>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXの専門用語集!初心者が理解必須の一覧!レバレッジ、ロスカット、pips

この記事では、FXで損しないために知りたい「専門用語集」を紹介します。

安全に運用するためにも、意味を理解しましょう。

記事の要点まとめ
・レバレッジとは、手持ちの資金以上のお金でトレードできる仕組み

・レバレッジがあることで、少額からでも大きな利益を狙える

・ロスカットとは、含み損がふくらんだ時に強制決済される仕組み

・ロスカットは投資家のお金を守るための制度

・pipsとは値動きの単位で、1pips=0.01円

結論、レバレッジなどの用語の理解は必須であり、みんなのFXではわかりやすく解説してもらえます

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

レバレッジ、ロスカット、pipsなどの用語は以下の動画でも解説してるので、チェックしましょう!

レバレッジとは?そのメリットは?

まず、レバレッジから説明します。

レバレッジとは「てこ」のことで、

「てこの原理」のように、少ない資金でより多くのお金を動かせる機能です。

fxでのレバレッジの仕組み:動かせる資金が増える

例えば、1ドル100円のとき、100ドルを購入するのに1万円必要ですが、レバレッジにより、もっと少ない資金で取引できるのです。

fxのレバレッジで手に入るドル

計算
1ドル100円で100ドル買うときの計算>(100円 x 100ドル = 1万円)

レバレッジをかければ少額で大きな利益をゲットできる

そしてレバレッジ2倍でFXをやる場合、100ドルをゲットするのに必要な資金は5,000円(2分の1)になるので

1万円あれば200ドル手に入り、2万円分の取引もできるようになるのです

fxのレバレッジ2倍なら必要資金は2分の1になる

※この仕組みを使えば、利益も効率的に増やせるようになります

レバレッジで利益が倍になる!その仕組みは?

レバレッジをかけない場合、「1ドル=100円」の時に100ドル分買って、「1ドル=101円」になれば利益は100円です

レバレッジ1倍で為替が変化した時に利益計算式

一方、レバレッジ2倍であれば、「1ドル=100円」の時に200ドル分買えるので、

「1ドル=101円」になれば利益は200円になります

レバレッジ2倍で為替が変化した時に利益計算式

レバレッジ10倍なら上での利益は10倍になり、レバレッジ20倍なら利益は20倍になります!

このように、FXのレバレッジという仕組みを使えば、少ない資金でも多くの利益を狙えるのです。

【必勝法】少額で利益を狙う方法

FXで、少額から利益を狙う具体的な方法は以下の特別レポートでも紹介してるので、チェックしましょう!

