ビットコインはいつだってバブル!都度バブルと崩壊を繰り返しているのだから

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

【脱サラ成功トレーダー ひろぴーの「ビットコインとゴールド」】というイベントに参加してきたので、学びを共有しておきます。(メモ程度に)

ひろぴーさんが初心者向けにかなり噛み砕いて説明してくれたので、とても勉強になりました。

ひろぴーさんのブログ>>もし現在の貨幣にブロックチェーン技術が備わったら。 | ビットコインFX bitcoin FX

ひろぴーさんの仮想通貨の投資歴

3年前、リップルを買った。検索しても出てこない時代。今、100倍くらいになった。

イーサリアムは現在、30倍になっている。1年前と比べて。

仮想通貨を保有している人の割合、3ヶ月前は2.5%。認知度は9割。

みんなが気になり始めている。

これからブロックチェーンが果たす役割

今後20年かけて、ネットワークのインフラ整備が行われる。

9割くらいがブロックチェーンで置き換わる可能性。(中央集権型から分散型へ)

置き換わる例:
メールの会社内ネットワークルーム、退勤ボタン、営業などの数値管理チャットなど。

このネットワークの仕組みは2008年にでてきた(by サトシナカモト)。

新しいネットワークの時代が来ると、論文を出した。

アルトコインが生まれる理由

ビットコインだけで、ネットワークを全てまかなうのは、無理。

イーサリアムはビットコインをまかなう(ビットコインにない機能が)実装がされている。

リップル、銀行間での送金に長けたネットワーク。

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(16銘柄を購入中)

ダッシュの匿名性は国家機密文書などで使われそう

ダッシュ、モネロは匿名性に長けている。守秘義務。

AさんからBさんに1モネロ(XMR)送っても送金履歴が残らない。

国家機密文書とかを外部に盗難されずに送るためのネットワーク。

マネーロンダリングにも使えてしまう。国によっては、シビアな見方も。

Zaifが押している「NEM」

NEM開発者には1人、日本人がいる。Zaifの一押し。

電源を落としていてもいいため、マイニングの電気代が安くなりやすい。

>>【千円からOK】Zaifでの仮想通貨(ビットコイン)積立は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>Zaifの口座開設方法!必要な本人確認書類、かかる日数(時間)などまとめ

Lisk、欧州コインの一押し。欧州は1年遅れ。ドイツ、スイスが中心となって動いている。ひろぴーさんも投資している。

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(16銘柄を購入中)

ビットコインはどこから生まれる?

ビットコインは現在のゴールドを模倣したと思われる。

ネットワーク上の通信(やりとり)を安全にするため、たくさん計算する。

その計算処理をして1番になった人が報酬をもらえる。

マイニング、中国が7割牛耳っている。ほぼ中国産。

コンピュータのレベルが上がっているので、電気代が高くても採算取れるということで、日本企業も乗り出している。

ビットコインの始まり

ビットコインを2100万枚、インターネット空間に埋没させ、徐々に掘り当てるモデル作った。

取引が増えるほど、分散型ネットワークの仕組みが強固になって、破壊されなくなる。ハッキングリスクほぼ0に。

マイニングの計算能力の過半数を悪意のある特定のグループが保持してしまう状態

参照:51%攻撃を技術の話ぬきで説明すると

この仕組みのすごさに気づいたエンジニアが買っていった。2009年になった人は、億り人に。

2140年ごろまでに全て採掘される。すでに8割採掘された。

昔は1BTC=1万円だったが、価値が上がることで取引が増えれば、マイニングする人が増えて、ネットワークが安全になり、ニセモノをまぎれこますのは不可能。

ビットコイン本位制がくる?

