>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

詐欺で怪しい仮想通貨?10SETの将来性を解説!TENSETの今後は?

この記事では、仮想通貨「テンセット/10SET(TENSET)」の特徴や口コミをまとめます。

「怪しいという噂は本当か?」「投資して大丈夫か」と思っている方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・10SETはETFのように、世界中の株に分散投資できるプロジェクト

・取引所「Uniswap」に上場して10倍以上に急上昇

・銀行や証券口座を持てない発展途上国のユーザーが多い

・証券とみなされ、リップルのようにSECからにらまれる可能性も

10SETへの投資は不透明な面もあり、慎重になった方がよさそうです。

10SETを取引できるUniswapでは、イーサリアムが必要で、イーサは国内の人気サイト「コインチェック」やフォビで手に入ります

これらは仮想通貨を日本円に交換するのに必須のサイトなので、気になる方はサイトを見ておきましょう。

上場企業グループによる運営ですし、国内のユーザー数がトップクラスです。

仮想通貨もらえる
3000円分の仮想通貨をもらえる>>フォビジャパンのサイトへ

お得なキャンペーン中>>コインチェックのサイトへ

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえるので、そちらも見ておきましょう

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

TENSET(10SET)とは?特徴を解説

TENSET(10SET)は、仮想通貨で株を買うプラットフォームと発表されています。

ETFのようなイメージで、10SET保有者は間接的に世界株全体に投資できるようになります。

ETFとは投資のプロが作成する商品で、これを保有することでAppleやamazon、トヨタなどの企業に分散投資ができます。

ぴたコインの評判

こういった体験が10SETでもできるそうです。

怪しい?テンセットの仕組み

テンセットでは複雑な仕組みで、世界株への投資を目指します。

これなら、普通に世界株のETFを買った方がいいのでは?と思いました。

仕組みが複雑で難しいので、初心者向きではないかもしれません。(理解できるものに投資しましょう

TENSET(10SET)の今後の将来性は?

TENSETはICO(プレセール)から、一時期10倍以上にもなりました。(Uniswapへの上場がきっかけ)

しかし、今後の将来性は完全に明るいとは言い切れません。

なぜなら、証券とみなされてリップルのようにSECから訴えられる可能性もあるからです。

SECからの訴訟により、リップルは大暴落しました

10SETにもそのようなリスクがあるので、投資は慎重に行った方がよさそうです。

TENSET以外の有望銘柄

TENSET以外に有望なコインはあるので、以下の記事でそれも知りましょう。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえるので、そちらも見ておきましょう

