>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

カナダドル安はいつまで続く?2021年いつ上がるかレート推移から予想

この記事では、以下の疑問を解決します。

・カナダドル安はいつまで続く?
・カナダドル円の今後の予想はどう?
・2020年以降の長期見通しはどうか?

記事を読むことで、カナダドルの将来性がわかり、相場予測で役立ちます

結論、2021年以降は再び90円台も見えてくると思います。(カナダドル安は終わる)

コロナショックの影響で20年3月から5月にかけて、さらにカナダドル安が続き、一時は74円に達しました。

しかし、その後は持ち直し、政府の経済回復策もうまくいき、雇用回復も順調です。

カナダ銀行(中銀)は政策金利を上げることも予定しており、そうなればカナダドルが買われ、ドル高となります

将来性があり、今後はカナダドル円の買いが有望そうです

そして、こういった相場予想は「みんなのFX」でプロにやってもらえます。

みんなのfx井口さんの相場予想

無料で口座を持っていれば、誰でもチェックできるので、ぜひ活用しましょう

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です!(まずは無料で口座だけでも作っておきましょう)

\ キャンペーンで53,000円もらう /

※最新予想は以下の動画でもチェックしてください

【最新予想】カナダドル円の見通し

カナダドルは以下の要因があり、カナダドル高・円安に進むと予想しています。

カナダドルの将来性は明るい
政府が積極的な財政拡張方針を示し、経済と雇用回復につながっている

・幅広い業種で雇用回復している

・景気回復によりエネルギー需要が増加し、原油価格が上昇(結果、カナダドルも上昇へ)

※カナダ資源国家であり、原油などの資源価格に影響されやすい(資源価格が上昇すれば、カナダドルも上昇する

ぴたコインの評判

経済回復でカナダドル高へ
・カナダで経済回復が見られ、利上げも先進国の中で早くに実行されそう

利上げによって買いが入り、カナダドル高に進む

・バイデン就任により、USMCAのアメリカとカナダやメキシコとの関係が修復されるかもしれない

そうするとカナダドルも有望視される

これから「カナダドル高・米ドル安」もある

今後はカナダドル高・米ドル安に進む可能性もあります。

カナダでアメリカより早い利上げが想定されているからです。

各国、景気の回復のために緩和策として株などの資産を国が買い入れました。

そして、景気回復の効果があったカナダでは緩和を弱めると発表しました。(テーパリング)

緩和後の利上げでカナダドル高へ

経済回復後の引きしめ策として、利上げをするのが一般的であり、カナダでは政策金利の上昇が期待されています

通貨というのは高金利であれば買われやすいですから、利上げによってカナダドルが買われ、加ドル高に進みそうです。

カナダより金利の低い通貨(米ドル、日本円)は売られることになり、それぞれで加ドル高に進むことが考えられます

なので、今後はカナダドル/円とカナダドル/米ドルのロング(買い)に可能性があると見ています。

カナダドルの取引におすすめのFX会社

カナダドルの取引で利益を狙う際は、「みんなのFX」がおすすめです。

ここはスプレッド最狭でスワップポイントの受け取り条件が最高で、有利に取引できます

プロによる相場予測も役立ちますし、初心者の方向けの学習コンテンツが豊富で、自分で予想する力もつきます

みんなのfx井口さんの相場予想

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【資源国家】カナダの特徴を解説

次にカナダの特徴やカナダドルの価格に影響を与える要因を紹介します。

カナダは以下の特徴がある国です。

要点まとめ
G7の中では、日本、イタリアと違い、人口が伸びている

アメリカとの関わりが深く、アメリカの経済動向に影響を受けやすい

ポジティブな面もあり、値動きもおだやかでリスクを抑えながら投資できます。

【平均】カナダドルのレート推移

政策金利は先進国の中では高い方で、「みんなのFX」だと日々もらえるスワップポイントも多いです

一時期はトルコリラと日々もらえるスワップポイントが同等でした。

トルコとカナダのスワップ比較

※今後カナダで利上げがあれば、スワップポイントが以前の水準に戻る可能性もあります

カナダはムーディーズからの格付けも高評価

S&Pなどからの信用格付はA以上と、投資適格と評価されてます。(格付がBBB-以上であれば投資適格、BB+以下は投資不適格)

・S&Pからの格付けAAA
・ムーディーズ:Aaa
・フィッチ:AAA

カナダドル円の長期チャート(過去の最安値も紹介)

カナダドルは、2021年8月時点で87.1円ほどで、過去の推移は以下の通り。

価格の変化まとめ
・2020年は74円〜81円を推移

過去5年の最安値は74円、最高値は91円

・過去の最安値は2009年1月の73円、最高値は2007年10月の122円

過去の値動きから見ると、今の値段は安値圏とも言えます

カナダドル安はいつまで続く

カナダドルの価格に影響を与える要因

カナダドルの価格を予想する際は、以下の要因をチェックしましょう。

価格に影響を与える要因
原油価格:カナダは資源国。原油価格が上昇するとカナダドルは上昇し、原油が下がるとカナダドルも下がる

※原油価格は、米WTI原油先物をチェック!

コロナショックなどの経済不安:信頼できる通貨(日本円など)に資金が集まり、カナダドルは売られる

※2020年のコロナショックでは、不安からカナダドル安・円高となりました

カナダドル/円今後どうなる(いつ上がる?)

今後は以下のようなポジティブニュースがあり、2022年には90円突破もあるのでは?と思っています。

原油価格(先物・WTI)が上昇中(カナダドルも上昇しやすくなる)

原油価格が上昇

新NAFTA「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」で進展あり(USMCAは、カナダにとってポジティブな内容。貿易収支において)

USMCAが発効されれば、カナダの経済が盛り上がりますから景気が上向き、カナダドル高に進む可能性が高いです。

※カナダドル高に進みそうな理由は動画でも解説してます

カナダドルの平均レートは97円

なお、為替に影響を与える「日本との金利差」ですが、2022年にカナダが利上げ予定なので、それに伴い開きそうです。

利上げがあるとカナダドルが買われ上昇しますから、今のうちに買っておくという戦略もあります。

利上げに備えて買っておくと、毎日スワップポイントも受け取れて2重で利益を狙えます

そして、取引する際は、スワップポイント受け取りが最高のみんなのFXがおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

カナダドル、米ドルの特徴

カナダでは不安材料もあります。

それが「GDPのほとんどが原油などの資源と国内の不動産に偏っている」という点。

最近は原油価格が安定して上昇していて、カナダドルが底堅いですが、原油価格が下落すると、その影響をもろに受けます

他国と比べて、国の収入のバランスが良くないというデメリットも理解しておきましょう。

※当面は83円~93円のレンジで動くと思います

【2021年の見通し】カナダドルの予想まとめ

一長一短ありながら、2020年以降は経済回復の施策がうまく行っており、長期で見れば人口も増える予定ですから

カナダは日本より将来性ある国と言えます。

基本的に人口が増えれば、その国の経済は発展し、通貨が買われますから、5年〜10年スパンでは日本円より期待が持てるはずです。

この辺はいろんな意見があるので、FX会社の専門家(プロ)の意見を複数聞き、自分で納得できる判断をしましょう

無料で口座を作るだけで、専門家の意見をチェックできます

プロによる相場予測があるFX会社
みんなのFX当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得

SBI FXトレード4円からFXでき、無料の口座開設をするだけで500円もらえる

トライオートFX:当サイト限定のキャンペーンで123,456円もらえる

関連記事