トライオートFX

レポートはトライオートFXで無料で口座を作るともらえて、当サイト限定のキャンペーンも開催中です。

53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう。

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

レバレッジを効かせるとリスクも高まる

ただ、レバレッジには「損した場合に失う額が大きくなる」というデメリットもあります。

さっきの例で1ドルが99円に下がった時、損失がレバレッジ1倍の時より大きくなってしまうのです。

たとえば、101円に上がった時は利益2倍になりましたが、99円に下がった場合、損失は2倍になってしまいます

ビットコインで儲からない人

なので、FXでレバレッジをかける時は、こうしたデメリット(リスク)も把握する必要があります。

ロスカットにも気をつけなければいけない

あと、FXで安全運用するためにレバレッジと一緒に知っておきたいのが、ロスカット。

これは、損失を広げないために、あるところまで値下がりしたところで、自動で強制決済される仕組みです。

Kabu chart woman cry 2

FXではレバレッジにより、少ないお金で利益を増やせる分、その逆で損失も増えていく可能性があると説明しました。

強制決済で「損失」が確定してしまう

さっきのように1ドル100円から99円、98円、97円、、、とどんどん値下がりした場合、損失額はふくらんでいきます

そうなると、それ以上損失を増やさないために、ロスカット(強制決済)されることがあるのです。

ロスカット(強制決済)で損失確定

こうなると「損失」は確定してしまいますが、

ユーザーの資産がゼロになる前に強制決済されるので、資産はいくらか残ります

ロスカットは投資家のお金を守る仕組み

逆に、ロスカットがないと、97年、96円、、、80円と下がり続けて資金をすべて失う可能性もあります。

ロスカットがないと全額損する可能性も

なので、ロスカットは「投資家のお金を守る仕組みでもある」とも理解しておきましょう。

【ロスカットを防ぐ】FXは資金に余裕を持って運用しよう

とは言っても、ロスカットされないほうがよく、それを回避する方法はあります

資金に余裕を持って運用すればいいのです。

ループイフダンで安全運用

資金に余裕を持てば、「1ドル=100円」から下がり続けてもロスカットされませんし、

そこを耐えて、また上がるのを待てば、101円や102円になった時に利益を出せます

ロスカットにならないよう資金に余裕を持つと、儲かる

なので、強制決済での損を防ぎ、利益を出すために資金にゆとりをもってFXをやりましょう

【鉄板で人気】FXで損しない方法

FXで損せず資金に余裕を持って取引するために、まずはお得なキャンペーンで現金をもらっておきましょう

当サイト限定のキャンペーンを活用すれば、合計で10.6万円もらえるので、まずは無料で口座解説し受け取りましょう。

人気のFX会社
みんなのFX53,000円もらえてお得!上場企業の運営であんしん

トライオートFX53,000円と特別レポートがもらえて人気!

レバレッジと資金の早見表(対応表)

なお、レバレッジと必要な資金の関係性は以下のようになってます。

・レバレッジ25倍での必要資金は100円
・レバレッジ12.5倍なら、必要資金は200円(レバレッジ倍率が1/2になる場合、資金を2倍で計算すればいい
5倍でやるなら、500円必要(倍率が1/5になる場合、資金を5倍で計算すればいい)
・レバレッジ1倍なら、資金は25倍の2500円

こんな感じで、リスク度によって必要な資金は変わってきます。

不安ならレバレッジ1倍でどうぞ

ちなみに、「自分は強気で、少額で大きな利益を狙う」という人はレバレッジの倍率高めで、

「不安だからリスクを抑える」という人は倍率低めでやりましょう。

「FXが初めてで怖い」という人は1倍でまずやってみるのがオススメです(まずは安全第一でどうぞ)

レバレッジ1倍でFXをやる方法も特別レポートで解説してるので、まずはトライオートFXのサイトをチェックしましょう!

FXの「pips(銭)」とは?

あと、よくでてくるpipsも説明します。

これはFXの取引単位を表し、「g(グラム)」みたいなもので、「1pips=0.01円(1銭)」となります

10pipsであれば0.1円ということ。(10pips動いた、ということは0.1円動いたことを指します)

pipsを使って利益を計算

そして、自動売買のループイフダンには、pipsを利用した「b10」という設定があります。

たとえば「ドル円(USD/JPY)」のb10であれば、新規注文から10pips(0.1円)動いた時に決済注文がなされ、

1000通貨でやっていれば、値動きでの利益は100円になります。(0.1円 x 1000通貨 = 100円)

ループイフダンのb10〜b100の違いは?

ドル円の買いには「b10からb100」まであり、それぞれでの注文設定は以下の通り。(損切りなしとする)

・b10:新規注文から10pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は100円)
・b15:新規注文から15pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は150円)
・b25:新規注文から25pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は250円)
・b50:新規注文から50pips動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は500円)
・b100:新規注文から100pips(1円)動いたら利確(1000通貨でやる場合、新規〜決済での利益は1000円)

注文間隔・値幅でのメリット・デメリット

なお、b10のように、値幅(注文間隔、利確幅)が狭い場合のメリットは以下の通り。

メリット
利益をすぐ実感できる、短期トレードもできる

・細かい値動きで利益を取れて、儲かるチャンスが多い(手動では不可能なトレードができる)

