【必須知識】FXで損しないためレバレッジ、ロスカット、pipsなどの用語の意味を知ろう

どうも。5600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、FXで損しないために知りたい「用語集」を紹介します。

安全に運用するためにも、意味を理解しましょう。

レバレッジとは?そのメリットは?

まず、レバレッジから説明します。

レバレッジとは「てこ」のことで、

「てこの原理」のように、少ない資金でより多くのお金を動かせる機能です。

fxでのレバレッジの仕組み:動かせる資金が増える

例えば、1ドル100円のとき、100ドルを購入するのに1万円必要ですが、レバレッジにより、もっと少ない資金で取引できるのです。

fxのレバレッジで手に入るドル

1ドル100円で100ドル買うときの計算>(100円 x 100ドル = 1万円)

レバレッジをかければ少額で大きな利益をゲットできる

そしてレバレッジ2倍でFXをやる場合、100ドルをゲットするのに必要な資金は5,000円(2分の1)になるので

1万円あれば200ドル手に入り、2万円分の取引もできるようになるのです

fxのレバレッジ2倍なら必要資金は2分の1になる

※この仕組みを使えば、利益も効率的に増やせるようになります

>ぼくが儲かってる手法や利益まとめ(無料で1000円もらう方法もあり)
トライオートFXの運用成績

レバレッジで利益が倍になる!その仕組みは?

レバレッジをかけない場合、「1ドル=100円」の時に100ドル分買って、「1ドル=101円」になれば利益は100円です

レバレッジ1倍で為替が変化した時に利益計算式

一方、レバレッジ2倍であれば、「1ドル=100円」の時に200ドル分買えるので、「1ドル=101円」になれば利益は200円になります

レバレッジ2倍で為替が変化した時に利益計算式

レバレッジ10倍なら上の利益は10倍になり、レバレッジ20倍なら利益は20倍になります!

このように、FXのレバレッジという仕組みを使えば、少ない資金でも多くの利益を狙えるのです。

>【便利】無料の口座開設で1000円もらって、100円から少額取引する方法
10000y

レバレッジを効かせるとリスクも高まる

ただ、レバレッジには「損した場合に失う額が大きくなる」というデメリットもあります。

さっきの例で1ドルが99円に下がった時、損失がレバレッジ1倍の時より大きくなってしまうのです。

たとえば、101円に上がった時は利益2倍になりましたが、99円に下がった場合、損失は2倍になってしまいます

なので、FXでレバレッジをかける時は、こうしたデメリット(リスク)も把握する必要があります。

ロスカットにも気をつけなければいけない

あと、FXで安全運用するためにレバレッジと一緒に知っておきたいのが、ロスカット。

これは、損失を広げないために、あるところまで値下がりしたところで、自動で強制決済される仕組みです。

Kabu chart woman cry 2

FXではレバレッジにより、少ないお金で利益を増やせる分、その逆で損失も増えていく可能性があると説明しました。

強制決済で「損失」が確定してしまう

さっきのように1ドル100円から99円、98円、97円、、、とどんどん値下がりした場合、損失額はふくらんでいきます。

そうなると、それ以上損失を増やさないために、ロスカット(強制決済)されることがあるのです。

ロスカット(強制決済)で損失確定

こうなると「損失」は確定してしまいますが、ユーザーの資産がゼロになる前に強制決済されるので、資産はいくらか残ります

ロスカットは投資家のお金を守る仕組み

逆に、ロスカットがないと、97年、96円、、、80円と下がり続けて資金をすべて失う可能性もあります。

ロスカットがないと全額損する可能性も

なので、ロスカットは「投資家のお金を守る仕組みでもある」とも理解しておきましょう。

【ロスカットを防ぐ】FXは資金に余裕を持って運用しよう

とは言っても、ロスカットされないほうがよく、それを回避する方法はあります

この記事で書いた通り、資金に余裕を持って運用すればいいのです。

ループイフダンで安全運用

資金に余裕を持てば、「1ドル=100円」から下がり続けてもロスカットされませんし、

そこを耐えて、また上がるのを待てば、101円や102円になった時に利益を出せます

ロスカットにならないよう資金に余裕を持つと、儲かる

なので、強制決済での損を防ぎ、利益を出すために資金にゆとりをもってFXをやりましょう

>【便利】無料の口座開設で1000円もらって、100円から少額取引する方法
10000y

レバレッジと資金の早見表(対応表)

