>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXのスキャルピングは勝てない?初心者が損しない手法を解説

この記事では以下の疑問を解決します。

・FXのスキャルピングって稼げるの?
・損しないためにはどうすればいい?
・スキャルピングに向いてるFX会社はどこ?

スキャルピングは短期で利益を狙えて人気の手法ですが、これから紹介することを知らないと損をすることになります。

正しく稼ぐ方法を知れば損せず、利益を出せますので、ぜひ参考にしてください。

結論、スキャルピングは分析をしっかりして取引ルールを決め、スプレッドが狭く約定力の高いFX会社でやれば利益を狙えます

みんなのFXであればスプレッド業界最狭水準で、約定力99.9%と高くスキャルピングをやるのに向いてます

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、興味がある方はチェックしましょう。(FXの資金にできます)

\ キャンペーンで53,000円もらう /

FXのスキャルピングとは何か?

スキャルピングは数秒〜数分単位の超短期売買で利益を狙う手法です。

新規注文から決済までの間隔が短く含み損を大きく抱えづらいため、ロスカットになりづらく少額でやりたい人などから人気です。

レバレッジ25倍での取引も可能で、少額でハイリターンを狙えます

※レバレッジ、ロスカットがわからない方は以下の動画をチェックしてください

スキャルピングは勝てないのか?

このように夢のある手法ですが、スキャルピングでは勝てないという評判もあります。

損してる人がいる一方で儲かってる人もいます。

中には120万円儲かってる人もあり、正しいやり方をマスターした人が稼げている印象です。

では、損する人と稼げる人の違いは何か、大事なことをまとめていきます。

スキャルピングで勝てない理由

結論、勝てない人は以下のことをしています。(勝てない人の特徴ですね)

・トレード環境に問題がある
・適切なFX会社を使ってない
・2つの分析をしていない(チャートとニュースチェック)
・経験が足りない
・取引量が少ない通貨ペア、時間帯で勝負してる
・10pips以上の幅で利益を取ろうとしている
・明確なトレンドで取引してない
・決済で大事なルールを決めていない(損切りと利確)
・集中力がなくメンタルコントロールができてない

1つずつ解説します。

トレード環境に問題がある

スペックの低いパソコンやスマホを使っていたり、通信速度の遅いインターネット環境で取引しているとスキャルピングでは勝てません

スキャルピングは一瞬一秒を争うトレードで、少しでも注文タイミングがずれると損につながります。

低スペックスマホなど注文が遅れてしまうツールを使っていると、有利な取引はできません。

なので、必ずハイスペックなPCやスマホを使い、高速なインターネットで理想通りのタイミングで注文できるようにしましょう

適切なFX会社を使ってない

スキャルピングのような超短期売買をする場合、スプレッドの広いFX会社を使っていると取引のたびに損します。

米ドル/円のスプレッド最狭水準は0.2銭ですが、0.5銭くらいの会社を使っていると0.3銭分よけいにコストがかかってしまいます

1万通貨の取引であれば30円かかり、10回取引すれば300円かかりバカになりません。

有利に取引するためにもスプレッド最狭水準のFX会社を使いましょう

>>人気で評判!FX初心者におすすめの証券会社を比較しランキング作成

約定力の高いFX会社を使おう

スキャルピングでは、理想通りのレートで約定するために約定力が高いことも大事です。

希望と違うレートで約定してしまうと、損の元です。(この状態をスリッページと言います)

また、サーバーの安定感も必須で、不安定だと約定すらしないこともあります。

なので、約定力が99.9%と高くサーバーも安定してる「みんなのFX」をつかいましょう

ここはスプレッド最狭水準でもあり、有利にスキャルピングができます

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックを。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

2つの分析をしていない(チャートとニュースチェック)

FXには2つの分析手法があり、スキャルピングではこれらを学び実践する必要があります。

・テクニカル:過去や現在のチャートの形からこれからの相場を予想する(ボリンジャーバンドなどの指標を使う)

・ファンダメンタルズ:重要な経済指標などのニュースを元に相場予想する(ある通貨で利上げされたら、短期ではその通貨が買われる、など)

この2つをバランスよく使うことで利益を出せるので、必ず理解しましょう

テクニカル分析については以下の記事を参考にしてください。

>>【テクニカル】チャートの(逆)三尊は上昇・下降トレンドを知る指標(ヘッド&ショルダー)

チャート分析もニュースチェックも大事

チャートを使ったテクニカル分析だけで相場予想する人がいますが、それだけでは不十分です。

テクニカル分析の効きづらい相場があり、そういった状況ではニュースなどを使ったファンダメンタルズ分析が必要です。

逆に、ファンダが効きづらい相場もあり、テクニカル分析が必要になる場合もあります

両方とも相場予想で必要なので、どちらも習得するようにしましょう。

>>FX初心者におすすめの本!入門書でファンダメンタル分析も勉強可能

経験が足りない

スキャルピング経験が足りないと損します。

FXはゼロサムゲームで大勢が損し一部が勝つゲームとも言われています

FX市場には10年以上も相場で生き残ってきたプロもおり、スキャルピングを始めたばかりの未熟な人が彼らに勝つのは難しいですよね。

なので、経験が足りない場合は他の取引から始めるのも手です。

中・長期トレードから始めるのもおすすめ

スキャルピング以外だと以下の取引があり、下に行くにつれて難易度は下がります。

・デイトレード(数時間〜1日単位で利益を狙う)
・スイングトレード(数日〜数週間で利益を狙う)
・中期〜長期トレード(スイング以上の期間で利益を狙う)

スキャルピングはこの中で一番難しいトレードです。

まずは難易度の低いものから挑戦しましょう

少額OK!デイトレで儲かった

ちなみにぼくは、デイトレの「みんなのシストレ」でほったらかしで稼げました。

こちらは「みんなのFX」で口座を持っているとやれて、裁量トレードのスキャルピングでも有利なので使うといいですよ。

※当サイト限定のキャンペーンもお得です!

