株で大損する人の特徴を10年の株式ディーラー経験から解説!失敗する人、向いてない人はこんな人

「株を始めてみよう」と思ったときに、どうしてもネックになるのが損失です。

コロナで相場が大きく下落し、有名芸能人が約1,500万円の損失を出したというような話と聞くと、株式投資をちゅうちょしてしまいますよね。

しかし、株で損する人には同じような特徴があります。

私は株式ディーラー(以下ディーラー)を10年経験した中で、同じようなタイプの人がクビになっていくのを何度も見てきました

損する人を反面教師にすれば儲かる

ちなみに、株式ディーラーは証券会社に所属し、株式を売買することにより利益をあげる職業です。

手法はデイトレードが多いですが、時間軸を長くしたスイングトレードをしたり、

ファンドマネージャーのように銘柄研究をして、大きな株価上昇が期待できる銘柄に投資するディーラーもいます。

そこで、私がディーラー人生でよく見かけた、株で大損しやすい「株にむいていない人」をご紹介します

「株に向いていない人」と逆の事をやれば、相場で生き残る確率は上がっていくので、ぜひ参考にしてください。

株で失敗する人は、損切ができない

株で生き残るために一番大事なことは「損切」ができることといっても過言ではありません。

>>他の投資での損切りについても紹介

【そもそも】損切とは?

損切とは、自分が買った(売った)価格よりも大きく値下がり(値上がり)してしまったときに、損失を確定させることです。

株の世界では、どんなに上手なディーラーでも失敗します。

しかし、稼ぎ続けるディーラーは自分で取引ごとに決めた損切ラインを下回った場合、機械的に株を売って損失を確定させます

そこに「もしかしたら上がるかもしれないし、もうすこし様子をみよう」といった感情はありません

損切しないとどうなる?

損切をしないと当初想定していなかったほどの評価損を抱えることになるかもしれません。

株価が戻らなければ毎日胃がキリキリ痛む苦しみを味わうことにもなります

コロナの影響が大きく業績に表れた航空業界の代表株である日本航空を例に説明すると、

朝から前日比約5%下落した2/25の寄付値(その日の最初についた価格)2,820円で買ったとします。

株で損する人

この取引では2,500円を損切ラインと設定したと仮定するも、

あまりの下げの速さにリバウンド(下げ続けた株価が急速に切り返し上昇すること)を期待して持ち続けたとします。

しかし、買ってから2週間後の3/13には2,000円を割り込んでしまいます。

損切りしていればマイナスを最小にできる

当初の損切ラインである2,500円で損切していれば、値幅320円の損失で済みました。

(実際は2,500円で売れる場面はなく下落してしまったので、2,400円近辺で売ることになったので、約400円の損失)

