>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

怪しい評判ある?戦国スワップや仮想通貨NBNGが詐欺か調べてみた

この記事では、日本初のDEXサービス「戦国スワップ(SENGOKU SWAP)」が怪しいのかどうかを検証します。

ネットでは「詐欺」「運営が売り抜けた」という口コミもあり、安心して使えるか不安な方もいるはず

そういった方のために調査し、安全かどうかを記事でまとめます。

記事の要点
戦国スワップは運営元が不明瞭で不安

・戦国限らず、運営元がわからないサービスは使わない方が無難

・運営元が信頼できるサービスがおすすめ

結論、戦国スワップは運営会社などの情報がわからず、怖い点が多いです。

こういったDEXよりはもっと信頼でき、安全に使えるものがあります。(Uniswapなど)

そういったDEXで必要となる仮想通貨の資金は、今なら4万円分もらえます

当サイト限定のお得なキャンペーンで4万円もらえるので、ぜひ活用してください。

\ キャンペーンを見てみる /

戦国スワップ(SENGOKU SWAP.FINANCE)とは?

戦国スワップは国内初となるDEXで、他のDEX同様、仮想通貨の交換、ファーミング、ステーキングができます

NBNG(ノブナガ)という独自の仮想通貨も発行しており、

戦国スワップ(SSF)におけるガバナンストークンとなっています。(ERC20トークン)

仮想通貨で儲けた人

流動性の提供で報酬あり

ETHとNBNGの通貨ペア(LP)を戦国スワップで預け、流動性を提供した場合、NBNGを獲得できます

LPは、Liquidity Providing(流動性提供)の略

それぞれの通貨単体をステーキングすることでもNBNGを獲得できます

詐欺?「怪しい」という評判がある理由

ネットでは戦国スワップに対して、ネガティブな声もあるのですが、その理由は以下の通り。

・ICOで問題が起きた(NBNGの受け取りが少なくなった)
・「運営の売り抜けがあった?」という噂も

それぞれ解説します。

ICOで問題が起きた(NBNGの受け取りが少なくなった)

NBNGトークンは、ICO参加者に配られる予定でした。(ICO自体は人気で2000ETHが完売。2021年3月30日に実施)

仮想通貨で儲けた人

4/10にUniswapへの上場も決まり、ICO参加者は想定通りにいけば利益を得られるはずでした。

※エアドロップという仕組みで、ICO参加者にNBNGが付与されるはずだった

想定以上にNBNGが下落し付与枚数を変更

しかし、Uniswapへの上場後、NBNG価格が想定より下落し

配布予定の枚数のままでは実質的に発表価値を大きく下回るエアドロップとなることが判明。

その結果、付与されるNBNGが減ってしまったのです。

戦国スワップのnbng

ICO参加者からは悲しみの声が

以下、公式の発表とICO(プレセール)参会者の声。

ただ、投資家が損しないように、ICOで送ったETH分はUSDTで返金されることに。

「運営による売り抜けがあった」という噂

他には、運営がNBNGを売り抜いたという憶測もありました。

nbng仮想通貨で売り抜け

あくまで推測なので、事実はわかりません

ただ、以下のような不信感を示す投稿もありました。

運営体制に失望するホルダーもいました。

リスク!戦国スワップは運営会社がわからない

また、戦国スワップは運営会社をサイトなどに書いておらず、不明瞭です。

ビットコインの注意点

仮想通貨の新規サービスは、基本的に怪しいと思われるため、運営としては自分たちの信頼性・健全性をアピールします。

しかし、戦国スワップではそれがなく、運営会社やメンバーの情報が出てきません

ビットコインで儲からない人

こういった点でも、ユーザーとしては不安があります。

安全に仮想通貨の取引をするなら

戦国スワップよりはもっと信頼でき、安全に使えるものがあります。(Uniswapなど)

信頼できるDEXで必要となる仮想通貨の資金は今なら、4万円分もらえるのでぜひゲットしましょう。

当サイト限定のお得なキャンペーンをぜひ活用してください

\ キャンペーンを見てみる /

運営がトンズラするリスクも想定する

どのDEXもそうですが、運営元が逃げたり、倒産などすれば、預けていた資産はなくなります

仮想通貨で儲からない人

NBNGが無価値になる可能性もゼロではないので、そういった点を考えて投資すべきか考えましょう。

また、ICO後は価格が暴落し、その後上昇しない場合もあります。

日本でのICOではALICEもそのパターンで、一度上場しても、上場廃止となる場合もあります。

過去には日本でICO詐欺もあったので、プレセールなどではかなりの注意が必要です。

Rakuzaの運営会社と戦国スワップは同じ?

なお、戦国スワップのサイトには、

NBNGはDEXであるSSFとNFTストアであるRakuzaを通じて、カルチャーと金融をつないだ経済圏を構築します」とあります。

この記載からRakuzaと戦国スワップは同じ会社が運営しているのでは?と推測しました。

調べてみたところ、RakuzaはRAKUICHI株式会社によって運営され、業務責任者は中嶋亮太さんです。

代々木の雑居ビルにオフィスあり

会社の住所は「東京都港区六本木6-2-31六本木ヒルズノースタワー17階」と記載がありますが、実際は違いました。

法人番号公表サイトで調べたところ、代々木のビルでした。

RAKUICHI株式会社

2021年5月12日に更新されているので、こちらが正しいオフィス住所かと思います。

※最近は、新しいGOKUトークンも発表されました

【まとめ】戦国スワップと仮想通貨「NBNG」は怖い

戦国スワップは不明瞭な部分が多く、不安もあり、個人的にはまだ利用しないと判断しました。

NBNGも大きい取引所に上場していませんし、今の所投資する予定はありません

戦国スワップよりはもっと信頼でき、安全に使えるサービスがあります。(Uniswapなど)

Ok woman

信頼できるDEXで必要となる仮想通貨の資金は今なら、4万円分もらえるのでぜひゲットしましょう。

当サイト限定のお得なキャンペーンをぜひ活用してください

\ キャンペーンを見てみる /

※戦国スワップファイナンスにおける「NBNG」のコントラクトアドレスは、以下の通り

0x9275e8386a5bdda160c0e621e9a6067b8fd88ea2
関連記事