ビットコインは、ゴールドのようなビットコイン本位制になると思っている。

アルトコインの開発元は、ビットコイン建で資金調達を行なっているため。

ビットコインが下落すると、アルトコインも下落する傾向。

関連記事:ビットコインが下落するとなぜアルトコインも下がるのか? – 2017年08月24日 [ひろぴー] – みんなの仮想通貨

「データ履歴=ブロック」。これが繋がったのが、ブロックチェーン

仮に、全体で100万BTCが出回っているネットワークがあるとする。

スクリーンショット 2017 11 18 15 37 04

ビットコインの送金履歴が、ブロックに刻まれて保存されていく。誰でもみれる。

このデータ履歴がブロックで、それがつながっているのがブロックチェーン。

Aさん(ウォレット)からBさんへの1BTCの取引をネットワーク内で承認される。これが30~40分かかる。

こうした動きをひたすら繰り返す。次は、「BさんからCさんに2BTC」といったように。

ネットワーク内で承認する人が増えれば、より安全に

ネットワーク内のみんなが本物かどうか検証している。ネットワーク内の人口が増えるほど安全なやりとりに。

外部からの偽コインが来た場合、送金の段取りはされるけど、承認作業ではじかれる。送金NGになる。取引がなかったことになる。

これを応用すると、中央集権型から、分散型にできる。

サイバー攻撃などにかかっているコストが大幅にカットできる。

日本でこれから起こること

スクリーンショット 2017 11 18 16 02 08

市場が若いので、バブルは都度起きていて、崩壊もしている。先日も、90万円から60万円のバブル崩壊があった。

>>【ビットポイントFX】「MT4」の使い方やログイン、ダウンロード方法、スプレッドについてまとめ

>>【ビットコイン】「Zaif」のAir FXの実績公開!やり方や手数料も紹介

この辺動作は株式ではありえないこと。このサイクルを繰り返して、時価総額が増えていく。

AIによる仮想通貨予想「ウェブボット」

元・マイクロソフトの社員がAIでビットコイン予想。かなり当たっている。

天才AI。

中央銀行の貨幣の電子化

ロシアが仮想通貨を発行すると発表。

>>ロシアが世界初の法人通貨の仮想通貨「クリプトルーブル」発行へ

米ドルを駆逐できる。米ドルの値動きに影響を受けることがなくなる。

中国の元もドルを厄介と思っている。米ドル不要論。プーチンさんが発言。めっちゃ賢い。

イノベーション・ビッグバンは20年おきに起こる

テクノロジーのハイプカーブ理論。

600px Gartner Hype Cycle svg

ITバブルの前のイノベーションはインフラ整備だった。田中角栄さんの日本列島大改造論。

人、物、金を回すために高速道路などを作った。行動経済成長の第二弾。

この時、鉄道株をかっていた人は勝ち組に。ゼネコンとかも。

今のインターネットインフラ整備と同じ。

歴史から商品は、16%の普及率から爆発的に普及していってる

以下は、16%普及したタイミングで、爆発的に普及していった。

戦後:洗濯機、冷蔵庫、テレビ

昭和後期:自動車、エアコン

平成時代:パソコン、携帯電話

2000年以降:スマホ、電子マネー

ビットコインの黎明期

普及率16%を超えると爆発的に普及率が向上する。

仮想通貨の場合、いまの日本人に5%普及してるとすると、まだ間に合う。

アフリカは治安悪いから、ビットコインの需要ある。現金を家に置いておけない。

ビットコインだと、安全に資産を持っておけるから。

発展途上国はビットコインを禁止にしたい。法定通貨が使われなくなるから。

特定の強みがコインに期待?

各分野に特化したブロックチェーン技術をもったコインが時価総額をあげてくる。

国家も一丸となり、このイノベーションを推進していく可能性が高い。

ビットコインキャッシュ買おうかな

セミナーは、かなりわかりやすくてホントありがたかったですね。

あと、内容とは関係ないですが、他の方から「SBIがビットコインキャッシュに期待してるから、未来あるかもね」と聞いたので、買おうかなと思いましたw

というわけで、以上です。

リスク低めの投資

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

参照:【310万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