株で損する人

しかし、2,000円まで様子を見てしまったがために、初想定していた倍の約800円もの評価損を抱えてしまいました。

投資で勝つコツは負けないこと

大きい評価損を抱えたディーラーは、「あそこで投げて(損切して)おけばよかった」と後悔するでしょう。

ディーラーならクビになっても、他の証券会社で再起をはかる事ができることもありますが、

個人投資家が資金をなくすほどの損失をかかえてしまうとどうなるでしょうか。

二度と株式投資ができなくなるくらいなら、適切に損切を行って株式投資を続ける道をおすすめします。

損切の目安

損切の目安はトレードスタイルによって違いがでてきます。

ディーラー・デイトレーダーのように1日の間に取引を完了させる人は、損切ラインを1%程度に設定して、なるべく損失を抑えながら利益を積み重ねるトレードを行います。

また、スイングトレーダーのように数日~数ヵ月保有する人は、損切ラインを10%程度に設定し、

ある程度の損失は覚悟して数十%~あわよくば株価2倍くらいの利益を狙います

買値から10%以下の下落で損切もあり

どの手法にも共通することは、自分の許容できる損失を考えて損切ラインを決定すべきです。

例えば買値(買った株価)から10%~20%の値幅を取ることを得意とするトレーダーの場合。

損切ラインを50%(株価が半分になったときに損切)に設定していると、コツコツ積み上げてきた利益を1回のトレードで失うハメになるでしょう。

このトレーダーは買値から10%以下の下落で損切ラインを設定しておけば、利益を積み重ねていく確率は上がるはずです。

損切できずにクビになったディーラーの話

同僚になかなか月間の利益が伸びずに悩んでいたディーラーがいました。

彼は1回のトレードでのポジション(株の保有量)が大きく、儲けるときは大きく儲けるのですが、

損する時も大きく損するのでトータルであまり利益の残らないタイプでした。

しかし、ある月にほとんどのトレードがうまくいき自己最高を大きく更新する利益を上げました

これには本人だけでなく、同僚や上司(ディーリング部の部長、ディーリング部全体の損益を管理する人)も大喜び。

本人も相場で食っていけると確信したことでしょう。

調子に乗って損切りをやめてしまった

ここまではよかったのですが、同時に彼は損切をしなくても自分の買ったタイミングは正しいのだから株価は戻るだろう、という悪い癖も身に付けてしまいました

翌月以降、彼のトレードの勝率が元に戻ると、損を出す金額は以前より大きくなってしまいました。

最初は部長も先月の利益分があるからと問題視しませんでしたが、徐々に不安になった部長は彼に強制決済させる回数が増えました

(これ以上損失を増やしたくないと部長が判断したら強制決済をディーラーに命令できる)

そして、とうとう彼は先月の利益を超える損失を出してしまいました。

投資で儲けるには冷静になることが大切

彼は大損した翌月も損切できず部長に強制決済を命令される日々が続きました。

そしてある日、「今月も損失ならクビ」を宣告されてしまいます。

こうなるとディーラーがとる行動はただ一つ、「一発逆転をねらう」トレードをします。

ルールも法則も無視して単なるギャンブルトレードをしますが、結局クビになるタイミングを早めただけでした

(ギャンブルトレード=いつものポジション金額の数倍のポジションを取る)

