>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

インヴァスト証券の自動売買AI「マイメイト」の評判とデメリットまとめ

この記事では、AIトレード「マイメイト(MAiMATE)」のメリット・デメリットや評判を書きます。

上場企業のインヴァスト証券が運営する自動売買FXで利益を出したい人は参考にしてください

マイメイトの評判

結論、マイメイトは自動トレードしてくれるAIを作って、育てながら成績アップを狙えます

AIからは売買シグナルを配信してもらえて、その精度は育成の仕方によって高められます

マイメイトの使い方
自身の相場予想ツールとしても使えますし、自動売買ツールとしても役立ちそうです。

気になる方は以降のメリット・デメリットもチェックしましょう。

インヴァスト証券が提供する他のサービスは以下の記事でチェックしてください

>>【評判】トライオートFXの実績や設定方法まとめ

>>インヴァスト証券の評判、口コミ!ETFやシストレを紹介

AIトレード「マイメイト」のメリット

マイメイトのメリットはこちら。

・4つの質問に答えるだけで簡単にAIがつくれる
・コロナ相場でも利益を出せた
・マイメイトポイントプログラムがある
・東証JASDAQ上場企業が運営している

それぞれ解説します。

4つの質問に答えるだけで簡単にAIがつくれる

マイメイトの評判

マイメイトでは、4つの質問に答えるだけでトレードの支援をしてくれるAIを作成できます

マイメイトの作成方法

ぼくが作ったAIはこちら。(AIエージェントとも呼びます)

マイメイトで作成したAI

AIのトレード成績を都度チェックでき、ほめたり叱ったりすることで成績を伸ばせます

マイメイトの成績

※取引手数料は無料で、スプレッドはこれから正式決定します

コロナ相場でも利益を出せた

マイメイトでのAIトレードでは、利益を出すのが難しかったコロナ期でも儲かっており、優秀さが明らかになりました

マイメイトのコロナでの成績

2020年3月の月間損益は+1,309,613 pipsの大幅プラス

全AIエージェントの平均月間損益は+396 pipsと大勝し、8割以上のAIエージェントがプラス収益で2020年3月を終了。

このように荒れた相場でもハイリターンを狙えるのがメリットです。

マイメイトポイント制度もメリット

独自ポイント「マイメイトポイント」をお得に使えるのもメリットです。

自分のAIエージェントが他のユーザーからフォローされるとポイントを獲得できます

マイメイトポイントプログラム

その他にも取引やログイン、ほめるなどのアクションで獲得でき、

獲得したポイントを利用して3か月間スプレッドが縮小したり、追加AIの作成などができます。

これにより有利に取引できます。

東証JASDAQ上場企業が運営している

マイメイトの運営企業は東証JASDAQ上場企業のインヴァスト証券で信頼できます

AI系のFXサービスは中身が怪しいものもあり、信頼できない場合があります。

しかし、上場企業の運営ですから、安心してAIトレードを任せられます

また、インヴァスト証券のコンセプトは「自分で使いたくなるサービス」であり、「家族に勧めたくなるサービス」です。

こういった思想のもと開発されているサービスですから、変なものにはならないと思っています。

マイメイト(MAiMATE)のデメリット

マイメイトには以下のデメリットがあります。

・1つのAIエージェントで取引できる通貨ペアは1つだけ(3つの通貨から選ぶ)
・最大ポジション数が1つだけ
・最低取引数量が5,000通貨と多め
・レンジ相場では稼ぎづらい
・キャラのアイコンを選べない

それぞれ解説します。

1つのAIエージェントで取引できる通貨ペアは1つだけ

マイメイトでは作成したAIエージェント1つにつき、取引できる通貨ペアは1つだけです。

1つのAIエージェントで複数の通貨ペアの運用はできません

※AIエージェントは複数育てられます

通貨ペアは現在3つだが、18に拡大予定

通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルの3つからしか選べず、こちらも選択肢が少ないです。

ただ、これからは18こに増える予定で、アップデートに期待です。

マイメイトでの通貨ペア

最大ポジション数は1つだけ

AIエージェントがとれるポジションは1つしかありません。

リピート系の自動売買のように複数のポジションを持って、たくさん取引できません

ポジションを多く持ちたい場合は、AIエージェントを複数作る必要があります。

最低取引数量が5,000通貨と多め

マイメイトの最低取引数量は5,000通貨と多めです。(※南アフリカランド円やメキシコペソ円などの一部通貨ペアは異なります)

