>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

自動売買FX・3すくみ両建てのデメリットを解説!ループイフダンも検証

この記事では、自動売買FXのすくみの特徴や両建てのデメリットを解説します。

ループイフダンでの検証結果、実績もまとめるので、放置で楽にお金を増やしたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・すくみとは、複数通貨ペアの両建てで運用する(買い・売りの両方で注文)

トライオートFXの両建て

3すくみは、値動きでの損益をなくしスワップポイントの差で利益を狙う

・スワップポイントの条件は、コロコロ変わるので、差でマイナスになることもある

結論、両建て含め、すくみはデメリットの方が多いので、おすすめはしません

ビットコインの注意点

リスクの割にリターンが少ないので、シンプルな王道がおすすめです。

米ドル円の買い、豪ドル/NZドルの両建てがおすすめで、コツは特別レポートでまとめています

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、もらい方をチェックしましょう!

投資の資金だけもらうのもありなので、以下の記事をチェックしましょう!

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

【ループイフダン】すくみとは?

すくみとは複数通貨ペアの両建てで運用する手法です。

その中の「3すくみ手法」とは、3つの通貨を均等に保有し、スワップポイント(金利)で利益を得るという手法です。

スワップポイントで毎日利益

たとえば、ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円の3つで両建てします。

スワップポイントサヤどりと仕組みは同じなので、以下の動画もチェックしましょう

先進国の通貨ペアは定期的に上下する

基本的に先進国の通貨というのは、いろんなニュースで売り買いされ、それぞれの通貨ペアは上がったり下がったりします。

スワップ:ドル円の値動き

たとえば、アメリカでポジティブなニュースがあれば、米ドルが買われ、米ドル/円が上昇します。

逆に、ネガティブなニュースがあれば、米ドルは売られ、米ドル/円は下落します。

aud/nzdの値動き

このように、先進国の通貨ペアは、売り買いがくりかえされるため、定期的に上下に動きます。(レンジ相場といいます)

値動きでの損益を消せる場合がある

先進国どうしの通貨ペアは定期的に上下するため、米ドル円が上昇した時にユーロ/ドルが下落することもあり、

それぞれで値動きでの損益をなくせる場合があります

豪ドル円/nzドル円の値動き

値動きでの損をゼロにする

他にも、ユーロ円やドル円で逆の値動きをすることもあり、値動きでの損益をなくせる可能性があります。

豪ドル円の過去の値動き推移

こういったタイミングでは、スワップポイントを多めにもらい、スワップポイントの支払いが少ないと、その差で利益を狙えます。

値動きでの損をなくし、スワップの差で低リスクで利益を狙うのが「3すくみ」です。

【トラリピ】3すくみのデメリット

良さそうな手法にも思えますが、すくみには以下のデメリットもあります。

・注文が増え、証拠金が多く必要
・証拠金のわりに利益が少ない
・スワップポイントは毎日変化する
・コロナ後、スワップポイントがプラスの組み合わせはほぼない

それぞれ補足します。

注文が増え、証拠金が多く必要

すくみでは、複数通貨で運用する上に買い・売りの両建て注文をしますから、注文数が増えます。

そのため、資金も多く必要となり、少額での運用が難しいです。

ビットコインの注意点

注文数が増えると、リスク管理も必要で、レバレッジなどもチェックする必要があります。

資金に余裕がないと損するので、注意が必要です。

仮想通貨で儲からない人

【お得でおすすめ】まず資金だけもらう方法

すくみは割に合わない方法なので、まずは投資の資金だけもらうのもありです。

当サイト限定のキャンペーンで50万円もらえてお得なので、以下の記事を見ておきましょう!

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

証拠金のわりに利益が少ない

すくみでは資金が多く必要ですが、その割に狙える利益は小さいです。

値動きでの損をなくす低リスクな手法であるため、ローリターンです

ビットコインで儲からない人

スワップポイントの差でしか利益を取れず、大きく資産を増やしたい方には向きません

スワップポイントは毎日変化する

スワップポイント受け取りと支払いの条件はよく変化するので、ある時に差で利益が出ても、差でマイナスになることもあります

ビットコインの注意点

たとえば、毎日のスワップ受け取りが100円、支払いが50円の時があっても、

スワップの条件が変われば受け取りが50円、支払いが100円になる場合もあります。

長期でずっと放置で同じように稼げる手動ではないので注意です。

仮想通貨で儲からない人

コロナ後、スワップポイントがプラスの組み合わせはほぼない

コロナショック後、スワップポイントの受け取りが減り、支払いはそのままとなり、

受け取りと支払いの差でプラスとなる通貨ペアがなくなりました

ビットコインで儲からない人

現時点、すくみのようなサヤどり手法では利益を狙えません。

別の手法をおすすめします

お金をもらえてお得!おすすめの手法

おすすめは、豪ドル/NZドルやユーロ/ポンドの両建てや米ドル円の買いといった王道の手法です。

これらであれば、上がっても下がっても利益を狙えて、実績もあります

トライオートFXのハーフ

おすすめ手法のコツは特別レポートでも解説中なので、こちらからぜひ受け取ってください

トライオートFXのレポート 2

他にも当サイト限定で53,000円もらえるお得なキャンペーンがあるので、チェックしましょう!

ドル円の買いは、みんなのFXの自動売買で簡単にやれます

こちらでも当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページをチェックしましょう!

【スプレッド】値動きの損益をゼロにするのは難しい

すくみは値動きでの損益ゼロを目指す手法ですが、完全にゼロにするのはほぼ無理です。

なぜならスプレッドにより、買える値段と売れる値段に差があるからです。

例:米ドル円の買いで110.0円、売りで109.9円とする

同時に買い・売りの注文をしたとしても、スプレッドのせいで取得レートに差が生まれ、最後に同時決済すれば、その差で損します

ループイフダンのスプレッド

別の通貨ペアでの為替損をなくすすのは難しい

同じ通貨ペアであっても、スプレッドにより為替損をゼロにするのは難しいです。

他の通貨ペアどうしであれば、より難しいです。

ビットコインの注意点

純粋に逆の値動きをする通貨ペアはないからです。

仮に、ユーロ円と米ドル円が逆の値動きをしたとしても、ユーロ円が1上がり、米ドル円がきれいに1下がることはほぼないです。

仮想通貨で儲からない人

こういった点からも、3すくみという手法はおすすめできません

すくみの評判、口コミ【自動売買FX】

すみ実践者からは以下の検証結果も報告されています。

リスクの割にリターンは高くないので、あまりおすすめではないです。

こういった手法で損したくないなら、投資の資金だけもらっておくのもありなので、以下の記事をチェックしておきましょう

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

【まとめ】両建てなどはみんなのFXもおすすめ

すくみは資金も必要で、リスクも高いので、おすすめはしません。

おすすめは、豪ドル/NZドルやユーロ/ポンドの両建てや米ドル円の買いといった王道の手法です。

これらであれば、上がっても下がっても利益を狙えて、実績もあります

トライオートFXのハーフ

おすすめ手法のコツは特別レポートでも解説中なので、こちらからぜひ受け取ってください

トライオートFXのレポート 2

他にも当サイト限定で53,000円もらえるお得なキャンペーンがあるので、チェックしましょう!

ドル円の買いは、みんなのFXの自動売買で簡単にやれます

こちらでも当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページをチェックしましょう!

関連記事