損切りしながら利益を狙うのが大事

きっと彼は以前のように損切を適切に行っていれば、相場で生き残っていただけでなく上手いディーラーになっていたかもしれません。

「損切ができない」、このただ一点で彼はディーラー職を失ってしまったのです。

>株での損が怖いなら、まず株をもらおう
lineの株キャンペーン

>損失不要!勝率100%を狙える「ほったらかし投資」も知る
トライオートFX実績gif

株で損する人はルールを守れない

長くディーラーを続けている人はマイルールを持っている人が多いです。

長年積み重ねてきた失敗経験から、うまくいかないときの対処法(単に休むという人もいます)を決めている人が多かったです。

また証券会社独自にルールを決めており、1日単位や1ヵ月単位で一定以上損失を出したディーラーを強制売買停止にすることがあります。

評判あり!株取引で人気の証券会社を使った感想

株式ディーラーのルール

今回は証券会社のルールに焦点を絞ります。

証券会社はディーラー全体の損益を管理する必要があり、ディーラー一人一人に1ヵ月で許容される損失を決めている場合があります。

例えばAさんは実績があるから月500万まで、Bさんはあまり実績がないから月100万まで損失を許容します、といった感じです。

ルールを悪用し呼び出されクビになったディーラーの話

上記のルールを悪用したディーラーの話です。彼は月100万までの損失を許容されていましたが、ある月に90万程度まで損失がふくらんでしまいました。

ここで彼は考えます。

「今月あと10万でも50万でも損失を出せば売買停止になってしまう。それなら50万損する可能性があっても5倍利益が狙えるトレードをしよう。」

彼は次の日のトレードで朝からいつもの数倍のポジションを取りました。

上手くいけばまだよかったのですが、このような自分の願いが入ったトレードはだいたい上手くいきません。

早々と評価損が10万円を超えた時点で部長に強制決済を命じられてしまいました。

監視されない個人投資家は危険

ちなみにこのような「ディーラーの悪事」は部長クラスになるとだいたい知っているので、朝の時点で目を付けていたと、後々部長から聞きました。

そして彼は以前から度々会社のルールを守らなかったため、そのままクビになってしまいました。

個人投資家の場合、強制決済や売買停止をしてくれる人はいないため自分で全てを管理する必要があります

よって、自分でルールを決めて絶対に破らない覚悟がないと、損失を膨らませ株式市場から退場する危険があります

>株での損が怖いなら、まず株をもらおう
lineの株キャンペーン

>損失不要!勝率100%を狙える「ほったらかし投資」も知る
トライオートFXとタイアップ

投資で失敗する人は一つの銘柄に固執する

ディーラーには得意銘柄を持っている人が多いです。私も得意な銘柄があり、困ったら得意銘柄を取引していました。

一方、いつも同じ銘柄を取引するも全く儲からないディーラーもいました。

このタイプは以前同じ銘柄で儲けていたタイプで、株価の動きや業績が変わってしまったにもかかわらず、

以前と同じようにトレードすれば儲かると考えています

トレードの反省をしないディーラーに多く、このようなタイプのディーラーもクビになりやすいです。

人は損をした銘柄で取り返したくなる

ある銘柄を徹底的に研究し、「これは絶対いける」と判断した銘柄には愛着がわくものです。

1度損切しても「この銘柄は以前よりも割安になったからチャンスが増えた」と考え、再度買ってしまうこともあるでしょう。

負けたまま終われない、という謎の理由で同じ銘柄を取引するディーラーもいました。

しかし、同じ銘柄で何度も損失を出す場合は、一部の投資家しか知らない悪材料が影響している可能性があり、危険です。

株式投資の目的は利益を出すことであり、銘柄に固執する必要はありません。

同じ銘柄で何度も損を出す場合は、一度落ち着いて考え直す必要があるでしょう

割安で買って超割安で強制決済させられたディーラーの話

ある銘柄について、かなり研究して株価上昇に自信を持っているディーラーがいました。

その銘柄で分からないことがあったら彼に聞け、というくらい専門的な知識を持っていました。

彼は逆張り(株価が下がっている時に株を買う)だったので、下落トレンドでどんどん株を買増していきました。

そんなに買増して大丈夫か聞いたところ、「この銘柄は割安だからまったく怖くない、むしろこんなに割安で買えておいしい」と言っていました。

すごい自信があるんだな、きっとすごい利益になるんだろうな、と私も思っていたら、ある日とんでもないことが起こります。

損切したポイントが「超割安」な場合も

それは数年前の東日本大震災です。彼は大地震の翌週、強制決済を命じられます。

会社命令なのでしかたなく全ポジションを損切しました。その後彼は損失の限度額を大きく超えてしまったことでクビになります。

ただ、彼の研究結果は正しかったのです。この銘柄はアベノミクス相場で株価を数倍に成長させました。

そう、彼の損切したポイントは「超割安」だったのです。

1つの銘柄への集中投資はハイリスク

しかし、肝心の株価上昇局面でディーラーをやめ、個人投資家としても株をやめていた彼は同銘柄の上昇を逃してしまったのです。

彼が一つの銘柄に固執せず、適切に損切をしていれば、アベノミクス相場で狙い通りの利益を取れていたはずです。

一つの銘柄に許容できないリスクを取ると最悪の場合、相場から退場することもある、という事例でした。

>株での損が怖いなら、まず株をもらおう
lineの株キャンペーン

>投資家から人気のSBI証券を知る
sbiでtポイントプレゼント

投資で負けるのは、嫉妬心が強い人

ディーラーは評価対象が「利益」の一点であり、儲かっているディーラーはプロ野球選手並みの給料だったり、

逆に儲かっていないディーラーは無収入だったりします。

※ライバルに勝ちたい一心で売買すると心が乱れ、無駄なトレードが増え逆に利益を減らしてしまうことが多いように感じました。

※TwitterなどのSNSでも、他人の成績に負けまいと焦って取引するのは危険です

あと少し利益を伸ばそうとして全ての利益を失ったディーラーの話

月の最終営業日に、利益に数十万円の差がある2人のディーラーがいました。

彼らは普段はプライベートでよく遊ぶほど仲がいいのですが、ディーリングとなるとお互いの手法と利益が似ていたこともあり、ライバル関係にありました。

その月に利益で負けていたディーラーが、ライバルに負けたくない一心で大勝負をかけました。

しかし、徐々に値下がりして評価損を出す結果に。

ナンピン買いで損を増やした

ここで諦めればよかったのですが、彼は損失を確定するのではなく、ナンピン買いしてしましました。

(ナンピン買い=買った後値下がりしてももう一度買増しすること)

