>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

【トライオートFX】コアレンジャー豪ドル/NZドルのデメリット!ハーフとの違い

この記事では、トライオートFXの自動売買システム「コアレンジャー」のデメリットを紹介します。

放置で運用でき楽ですが、「終わり方が難しい」という点やハーフとの違いをまとめます。

しっかり利益を出して終わりたい方、働かずに楽にお金を増やしたい方は参考にしてください。

トライオートFXのハーフ

結論、コアレンジャーでは注文本数が多く利益も増えやすいですが、含み損も増えやすくなります。

資金も多く必要になり、リスク管理も大変になるので、少額で低リスク運用したい方にはハーフというシステムがおすすめです。

トライオートFXのハーフ資金目安

ハーフでは含み損が少なく、安心して放置で運用できます

詳しい仕組みやハーフでオススメの通貨ペアなどは特別レポートでも解説しています

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページもチェックしましょう。

トライオートFXの含み益

コアレンジャーはやめるタイミングで悩む

コアレンジャーではやめ時で悩みます。

以下のような「含み損を抱えやすい注文」をするため、実現利益が出ていても、含み損も出やすく、やめ時の判断が難しいです。

小刻みに売り・買いで新規注文をしていくため、上がったり下がったりするたびに必ずどこかで含み損を抱えます。

コアレンジャーの含み損

利益も得やすいですが、売り注文をしてから値上がりしていくと、以下のように含み損が増えていきます。

コアレンジャーのデメリット

利益を短期で得やすいというメリットも

他方で、買いの新規注文では含み益が出て自動で利確され、利益が増えていくというメリットもあります

ハーフと違って含み損を抱えやすい手法であるため、終わらせ方が難しいというデメリットは把握しておくべきです。

ハーフは含み損少なく、低リスク

含み損を極力少なくしたい人には、他の自動売買システムのハーフがいいです。

トライオートFXのハーフ

これは、設定幅の中心から上では売り注文だけ、下では買い注文だけしていくもの。

これだと、設定幅の中心線を境に「買い・売り」どちらかのポジションが全て決済されるため、含み損は少なくなります

ぴたコインの評判

ハラハラせず安心して運用できる

抱えたとしても、売りで新規ポジションをとった後に値上がりした時や、新規で買って値下がりした時だけで、安心できます

含み損で不安になるのが嫌な人や、終わりどきで悩みたくない人にはハーフをおすすめします

ハーフは特別レポートでも詳しく解説しており、おすすめの通貨ペアなどもわかります

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定で53,000円もらえるお得なキャンペーンもあるので、公式ページでチェックしておきましょう!

含み損を最小にして終わる方法

コアレンジャーで含み損が増えやすいとは言っても、対策はあり、それが以下。

自動売買の稼働を止めて、含み益が出たところで自動か手動で決済する

トライオートFXを停止

トライオートFXでは、自動売買を停止してもポジションは自動決済されず、自分のタイミングで手動決済できます

トライオートFXで手動決済

ほどよく利益が出たところでポジションを決済していけば含み損の問題も解決できます

トライオートFXで成行決済
(手動決済時は確認画面があるので、ご安心を)

自動システムの停止後は再開もできます。

トライオートFXで再開可能

コアレンジャーの方がハーフより利益は大きい

含み損の増えやすいコアレンジャーですが、過去の成績を見るとハーフより成績がいいこともわかっています。

こうした点から、2つのシステムは以下のようにまとめられます。

・コアレンジャー:大きな利益を狙えるが、含み損が多く資金も必要(資金の多い人におすすめ)
・ハーフ:利益はそこそこで低リスク運用できる(少額から安心して運用したい方におすすめ)

それぞれのシステムの詳細、おすすめ通貨ペアなどは特別レポートでも解説しているので、ぜひチェックしましょう!

トライオートFXのレポート 2

\ キャンペーンを見てみる /

コアレンジャー、ハーフのおすすめ通貨ペア

コアレンジャーやハーフは、買い・売りの両方を注文する両建てで、上がっても下がっても利益をとれます。

自動売買fx両建てのメリット

上下どちらに動いてもいいのですから、予想不要で楽です。

これらのシステムでは、上下に動くレンジ相場の通貨ペアを選ぶことが大切です。

レンジ相場を形成する通貨ペア

レンジ相場になりやすいのは、以下の通貨ペアです。

・豪ドル/NZドル、米ドル円、ユーロ円、ユーロ/ポンド

これらでは8割ほどがレンジ相場で、自動売買のトライオートFXと相性がいいです。

auz/nzdのチャート

【想定レンジ】過去の値動きを参考に運用できる

過去の値動きを見ても、決まった範囲で上下しており、値動きの範囲も予想しやすいです。

コアレンジャーやハーフであれば、過去の値動きから注文の範囲を自動で決めてもらえて、かんたんに始められます

仮想通貨で儲けた人

おすすめは豪ドル/NZドルやユーロ/ポンド

特に豪ドル/NZドルやユーロ/ポンドは、狭い範囲でおだやかに動いており、低リスク運用ができます。

安心して自動売買をしたい方に、特におすすめの通貨ペアです。

2つのシステムや利益の出し方は、レポートでも詳しく解説しているので、無料でもらってチェックしてください。

トライオートFXのレポート 2

53,000円もらえる当サイト限定のキャンペーンもお得なので、活用しましょう!

ハーフの方がシンプルでわかりやすい

初心者の方が運用するなら、よりシンプルでわかりやすいハーフの方がおすすめです。

コアレンジャーは中間のコアレンジとサブレンジに分けて、注文され、それぞれの仕組みを理解する必要があります

コアレンジャーでの利益

特にコアレンジでの注文が難しく、理解に時間がかかるかもしれません。

初心者の方、未経験者にはハーフがおすすめ

しかし、ハーフであれば等間隔で売り買いの注文がされるだけで理解もしやすいです。

自動売買を初めてやる方やFX未経験の方には、ハーフのほうが向いているかもしれません。

【比較まとめ】ハーフとコアレンジャーはどっちがおすすめ?

ハーフとコアレンジャーは人気のシステムで以下の違いがあります。

・コアレンジャー:大きな利益を狙えるが、含み損が多く資金も必要(資金の多い人におすすめ)
・ハーフ:利益はそこそこで低リスク運用できる(少額から安心して運用したい方におすすめ)

それぞれの成績は公式サイトでも公開されており、好成績であることがわかっています。

トライオートFXのハーフ

当サイト限定でお得なキャンペーンも開催中なので、チェックしましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です