なお、レバレッジと必要な資金の関係性は以下のようになってます。

・レバレッジ25倍での必要資金は100円

・レバレッジ12.5倍なら、必要資金は200円(レバレッジ倍率が1/2になる場合、資金を2倍で計算すればいい

5倍でやるなら、500円必要(倍率が1/5になる場合、資金を5倍で計算すればいい)

・レバレッジ1倍なら、資金は25倍の2500円

こんな感じで、リスク度によって必要な資金は変わってきます。

不安ならレバレッジ1倍でどうぞ

ちなみに、「自分は強気で、少額で大きな利益を狙う」という人はレバレッジの倍率高めで、

「不安だからリスクを抑える」という人は倍率低めでやりましょう。

「FXが初めてで怖い」という人は1倍でまずやってみるのがオススメです(まずは安全第一でどうぞ)

>【便利】無料の口座開設で1000円もらって、100円から少額取引する方法
10000y

FXの「pips(銭)」とは?

あと、よくでてくるpipsも説明します。

これはFXの取引単位を表し、「g(グラム)」みたいなもので、「1pips=0.01円(1銭)」となります。

10pipsであれば0.1円ということ。(10pips動いた、ということは0.1円動いたことを指します)

pipsを使って利益を計算

そして、自動売買のループイフダンには、pipsを利用した「b10」という設定があります。

たとえば「ドル円(USD/JPY)」のb10であれば、新規注文から10pips(0.1円)動いた時に決済注文がなされ、

1000通貨でやっていれば、値動きでの利益は100円になります。(0.1円 x 1000通貨 = 100円)

>【朗報】ループイフダンとの特別キャンペーンがスタート!Amazonギフト券もらえます
ループイフダンのタイアップバナー

ループイフダンのb10〜b100の違いは?

ドル円の買いには「b10からb100」まであり、それぞれでの注文設定は以下の通り。(損切りなしとする)

・b10:新規注文から10pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は100円)

・b15:新規注文から15pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は150円)

・b25:新規注文から25pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は250円)

・b50:新規注文から50pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は500円)

・b100:新規注文から100pips(1円)動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は1000円)

>ループイフダンの利益やお得なキャンペーンまとめ
ループイフダンのタイアップバナー

注文間隔・値幅でのメリット・デメリット

なお、b10のように、値幅(注文間隔、利確幅)が狭い場合のメリットは以下の通り。

利益をすぐ実感できる、短期トレードもできる

・以下のような細かい値動きで利益を取れて、儲かるチャンスが多い(手動では不可能なトレードができる)

リピート注文fxの仕組み

値幅が狭いデメリット・リスク

デメリットは、最大ポジション数を多めに設定している場合、細かく上がった時も下がった時も注文するため、

ポジション数が増えてしまい、必要な資金が増えることです。

レンジに強いみんなのリピート

この場合、しっかり資金管理をしてないと、ロスカットになる可能性も高まります。

なので、狭い値幅で利益を狙う際は注意が必要です。(初心者にはb25~b100がおすすめ)

>ループイフダンのサイトを見てみる
ループイフダンのタイアップバナー

リスクを抑えたFXで寝てる間もお金を増やしてます

ユーザーの80%が儲かってる「手間なしFX」

お得なタイアップで現金とギフト券がもらえる!

株のような値動きでの損がイヤな人は必見

今ならキャンペーンで3,000円もらえてお得!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

サブコンテンツ