>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

トライオートFXの認定ビルダーを解説!ETFの利益幅おすすめは?

この記事では、トライオートFXの認定ビルダーのおすすめを解説します。

有名ブロガーなどが作成した自動売買プログラムで利益を狙いたい方、ほったらかしでお金を増やしたい方は参考にしてください。

結論、攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/ポンドなどが低リスクで利益を狙えそうです。

ビルダーを理解するには、自動売買の仕組みやハーフを理解する必要があり、特別レポートで解説しています

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページを見ておきましょう。

少額で低リスクでやりたい人におすすめのシステム

認定ビルダーでは、「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/ポンド」が人気で、バックテストの結果もいいです。

これはクロス円に偏った運用をしている方や、低い維持率で損している方を救う自動売買プログラム。

Money toushi seikou

クロス円を避けることで、コロナショックのような相場変動でも損を回避し、必要証拠金が少なくても運用ができる設定です

ユーロ/ポンドは安定したレンジ相場を形成

ユーロ/ポンドは、コロナ相場でも小さい値動きで、レンジ相場となりました。

auz/nzdのチャート

過去最高値は2008年12月の0.98で12年以上も更新されていません。

トライオートFXはレンジ相場での運用が効果的で、安定したレンジ相場を形成しているユーロ/ポンドは適しています

※2019年1月から2021年7月までの期間収益率は、+126%でリスクリターン評価は「Excellent」

コアレンジャーとハーフのいいとこ取り

こちらのビルダーは、コアレンジャーの要素を入れつつ、メインはハーフの設定になっており、含み損も増えづらいです。

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/ポンド

注文を仕掛ける範囲の中心を決め、その上付近で新規売り注文のみ、中心の下付近では新規買い注文のみ。

結果、中心を境にポジションが全決済され、利益確定しながら含み損も減らせます

Money okanemochi

お金をもらってから仕組みを理解するのもあり

ここまでの説明がよくわからないと思った方は、ハーフとコアレンジャーを知りましょう

こちらの認定ビルダーは、ハーフとコアレンジャーをベースにしており、2つを理解すれば、ビルダーの仕組みもわかります

ハーフとコアレンジャーは特別レポートで解説しているので、チェックしてください。

トライオートFXのレポート 2

レポートはこちらから口座を作ると無料でもらえます

当サイト限定のキャンペーンで53,000円プレゼント中で、資金をもらっておくのもお得なので見ておきましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/ポンド」の設定

具体的な設定
・売り設定「0.928~0.880」

・買い設定「0.832~0.880」

・利益確定の値幅60pips

・サブレンジの注文間隔60pips

・コアレンジの注文間隔30pips

推奨証拠金は13万円ほどで、他のシステムと比べて少なめとなっています。

ユーロ/ポンドのリスク・デメリット

このシステムでのリスクは、上と下それぞれに大きく動き、注文の範囲(0.832~0.928)を超えてしまうこと。

ビットコインの注意点

ユーロ/ポンドは過去10年「0.722〜0.949」で動いており、長期で見れば、範囲を超えることは想定されます。

過去5年では、0.832~0.928でおさまっているので、あまり心配はいらないですが、長期で運用するなら、こちらも覚えておきましょう。

最適すくみPO1_豪ドル/NZドル_米ドル/円

他には、うまくヘッジができる「最適すくみPO1_豪ドル/NZドル_米ドル/円」という認定ビルダーもあります。

ぴたコインの評判

安定感があり、ドル円の両建てと、豪ドル/NZドルの両建てを組み合わせた仕掛けです。

※POは「Pacific Ocian」の略で、環太平洋の通貨ペアという意味

円安でも、円高でも利益を狙える

最適すくみPO1は「円安でも、円高でもどちらでも利益が出る手法」です。

仮想通貨で儲けた人

そもそも「すくみ手法」とは、じゃんけんのようなもの。

じゃんけんのような形で、いろんな通貨を売り買いすることで両建てを作り出します。

両建てにより、効率的に稼げる

Kabu chart man happy

両建てですから、買い・売りの一方の証拠金さえあればよく、資金効率の高い運用ができます

※両建てで効率よく運用できる理由はレポートでも解説しているので、無料で受け取ってチェックしましょう!

先進国の通貨のレンジを利用

すくみは、ハーフやコアレンジャーと同じように、「先進国どうしの通貨ペアがレンジ相場になりやすい」という傾向を利用しています

ドルと円なら75円〜150円、ユーロとドルなら0.9-1.6の範囲で定期的に上下しています。

auz/nzdのチャート

両建てで買い・売りの注文をしていれば、その間を動いてくれることで利益を狙えます

ドル円の両建て、豪ドルNZドルの両建て

こちらの認定ビルダーは、ドル円の両建て、豪ドル/NZドルの両建てで運用します。

この通貨ペア同士は、一緒の動きをすることが少なく、

どちらかで利益が出ていると、どちらかは動かない、といった感じでバランスがいいです。

Money toushi seikou

一方が含み損を抱えていても、もう一方では利益を積み上げてくれますから、安心して運用できます

データを検証した上での設定

また最適な仕掛け幅・利益幅になるようにデータを積み上げ検証を重ねた結果、いまの仕掛け幅に落ち着いています

ヘッジが効いており、資金効率も良く、最適幅にも設定されています。

Money okanemochi

ドル円、豪ドルNZドルを上では売り、下では買う手法を組み合わせており、ハーフのような仕組みです。

おすすめ!少額で効率的に稼ぐ方法

推奨証拠金は15万円と少なめで、2019年1月からの期間収益率も高く、リスクリターン評価もいい感じです。

ハーフなどは特別レポートで解説していますし、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえるので、公式ページも見ておきましょう!