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

取引量が少ない通貨ペア、時間帯で勝負してる

スキャルピングは短期での値動きがないと稼げません。

取引量が少ないマニアックな通貨ペアだと売り買いが頻繁に行われず、動きが出ません。

なので、短期で値動きのあるメジャーな通貨ペアを選びましょう

代表例は米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドルです。

取引量の多い時間帯とは?

取引量が多い時間帯は主に3つ。

・月曜日の朝
・ロンドン市場オープン時(日本時間:16時~翌1時)
・NY市場オープン時(日本時間:23時~翌6時)

月曜日の早朝はスプレッドが広がりやすいので注意が必要ですが、こういったことも覚えておくといいです。

10pips以上の幅で利益を取ろうとしている

スキャルピングでは10pips以下のちょっとの値動きで利益を取るのが理想です。

10pips以上は欲張りすぎて利確タイミングを逃す恐れがあります。(含み益から含み損、実現損になる可能性も)

欲張らずに5pipsくらい動いたらコツコツ利益確定の決済注文をしましょう。

明確なトレンドで取引してない

スキャルピングはトレンド相場で取引するのが鉄則で、トレンド相場の中にはわかりやすいもの、判断が難しいものがあります。

上昇トレンド相場だと思いきや、いきなり下降トレンドに転じて不規則な動きをする場合もあります。

こうしたタイミングでエントリーしてしまうと失敗する可能性があります。

スキャルピングで利益を出すためにはわかりやすいトレンドでエントリーしましょう

わかりやすいトレンドは、ボックストレンドとも呼ばれるもので、レジスタンスラインとサポートラインを見ると判断できます

以下の解説ツイートも参考にしてください。

トレンドは売買比率も参考にする

トレンドは「みんなのFX」の売買比率でも判断できます。

ある通貨ペアの売りと買いのポジションの比率を以下の図のように、分かりやすく表示してもらえます。

みんなのfxの売買比率

スキャルピングで大切なのが「他のトレーダーがどのような動きをするか」を知ること

売買比率の価格分布では他のトレーダーがどの価格で注文を入れているかもわかり、トレンド継続か転換かの参考にできます

みんなのfxの価格分布

「みんなのFX」はこうしたツールも便利ですしスプレッド最狭水準で、キャンペーンもお得なので使うといいですよ。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

決済で大事なルールを決めていない(損切りと利確)

「10pips以下で利益確定」でも触れましたが、利確と損切りのルールを決めていないと失敗しやすいです。

スキャルピングは短期で判断を何度も求められ、ルールがないと迷って不合理な取引をしてしまいます

逆にルールを決めていると、その通り淡々と取引でき、感情に惑わされることもありません。

なので、新規注文から決めた幅で値動きしたら損切りか利確を必ずしましょう

損切りしてマイナス分を最小にとどめれば、残った資金でマイナス分以上の利益を狙えます

「2%損切ルール」も参考に

そして、損切りでは「2%損切ルール」を参考にしましょう。

含み損が投資額の2%まで達した時に損切りをするというものです。

投資額が10万円であれば2000円の含み損を抱えたら損切りします

・例:10000通貨で取引する場合、0.2円分動いたら損切り(0.2円 x 10000通貨 = 2000円)

1ドル106円で新規買い注文したら、105.8円まで動いたら損切りするイメージです。

ここで2000円損しても次の注文で3000円儲かれば、トータルの成績は+1000円です。

損を小さくしながら利益を大きくするトレードで利益を出しましょう

スキャルで負ける人は集中力がない

数秒単位で利益を出すスキャルピングでは集中力が必須です。

必ずトレードに集中し、ながらトレードは絶対にやめましょう

スマホでやるならば他のアプリからの通知を止めて、PCでやるなら取引画面だけを開いてやりましょう。

スキャルで損する人は資金管理ができてない

スキャルピングで勝つために資金管理、リスク管理も徹底しましょう。

資金に余裕を持たず注文本数を増やせばロスカットで損失確定する可能性があります。

これを回避するためにも、資金を多めに用意しレバレッジは最大3倍までにしてロスカットを回避してください

FXのスキャルピングで勝つ方法まとめ

最後に要点をまとめます。

・スキャルピングで勝てない人には原因がある。
・原因への対策を知ればスキャルピングで勝てる
・決済ルールの設定、正しい通貨選びと分析で利益を狙える
・スプレッドが狭く約定力の高いFX会社を使えば利益を狙いやすい
・トレンドを判断できるツールも便利

スキャルピングで勝つために鉄則を守り、スプレッド最狭水準で有利に取引できる会社「みんなのFX」を使って利益を狙いましょう。

みんなのFXでは便利なツールもありますし、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので活用しましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /