MRFの金利に注目!初心者が資産を増やすなら銀行預金よりも優れてますよ

今回も『全面改訂 超簡単 お金の運用術』にておすすめされている金融商品を検証していきます。テーマは「MRF」についてです。

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は銀行預金よりもおすすめ

「MRF」は「無リスク運用マネー」として考えるべきと語られていました。

証券会社が取り扱っている投資信託の一種で、毎日お金の出し入れができて、銀行の普通預金よりも僅かにいい程度の分配金が出る商品だ。資金の出入りが時々あることが想定されるなら、個人向け国債よりも、MRFがいいだろう。  

MRFは、満期までの期間が短く、元本保証のついた運用対象で運用される。投資信託なので「元本保証」とはいえないが、元本割れは極めて起こりにくい仕組みだ。  

なぜ、MRFがおすすめできるのか、詳しく調べていきます。

まずはMRFの仕組みから

MRFは以下のような運用体制になっています。
MRFは債券など安全な商品に投資しているので銀行預金よりも金利の面で優れている

投資家がMRFに入金したお金で、信託会社に運用してもらい、その運用で出た利益がMRFに分配され、それを受け取るという仕組みです。

MRFが安心な理由「しっかり分散投資されている」

MRFは、多数の運用対象に分散投資されている。この中に万一元本割れするようなものがあったとしても、損害は小さいだろう。他方、一つの銀行の預金に多額のお金を集中することは、一社の社債にだけ投資するような信用リスクを負うことを意味する。

MRFでは、安全性の高い債券を中心に運用されていますから、元本割れすることが少ないのです。さらに、利回りも銀行よりも高いため、おすすめなんです。

ちなみに、運用対象は「国内外の公社債」「コマーシャル・ペーパー(CP)」などに限定されています。(CPとは企業が資金調達したい時に発行される約束手形。社債よりも償還期間が短いのが特徴)

株式に対する投資は行われませんし、為替リスクを伴う取引もありません。ですので、他の金融商品よりも安全で銀行預金よりもお得と言われているんです。

Money Reserve Fund(お金をとっておくためのファンド)の言葉通り、株式や投資信託の運用していない資金をとっておくのに有効な商品なんです。

なお、毎日決算を行い、実績に応じて収益が分配されます。

では、MRFのメリットがわかった所で他の特徴も見ていきましょう。

手数料が安い

MRFは、申込手数料、解約手数料が無料で、信託財産留保額も ありません。コストが安く抑えられるのです。なお、信託報酬率は信託財産の元本額に対して、年率1%以内かかりますが、それでも低コストで運用できる商品と言えます。

お金の出し入れが簡単

MRFは、1円単位でいつでもお金の出し入れができます。その際の手数料はかからないので、非常に便利なんです。さらに、ATMや銀行窓口、ネット証券のサービス上でもMRFの入出金ができます。

ネット証券だと手数料が安くなっておすすめ

これだけメリットのあるMRF。これを運用する際は、ネット証券がおすすめと著者は述べています。

筆者のお勧めはネット証券のMRFを利用することになるのだが、ネット証券の場合、セールスに晒されるということはないが、いつでも投資できるお金がMRFの形で口座に貯まっていると、ついいろいろなものを売り買いしてみたくなるかもしれない。

それはそれで楽しい場合もあろうが、本書の趣旨からは外れる。先にも述べたように、筆者は、現在、ネット証券に在職しているから、読者に対して、ネット証券の利用をお勧めしたいと思う利害を持っている。

しかし、本書でお勧めしているETFの売買もネット証券が便利だし、売買に掛かる手数料も対面型の証券会社よりも断然安い場合が多いはずだ。

利便性と手数料の面でネット証券のメリットです。

安全面で他の金融商品より優秀、金利も銀行預金より高い、さらにお金の出入金に自由がきく事を考えると、MRFは初心者の資産運用手段として適しているでしょう。

さらに、ネット証券を利用すれば、もっと便利ですので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また会いましょう!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