NISAとは何か?初心者におすすめの投資信託は何か?の答えを探してみた

今回も、お金のプロが書いた本『全面改訂 超簡単 お金の運用術』から。初心者として良くわからない金融用語を調べてみましたよ。

本日は「NISA」です。

NISAは制度!特定口座からの投資収益が非課税に

NISAは日本でも2014年から始まったお得な制度です。

一人が年間一〇〇万円まで行う投資の収益に対して五年間非課税とする、少額投資非課税制度だ。  

制度を簡単に説明しよう。一人が一つ専用の口座を開設し、一年に一〇〇万円まで上場株式や投資信託に投資でき、この運用益(配当・分配金、譲渡益の両方)に対する課税が五年間ゼロになる。

この制度は、現段階では二〇一四年に始まって、二〇二三年の投資分までが対象になる時限措置だ。五年間経過後は、今のところ一度だけ翌年の非課税枠内で同じ資産を一〇〇万円分までそのまま保有するロールオーバーといわれる措置をとることができる。

100万円分の投資から出た運用益が非課税になるんですから、僕のような少額で投資する人間にとっては非常にありがたい制度なんです。

ただし、現状10年の期間限定制度である事や、一度購入した運用対象を売却して、その資金を100万円の範囲内に収めようとしてもそれはできないということに注意が必要です。

ですので、売却せずに運用し続ける事が必要なんですね。また、1人1口座で4年間は原則変更できません。

これだけ、お得なNISAですから、ぜひとも活用したいもの。そうした中で、著者はNISA運用四4原則を掲げています。

NISAの原則1「最大限活用する」

原則その一、NISA枠は最大限に使う

原則1はそのままで、ハッキリ言って使わないと損だから、最大限活用しましょうということです。投資に興味のなかった人でも、この性がお得ということは知っておいた方が良いですよ。

NISAの原則2「高リターンの資産運用に利用」

原則その二、NISAではリターンの高い資産の運用に利用する

NISAによって、投資から出た収益が非課税になるわけですから、収益は多い方が良いんです。ということで、NISAの運用では、いつもより高リターンを狙っていきましょうと著者は語っています。

その例として、僕のような個人投資家向けに以下のプランを挙げています。

投資信託でいうと、通常は、株式の比率が高いファンドの方がリスクはあっても期待収益率が高い。バランス・ファンド(株式と債券の両方を含むファンド)よりも、株式一〇〇%のファンドを選ぶ方がいい。

NISAの原則3「分散投資の商品を選ぶ」

原則その三、NISAではバランス良く分散投資した商品を選ぶ

前述したように、NISAでは、運用していたものを売却して再投資してしまうと、非課税の対象から外れてしまいます。それ故、長期間保有しておける金融商品を購入した方が良いんだそうです。

株式の個別銘柄はもちろん、投資信託であっても、特定の業種やテーマに特化したものはNISAでの運用に向きません。また、為替変動のある外国債券や外貨預金も同様です。

NISAの原則4「低コストで運用する」

原則その四、NISAは低コストで運用する

投資の原則ですね。リターンを考えるよりも、コストを考えた方が収益は上げやすいです。アクティブ・ファンド、個人年金保険などは実質的な手数料が高いので避けた方がいいとのことですよ。

NISAではどんな運用プランが良いのか

では、実際にどんなプランで運用していけば良いのか。著者はこのように回答しています。

「TOPIX連動型上場投資信託」と「SMTグローバル株式インデックス・オープン」に五〇万円ずつ投資すればいい。二年目以降も同じでいいが、全体として五〇%、五〇%の比率になるように投資金額を調整するといい。

これは以前の記事でも出た金融商品ですね。配分を調整しながら運用していくと良いみたいです。

関連記事:【ETF】TOPIX連動型上場投資信託は本当におすすめなのか検証してみた

NISAでは手数料の安いプランも検討

これ以外ですと、手数料の安い会社が提供する商品をオススメしていました。

手数料が安いバンガード社の「バンガード・トータル・ワールドストックETF」(海外上場のETFだ。ティッカー・シンボルは「VT」)と、「TOPIX連動型上場投資信託」に六:‥四で投資するのでもいい。海外ETFへの投資に抵抗感のない人にはこの組み合わせが手数料的に得でかつスマートかもしれない。

NISAで運用するなら低コストのネット証券

なお、NISA運用の際、口座を開くならネット証券がおすすめだそうです。理由は前述したようにコストの低さからです。

筆者は、ノーロード(購入時手数料ゼロ)や信託報酬の安い投資信託の扱いが多いことと、内外のETFなど取扱商品が十分幅広いことからネット証券をお勧めしたい

NISAでの運用は分散・いつもより高リターン・長期で持てるもの・低コストを意識

紹介してきたように、NISAは利用しないともったいないくらいお得な制度です。ですので、興味のある方はぜひ活用を。

その際は、投資対象を分散して長期で持っておける事、低コストを意識して運用していきましょう。なお、NISAならではの非課税優遇措置を考え、いつもより高めのリターンを狙う事も考えてみましょうね。

また会いましょう!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