「ここで反転すればライバルに勝てる」と考えたようです。株価は反転することなく、一方通行で下げていきました。

それでも諦められない彼は再度ナンピン買いをし、結局損失を確定させたときにはその月の利益を全て失ってしまいました。

>株での損が怖いなら、まず株をもらおう
lineの株キャンペーン

>損失不要!勝率100%を狙える「ほったらかし投資」も知る
トライオートFXとタイアップ

投資で稼げるのは冷静な人

相場のライバルは他人ではなく自分です。

他人をライバル視して大きく成長するディーラーもいましたが、

彼のようにトレードに熱くなりすぎてコツコツ貯めた利益を1度に全て失っては元も子もありません。

>割安株などを分析できるSBI証券を知る
sbi証券の分析ツール

リスク管理ができない人も負ける傾向に

リスク管理は投資において最も大切な要素の一つです。

利益が出ているときは積極的に買増しするなどリスクを取ってもよいでしょう。

なぜなら仮に買増した分が損失になっても元々ある評価利益と相殺できるため、トータルではたいして損失にならないためです。

ダメなディーラーほど熱くなりやすい

リスク管理ができないディーラーは、損失(評価損)を出しているにもかかわらずナンピン買いをする傾向があります

さらに一度失敗すると、熱くなってしまい再度同じような失敗を繰り返して損失を拡大させてしまうのです。

頭では手が合わない銘柄は止めて他の銘柄を取引したほうがよい、と分かっていても、

他の銘柄をやり始めた途端に今まで取引していた銘柄が上昇すると悔しく、同一銘柄に固執して損し続けるのです。

相場で生き残り続けるディーラーは、取引時間中どことなく冷めている人が多く感情を表に出しません。

冷静でチャンスを待てる人が成功する

冷静に自分の有利な場面のみ取引し、

失敗してもすぐに損切し次回のチャンスが来るまで待つことを徹底してできる人は、株式投資に向いていると言えます。

>株での損が怖いなら、まず株をもらおう
lineの株キャンペーン

たった1度の空売りでクビになったディーラーの話

空売りが得意だったディーラーの話も大事なのでしておきます。

空売り=株を借りてきて売る。株価が下がった時に儲かる手法。最後は返済のため買い戻す必要がある)

アベノミクス相場初期、とあるゲーム銘柄が毎日上昇していて、チャートや各指標(PERなど)を見ても明らかに割高なことを示していました。

>>PERなどを簡単に分析できる証券会社まとめ

空売りが得意だった彼は売りのタイミングをずっと待っていて、「ここだ」という売りタイミングで大きく空売りを仕掛けました。

しかし、予想ははずれてその日にストップ高(その日の上限株価)まで上昇し、買い戻すタイミングを失ってしまいました

値上がりで損するリスクもある

予想外の評価損を抱えた彼は「明日値下がりすれば一気に利益になるだろう」と考え、高値で買い戻すことはしませんでした。

ゲーム銘柄の株価は翌日、さらにその翌日も値上がりが止まりませんでした。

「頼むから下がってくれ」とお祈りモードに入ってしまった彼は完全に思考停止してしまい、

結局部長から強制決済を命令された時には、ゲーム銘柄の株価は当初の2倍程度になっていました

空売りや信用取引の危険性も知る

彼がゲーム銘柄の空売りで出した損失は、彼の月平均利益の10倍程度まで膨れ上がってしまいました。

この損失で自信を失ってしまった彼は、その後以前のように儲かることはなく、数ヵ月後にはクビになってしまいました。

>株での損が怖いなら、まず株をもらおう
lineの株キャンペーン

>損失不要!勝率100%を狙える「ほったらかし投資」も知る
トライオートFXのキャッシュバック

相場で生き残るのは損切上手な人

今回ご紹介したディーラーは、適切に損切できていればディーラーとして生き残っていたかもしれません。

損切をすることとは「負けを認めること」であり、

ディーラーに限らず年収の高い職業(医者や弁護士など)の個人投資家はプライドが高く、損切できずに大きな損失を出してしまう方もいます。

株式市場で生き残り、利益を上げ続けるためには適切な損切が欠かせません

最後に世界的に大成功を収めた投資家ジョージソロスの名言をご紹介して終わりたいと思います。

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ!」

>株式投資家から人気のSBI証券を知る
sbiでtポイントプレゼント

>>【お得でカンタン】SBI証券とネット銀行を使えば「ATMと振込手数料」が無料になり、預金金利も10倍になる

>>【個別株やめとけ】損失だして「やらなきゃよかった」と後悔する人やNISAの失敗例を知ろう

リスクを抑えたFXで寝てる間もお金を増やしてます

ユーザーの80%が儲かってる「手間なしFX」

お得なタイアップで現金とギフト券がもらえる!

株のような値動きでの損がイヤな人は必見

今ならキャンペーンで3,000円もらえてお得!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

サブコンテンツ