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

これから大手取引所に上場するか

これから再上昇するタイミングとしては、バイナンスなど大手取引所への上場が考えられます。

公式では、将来上場する可能性を示しています

Tensetは、CertiK Foundationから監査を受けています。(ここは、バイナンスやOKEXなどを監査した組織

詐欺?今後の価格予想も

ネットでは「詐欺では?」という声もありましたが、現時点なんとも言えません。

2018年には詐欺と言われたTRX(トロン)も今や時価総額上位で、代表的な仮想通貨になっています

現時点、ハイリスクハイリターンな投資と考えることは必須のようです。

トロンの事例にあてはめるなら、暴落後に数倍になることは考えられます

TENSET(10SET)のチャート分析

チャート分析から、買いタイミングも判断します。

上場後に下落はしたものの、そこから都度上昇をしています。

TENSET 10SET の価格 チャート

最近も上向いており、仮想通貨バブルが続けば、上に行くことも考えられます

5月は市場全体の急落もあり、仕込むタイミングと判断し買っている方もいました。

テンセットの保有で配当がもらえる

TENSETの特徴を補足します。

TENSETでは、ウォレットで保有しているだけで配当がもらえます。

仮想通貨で儲けた人

配当の原資は、TENSETが取引された際に発生する手数料です。

取引で2%の手数料が取られる

TENSETの取引では2%の手数料が取られ、その内の1%が消滅し(バーン)、残り1%が配当となります。

配当をもらっても、結局、1%の手数料を払うことになります

保有量に応じて配当が変化することなく、全員に均しく付与されます。

発展途上国ユーザーに需要がある

TENSETでは、間接的に株に投資します。

この仕組みを聞いて、「直接じぶんで株・ETFに投資した方がいいのでは?」と思った方もいるはず。

その通りで、簡単に証券口座を持てる人であれば、じぶんで投資した方がいいです。

ビットコインの注意点

しかし、簡単に投資できない、証券口座を持てない人もいて、TENSETはそういった人に受けています。

簡単に証券口座を持てない人というのは、発展途上国の人たちです。

スマホとネット環境があれば、株に投資できる

アフリカやアジアの国々では、信用の面から証券口座、銀行口座を持てない人がたくさんいます。

ビットコインで儲からない人

そういった人たちにとって、TENSETは魅力的に見えるかもしれません。

スマホとインターネット環境があれば、株に投資できるのですから。

こういった点から、将来性を期待する人も存在しています。

10SETに投資するなら

なお、10SETを取引できるUniswapでは、イーサリアムが必要で、国内の人気サイト「コインチェック」とフォビで手に入ります

これらは仮想通貨を日本円に交換するのに必須のサイトなので、気になる方はサイトを見ておきましょう。

上場企業グループによる運営ですし、国内のユーザー数がトップクラスです。

仮想通貨もらえる
3000円分の仮想通貨をもらえる>>フォビジャパンのサイトへ

お得なキャンペーン中>>コインチェックのサイトへ

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえるので、そちらも見ておきましょう

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

TENSET(10SET)の運営情報

TENSETの発行日は、2021年03月31日。

開発チームはTensetであり、CEOはJonasz Miara氏。

2014年から暗号通貨に投資。経営学士を取得後、経営者として10年間働いてきた

他のメンバーの経歴

CMOはMBA取得経験あり
CTOはブロックチェーン開発担当、トークンエコノミー専門家として、Eloomで3年間CTOとして務め、FuerteCoinの前CEOでもある。

出資しているのは、エンジェル投資家のRobert Gryn氏。

フォーブスにお金持ちとしてトップ100入りする起業家。ヨーロッパで2番目に急成長した企業であるCodewiseの元CEO

【デメリットあり】TENSETを買うときの注意点

TENSETを買う際は手数料に注意しましょう。

Uniswapではイーサリアムが必要で、送金時の手数料(ガス代)として数ドルかかります

また、トレード(スワップ=交換)する際にも手数料は数十ドルかかり、手数料負けする可能性もあります

イーサリアムの価格高騰時は、さらにガス代がかかります。

少額投資は不利であることも理解しておきましょう。

TENSET(10SET)の評判・口コミ

ユーザー、ホルダーからは以下の感想がありました。

100円以下で買えて、最高値は400円を超え、4倍になった。
仮想通貨バブルが続けば、1000円も狙えそう
リスクを知るためにもホワイトペーパーを読んだ方がいい
手数料で片道2%とられる。新規と決済の往復で4%損するのは怖い

ホルダーになると極端な意見しか持てず危険なので、冷静な意見も参考にしましょう

賛否をチェックし、投資すべきか自分の頭で判断してください。

【まとめ】TENSET(10SET)の最新ニュースもチェック

以下、重要な最新ニュース。

・coingeckoの人気ランキング9位に
・BINANCEで320ETHをステーキング開始。ステーキングで得た利益は3ヶ月ごとに10SETの買い戻しに使用され、バーンで価値を高める
・Gate.ioで上場決定(5/31)
・中国トップのMXC取引所がテンセットに投資

10SETを取引できるUniswapでは、イーサリアムが必要であり、イーサは国内の人気サイト「コインチェック」やフォビで手に入ります。

これらは仮想通貨を日本円に交換するのに必須のサイトなので、気になる方はサイトを見ておきましょう。

仮想通貨もらえる
3000円分の仮想通貨をもらえる>>フォビジャパンのサイトへ

お得なキャンペーン中>>コインチェックのサイトへ

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえるので、そちらも見ておきましょう

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /
関連記事