ドル/円の1万通貨あたりの必要証拠金が約4万円なので、AIエージェント1つを稼働させるのに必要な証拠金は2万円ほどになります

※最低取引数量は5,000通貨ですが、5,000通貨以上なら1,000通貨刻みで数量を変更できます

推奨証拠金が30万円と多め

なお、マイメイトの運用では、最低4、5個以上の複数のエージェントを稼働させることが推奨されてます

必要な証拠金は1つのエージェントを5,000通貨で運用するとして10万円ほど(1体あたりの証拠金2万円×5体)。

これはレバレッジ最大25倍で計算した際の必要証拠金額であるため、

実際に運用する場合は、ロスカットなどを考慮してもっと多い資金が必要です。

公式では、余剰資金を含めた入金額は必要証拠金の3倍程度と考え、30万からの運用を推奨しています

最低2万円からでも理論上は運用できますが、多くの利益を狙いたいなら30万円と多めに資金が必要になります

レンジ相場では稼ぎづらい

2020年10月17日時点、マイメイトのテクニカル指標はトレンド系の指標が多く、

トレンドでは利益を狙いやすいですが、それ以外のレンジ相場では利益を出しづらいです。

そこで、今後AIに学習させるテクニカル指標として、以下の3つが追加されます。(オシレーター系)

・ストキャスティクス
・エンベロープ
・MACD

これによってレンジ相場や値動きの小さい相場を得意とするAIが登場するかもしれません

このように、デメリットはありつつもアップデートでどんどん改善されそうです。

キャラのアイコンを選べない

重要じゃないですが、AIのキャラのアイコンは選べません。

マイメイトのaiエージェント

取引の成績には影響しませんが、ビジュアルにこだわる人にはデメリットかもしれません。

マイメイトの注意点:実取引は2020年の秋から

マイメイトでは現時点、AIでの擬似取引はできますが、実際にお金を使った取引はまだできていません

これができるようになるのは、2020年秋で、具体的な日付は公開されていません。

この辺は気長に待つしかないですね。

マイメイトの評判・口コミ

ユーザーの感想はこちら。

成績は人によって勝ったり負けたり。

ゲーム感覚でやれて楽しみながらやれるのもメリットみたいです。

都度、キャンペーンもやってるので、ぜひ活用しましょう。

インヴァスト証券のトライオートFXでは、当サイト限定のキャンペーンもあるので、こちらもぜひ

トライオートFXとタイアップ

\ キャンペーンで123,456円もらう /

マイメイトがおすすめな人

マイメイトは以下の人におすすめです。

・簡単に知識なしでAIを作りトレードしたい人
・相場が荒れた時でも利益を出せた優秀なAIを使いたい人

こういった人はぜひ活用しましょう。

マイメイトをおすすめできない人

逆に、以下の人にはおすすめできません。

・1000通貨から数千円で少額でやりたい
・たくさんの通貨ペアで取引したい
・ポジション数を増やして、たくさん取引したい

こういった方は、インヴァスト証券が運営する他の自動売買「トライオートFX」を使いましょう

こちらではユーザーの6割が初心者ながら、+148%というハイリターン実績が出ています

3ステップで始められて簡単で、キャンペーンもお得なので活用しましょう

トライオートFXの3ステップ設定

\ キャンペーンで123,456円もらう /

マイメイトの始め方

マイメイトの始め方は以下の4ステップ。

マイメイトを始める流れ
①新規登録をする
②AIエージェントを作る
③AIの学習期間があるので待つ
④売買シグナルを受け取る

AIエージェントを作る際、以下の4つを決めます。

・取引する「通貨ペア」
・AIエージェントに学習してもらう「テクニカル指標」
・リスク・リターンについての教育方針
・AIエージェントの名前

AIエージェント作成後は、1日〜2日ほど学習期間があり、それが終わると売買シグナルを受け取れるようになります

マイメイトの売買サイン(シグナル)

このように定期的に売買シグナルが来るので、取引の参考にしてください。

マイメイトの特徴まとめ

最後に要点をまとめます。

・マイメイトではAIトレードができる
・知識なしでも4つの質問だけでAIを作成できる
・実際の取引は2020年秋から
・最低でも2万円が必要
・荒れた相場でもハイリターンを狙える

こういった特徴があり、面白いサービスなので注目しましょう。

なお、実際に取引できるのは2020年秋からなので、それまではトライオートFXをやるのもいいですね。

ほったらかしで+148%の実績が出てますし、当サイト限定のキャンペーンもお得ですので。

トライオートFXとタイアップ

\ キャンペーンを見てみる /
関連記事