トライオートFXのレポート 2

ビギナー_低資金リスクヘッジ型_米ドル/円_ユーロ/米ドル

こちらは、レンジの上下に売りと買いを重ならないように注文する「ハーフ」です。

米ドル/円、ユーロ/米ドルともに、過去5年間のチャートでほとんどの値動きをカバーしています

特徴まとめ
低資金でも運用を始められる

・相関係数が低い通貨ペアの組み合わせ

・シミュレーション結果でリスクとリターンのバランスが良い

設定内容がシンプルで理解しやすい

米ドル/円、ユーロ/米ドルの設定

ドル円では、売り10本、買い10本の合計20本の自動売買注文を配置しています。

「ハーフ」で、利幅は100pipsで一定です。

ユーロ/米ドルも「ハーフ」で、売り12本、買い12本の合計24本の自動売買注文があります。

定額でも月5000円の利益に

過去の実績(2018年1月~2020年5月)から計算した「ビギナー」の1か月の平均利益は約5,100円です。

Money okanemochi

以下の簡単な計算ででます。

148,117円 ÷ 29か月 = 5,107円/月

決済回数でいうと月5回ぐらいなので、週に1回1,300円ぐらいのお小遣いが手に入るイメージです。

当サイト限定のキャンペーンでもお小遣いを得られるので、公式ページを見ておきましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

値幅広めの豪ドル/NZドル設定も

「私は眠る24時間働く_豪ドル/NZドル」というビルダーもあり、トラップ本数より利益幅を重視しています

限られた資金内で少しでも利益率・年利回りが高くなる設定で、バックテストでの検証もされています。

検証利益幅は「50pips」「100pips」「150pips」「200pips」です。

Money toushi seikou

200pipsが1番利益が大きい

バックテストの結果、200pips>150pips>100pips>50pipsと利益幅が大きいほど利益額も上昇する結果となりました。

100pips>50pips間の利益額は8%も違いましたが、それ以外は2%~3%も違わないという結果。

この結果から、「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」の利益幅を100pipsとしています

Ok woman

あまり広すぎるとなかなか約定しませんが、逆に狭すぎるとスプレッド負けしてしまうので、ちょうどいいかもしれません。

【お金もらえてお得】認定ビルダーも理解できる

紹介した通り、認定ビルダーはハーフとコアレンジャーをベースに作られていますから、まず2つの仕組みを理解する必要があります

そうすれば、認定ビルダーの仕組みもわかるようになります

ハーフとコアレンジャーは、当サイト限定の特別レポートで解説しているので、ぜひチェックしてください。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、そちらも公式ページでチェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

【長期で運用】永遠の利食い_カナダドル/円

fxでの円高ドル安
こちらでは、今後の急激な相場変動にも備え、1000pips以上のレンジも設定しています。(長期運用向き)

カナダドル円の買いの取引で、注文を設定した範囲は60円~80円です。【20円(2,000pips)と広め】

範囲を広めにしておくことで、ショック時に思わぬ動きをしてもロスカットにならず損を回避できます

資金を守るためのビルダー

「永遠の利食い」では、月足チャートを使って取引設定を作っています。

月足チャートを使うことで、長期でまったりやれる設定を組めて、作者は2016年から自動売買でピンチになったことがありません

ぴたコインの評判

少額でも大きな利益を狙える設定

最安値の60円はリーマンショック時のものでなく、1995年の阪神淡路大震災の時のもの。

リーマンショック以上の想定をしておくことで、余裕を持った資金管理、リスク管理も可能となります。

Money okanemochi

最安値あたりでは、1,000銭を大幅に超える利食い幅にもしており、取引数量(資金)が小さくても大きな利益になります

【米国株ナスダック、S&P500】ETFの利益幅

トライオートFXに加えて、ETFの認定ビルダーもあり、米国株のナスダックなどが人気です。

TQQQを筆頭に利益幅は3ドル〜10ドルくらいが多い印象で、目安となります。

数ブロックに分けている人もおり、利確値幅を8ドルにしている方も。

【まとめ】ポンドの少額最強の設定も

ビルダーでは、攻めの低資金コアレンジャーなどで低リスクで利益を狙えそうです。

ビルダーを理解するには、自動売買の仕組みやハーフを理解する必要があり、特別レポートで解説しています

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページを見ておきましょう。

関連記事