を作る /

2位:みんなのFX

みんなのfxの川栄

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
1日の受け取り 30円
スプレッド 1.6銭
1年での
スワップ利益
10950円

みんなのFXでは、スプレッド最狭で短期トレードもでき、自動売買など利益を出すチャンスが多いです。

スマホアプリも使いやすく、当サイト限定のキャンペーンで5.3万円もらえます

上場企業の運営で信頼できるので、ぜひチェックしましょう

\ まず口座を作る /

3位:マネーパートナーズ

スクリーンショット 2021 07 26 19 54 02

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ B
安全性 A
1日の受け取り 30円
スプレッド 1.6銭
1年での
スワップ利益
10950円

マネーパートナーズには以下のメリットがあります。

・100通貨から超少額でやれる(カナダドルは300円からOK)
・口座を作るだけで1000円もらえる(無料で簡単)

何十もの通貨ペアを扱っているので、カナダドル以外にも取引したいという方にもおすすめなFX会社です。

こちらもぜひ活用しましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

4位:ヒロセ通商

スクリーンショット 2021 07 24 8 36 35

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
安全性 A
1日の受け取り 30円
スプレッド 1.8銭
1年での
スワップ利益
10950円

ヒロセ通商は現在、カナダドルのスワップポイント受け取りが最高のサイトです。

時期によって受け取り量が変わる時もありますが、今は最大です。

キャンペーンもお得で取引するほどキャッシュバックがあり、豪華な食品ももらえます

lion fxのキャンペーン

上場企業の運営で安心なので、チェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

5位:LIGHT FX

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
安全性 A
1日の受け取り 30円
スプレッド 1.6銭
1年での
スワップ利益
10950円

LIGHT FXでは初心者から上級者向けの情報も充実しており、情報収集するだけでも役立ちます

外為どっとコムの情報源

トルコリラなど他の高金利通貨もスワップ高水準なので、こちらも持っておきたい口座の1つ。

\ キャンペーンを見てみる /

6位:トライオートFX

シストレ比較 おすすめランキング

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
1日の受け取り 10円
スプレッド 1.6銭
1年での
スワップ利益
3650円

トライオートFXでは自動売買でも利益を狙えて、チャンスが多いです。

買い時がわからない人にもおすすめで、簡単にほったらかし運用ができます。

当サイト限定のキャンペーンがあり、53,000円もらえてお得なのでチェックしましょう!

トライオートFXタイアップ

\ まずは無料で口座を作る /

カナダドルをスワップポイントで運用する理由

次に、カナダドルに投資する理由、有望と思える要因をまとめます。

・日本円よりは高金利
・投資格付けが高い
・今後の利上げで利益を得やすい

それぞれ補足します。

カナダドルは日本円よりは高金利

カナダドルは日本円より金利が高く、保有していることで、日本円の2000倍増えることもあります

人民元スワップポイントおすすめ会社

カナダの政策金利は0.25%であり、日本は-0.1%ですから、カナダドル円で買っていると、その差の0.35%の金利がつきます

レバレッジをかければ年利2%も狙えて、手堅く運用したい方から人気です。

投資格付けも高い

カナダドルは通貨としての格付けも高いです。

ムーディーズではAaa、S&PではAAAと高く評価されています。(最高レベルの格付け)

トルコリラなどでは高金利ですが、格付けが低いので、安心して投資したいならカナダドルも検討しましょう。

南アフリカランドのスワップポイントランキング

今後の利上げで利益を得やすい

カナダの政策金利は以前ほど高くないですが、今後景気の回復とともに金利の上昇(利上げ)も期待されます。

利上げがあればカナダドル価格が上昇し、値動きでも利益を狙えて、日々もらえるスワップポイントも多くなります

利上げは2022年くらいを予定されており、それ以前に買っておくと利益を得られる可能性もあります

スワップポイントよりは値動きでの損益の方が大きいですから、スワップ以外で利益を狙うのもおすすめです。

おすすめサイト
ずっと安定してスワップポイントが多くもらえるサイトみんなのFXマネーパートナーズ

現在トップのスワップ受け取りサイトSBI FXトレード

カナダドルのスワップポイントで生活できる?

紹介した通り、カナダドルは現在スワップポイントが低く、高レバレッジでも年率2%です。

なので、スワップポイントでくらせるくらいの額「年間200万円」を稼ぐには、1億円が必要です。

今後、政策金利が2倍、10倍と上がっても資金は5000万円、1000万円ほど必要なので、

他の高金利通貨と比べると、スワップ生活の難易度は高めです。

カナダドル運用での注意点

カナダドルでポジティブな点はありつつも、以下のようなネガティブ要因もあるので覚えておきましょう。

注意点まとめ
・為替(値動き)で損するリスクもある

資源の価格、アメリカの動向に影響される

それぞれ解説します。

スクリーンショット 2021 08 25 20 32 19

これまではカナダドル安が続いた

カナダドルは2019年までカナダドル安・円高になっており、2020年ではコロナショックでさらに加ドル安となりました。

過去にカナダドルを買っていたら為替の動きで損をしており、今後もその可能性はあります。

経済回復と利上げで、上昇も見込めますが、用心しておくに越したことはないです。

資金管理を徹底し、急落でロスカットされないようにしましょう。

資源価格などもチェックする必要がある

カナダは原油などの資源国家でもあり、カナダドルは資源の価格にも影響を受けます。

原油価格が上がれば、カナダドルも上がりやすく、原油が下がった時はカナダドルも下がりやすいで、原油の動向もチェックしましょう

また、隣国のアメリカがメインの貿易相手であることから、アメリカの動向にも影響を受けます。

アメリカとの関係悪化などがあれば、カナダドル下落につながるので、動向も見ておきましょう

カナダドルのスワップポイント比較

USMCAも上昇の追い風に

これからは新NAFTAの「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」もカナダドルの上昇に影響しそうです。

USMCAは3つの国の経済を盛り上げるための施策です。

USMCAが発効されれば、カナダの企業が投資に積極的になりますから景気が上向き、カナダドル高に進む可能性が高いです。

【FX業者まとめ】スワップポイント比較・ランキング

カナダドルはメキシコペソなどと比べるとスワップポイントが多くないですが、

今後は値上がりでの利益が期待できます

スワップポイントよりも値動きの方が利益は大きいので、値動きをメインで考えるのがおすすめです。

取引ではスプレッドなどの手数料が安いと有利に取引できます。

おすすめはスプレッド最狭の「みんなのFX」と「SBI FXトレード」です。

それぞれキャンペーンもお得なので、ぜひ使い分けましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ キャンペーンなどを知る /
関連記事