以下のような細かい値動きで利益を取れます。

リピート注文fxの仕組み

値幅が狭いデメリット・リスク

デメリットは、最大ポジション数を多めに設定している場合、細かく上がった時も下がった時も注文するため、

ポジション数が増えてしまい、必要な資金が増えることです。

レンジに強いみんなのリピート

この場合、しっかり資金管理をしてないと、ロスカットになる可能性も高まります。

なので、狭い値幅で利益を狙う際は注意が必要です。(初心者にはb25~b100がおすすめ)

スプレッドは実質的な手数料

FXでは、スプレッドという実質的な手数料があります。

スプレッドとは、買える値段と売れる値段の差であり、ASKが買える値段で、BIDが売れる値段です。

スクリーンショット 2021 08 28 8 33 01

上の画面では0.002円開いており、109.854円で買った瞬間にすぐ売ると、109.852円でしか売れず、0.002円損します

こういった損をしないためには、109.854円で買った後、売れる値段が109.854円以上になるまで待つ必要があります

スプレッドが狭いと有利に取引できる

スワップポイント投資では買ってすぐ売ることがなく、まったり放置なので、あまりスプレッドは気にしなくていいのですが、

スプレッドが広過ぎるサイトを使っていると、急に利益確定をしたくなった時に不利となるので、スプレッドは狭い方がいいです。

スプレッドが最狭なのは、以下2つのサイトなので、ぜひ活用しましょう!

\ 無料で口座を作る /
\ 無料で口座を作る /

スワップポイントは金利の調整額

FXにはスワップポイントという金利の調整額もあります。

FXでは、米ドル/円のように2つの国の通貨でやり取りをします。

この2つの国の金利差からスワップポイントが発生し、支払われたり受け取れたりします

詳しくは以下の動画でチェックしてください。

スワップポイントで年利30%も狙える

スワップポイントは、政策金利の高い国の通貨を買い、それより低い国の通貨を売っていると受け取れます

逆だと、スワップポイントの支払いとなります。

たとえば、政策金利14%と高いトルコの通貨リラを買って、日本円を売っていると、年利14%のスワップポイント収入を狙えます

この場合、トルコリラ/円という通貨ペアで買っているだけでOKです。

スワップポイントは分配金のように毎日受け取れるので、インカムゲインを得たい方から人気となっています。

スワップポイントの受け取り最大はみんなのFXであり、限定キャンペーンで53,000円もらえるので、サイトを見ておきましょう。

\ 限定!53,000円もらう /

損切り(ストップロス)とは?

FXでは決済注文として、損切りもあります。

これは含み損を決済し、損失を実現させることです。

仮想通貨で儲からない人

損失は実現してしまいますが、残ったお金を有効活用して、次のトレードに備えられます

次のトレードで実現損以上の利益を出せれば、トータルで成績をプラスにできます

ぴたコインの評判

損切りすれば、資金を塩漬けにせず済む

損切りしないと、資金が塩漬けされ、トレードができず機会損失となります。

スクリーンショット 2021 09 22 11 44 57

早めに損切りをすれば、損失を小さくとどめ、資金を有効活用して、大きな利益も狙えます

特にデイトレードのような短期売買では損切りが必須です。

利益確定とは?

利益確定とは、含み益の状態で決済注文し利益を確定させることです。

含み益がいくら増えたとしても、それは実現しておらず、自分のお金にはなりません

確実にじぶんのお金・利益をするために、利益確定を行います。

【まとめ】初心者は為替の専門用語一覧をチェックしよう

最後に、FXの大事な専門用語を以下にまとめます。

用語リスト
・レバレッジ:手持ちのお金以上に大きな資金でトレードできる仕組み

・ロスカット:含み損が一定の基準になった時に強制決済される仕組み(投資家のお金を守る

・pips:FXの値動きの単位。1pips=0.01円

・スプレッド:売れる値段と買える値段の差。実質的な手数料

・スワップポイント:2国間の金利の調整額。毎日もらえることも

FXは以下のサイトでお得に有利に取引できるので、チェックしましょう!

人気のFX会社
みんなのFX53,000円もらえてお得!上場企業の運営であんしん

トライオートFX53,000円と特別レポートがもらえて人気!

関連記事