>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

カナダドル安はいつまで続く?2020年の見通し!推移と最安値から予想

この記事では、以下の疑問を解決します。

・カナダドル安はいつまで続く?
・カナダドル円の今後の予想はどう?
・2020年以降の長期見通しはどうか?

記事を読むことで、カナダドルの将来性がわかり、相場予測で役立ちます

結論、2020年末には81円台、2021年には82円台も見えてくると思います。

コロナショックの影響で20年3月から5月にかけて、さらにカナダドル安が続きました。

しかし、その後は持ち直し、政府の経済回復策もうまくいき、雇用回復も順調です。(カナダドル安は終わると思います)

カナダ銀行(中銀)は政策金利を下げないと宣言してますし、過去最低の0.25%から利上げも考えられます

なので、将来性ありますし、こういった相場予想は「みんなのFX」でプロにやってもらえます。

みんなのfx井口さんの相場予想

無料で口座を持っていれば、誰でもチェックできるので、ぜひ活用しましょう

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です!(まずは無料で口座だけでも作っておきましょう)

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【2020年10月の予想】カナダドル円の見通し

カナダドルは以下の要因があり、円に対して上がっていくと予想しています。

カナダドルの将来性は明るい
政府が積極的な財政拡張方針を示し、経済と雇用回復につながっている

・幅広い業種で雇用回復している

・コロナ危機の影響を大きく受けた「宿泊・飲食サービス業」、「小売・卸売業」、「建設業」は、3-4月の雇用喪失の半分以上を取り戻した

「情報技術・文化娯楽サービス」はコロナ危機前の水準を上回っている

・懸念点は、原油価格が横ばいであること

※カナダ資源国家であり、原油などの資源価格に影響されやすい(資源価格が上昇すれば、カナダドルも上昇する

・コロナの第二波で行動の制限も起きており、経済にネガティブな影響が出るかもしれない

2021年以降、コロナが落ち着けば、さらなる上昇が期待できる

米ドルに対しても上がる可能性あり

円に対しても上がる可能性がありますが、米ドルに対してはさらに上がる可能性があります。

米ドルは経済回復が遅れており、以下の記事で書いたように、実質金利もマイナスですから、魅力が薄れています

そういった中でカナダドルで好材料が出れば、カナダドルが買われ、米ドルに対して上昇も期待できます。

なので、カナダドル/円とカナダドル/米ドルのロング(買い)に可能性があると見ています。

カナダドルの取引におすすめのFX会社

カナダドルの取引で利益を狙う際は、「みんなのFX」がおすすめです。

ここはスプレッド最狭でスワップポイントの受け取り条件が最高で、有利に取引できます

プロによる相場予測も役立ちますし、初心者の方向けの学習コンテンツが豊富で、自分で予想する力もつきます

みんなのfx井口さんの相場予想

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【資源国家】カナダの特徴を解説

次にカナダの特徴やカナダドルの価格に影響を与える要因を紹介します。

カナダは以下の特徴がある国です。

・最近まで利上げサイクルにあった(先進国では珍しい。アメリカ、オーストラリアなどが利下げしてる中)

・しかし今は、利上げサイクルが止まっている

G7の中では、日本、イタリアと違い、人口が伸びている

アメリカとの関わりが深く、アメリカの経済動向に影響を受けやすい

ポジティブな面もあり、値動きもポンドなどと比べるとおだやかでリスクを抑えながら投資できます。

高いスワップポイントも魅力

あと、政策金利も1.75%とアメリカと同じで、「みんなのFX」だと日々もらえるスワップポイントも40円と高いです

カナダドル円のスワップポイント
(豪ドル、NZドルは10円台)

一時期はトルコリラと日々もらえるスワップが同等でした。(日本の政策金利はマイナス)

トルコとカナダのスワップ比較

※今後カナダで利上げがあれば、スワップポイントが上がる可能性もあります

カナダはムーディーズからの格付けもすばらしい

S&Pなどからの信用格付はA以上と、投資適格と評価されてます。(格付がBBB-以上であれば投資適格、BB+以下は投資不適格)

・S&Pからの格付けAAA
・ムーディーズ:Aaa
・フィッチ:AAA

カナダドル円の現状(過去の最安値も紹介)

カナダドル円は2020年10月23日時点で約80円で、過去の最安値は2009年1月の73円、最高値は2007年10月の122円です。

カナダドルの過去の最安値

過去の値動きから見ると、今の値段は安値圏と言えて(最安値までの値幅は10円。最高値までは39円)

こうしたデータからスワップポイント投資の始めどきとも言えます。

ただ、2020年3月のような暴落のリスクもあるので、そういったことを認識しながら投資しましょう。

コロナショックで3月〜5月は76円まで下がりました。

カナダドル円の予想(見通し)

今後は以下のようなポジティブニュースがあり、2021年後半には84円突破もあるのでは?と思っています。

原油価格(先物・WTI)が上昇中(カナダドルも上昇しやすくなる)

原油価格が上昇

新NAFTA「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」で進展ありUSMCAは、カナダにとってポジティブな内容。貿易収支において)

USMCAが発効されれば、カナダの企業が投資に積極的になりますから景気が上向き、カナダドル高が進む可能性が高いです。

なので、2020年8月頃に84円突破はまだあると思ってます。(コロナは4月末くらいで落ち着くかなと)

それまで、カナダドルは円に対して下がると思うので、ショートで利益を狙うのもありです。

政策金利の引き下げは当面なさそう

以降、2019年に書いていたことなので、参考程度にしてください

なお、為替に影響を与える「日本との金利差」ですが、直近でのカナダ中銀の発表を見る限り、利下げはなさそうです。

2019年3月には「インフレ目標達成のため、政策金利を引き上げる」という文言を削除し、カナダドルが売られたり、

10月には保険的な利下げも検討されたりましたが、最新ニュースだとそれは回避されそうだなと思っています。

カナダドル安はいつまで続く?

このように悪い状況ではないですが、カナダの経済指標が完全な右肩上がりではないので、これまでのようなカナダドル安は続きそうです。

2016年 2017年 2018年
実質GDP成長率 1.11(%) 2.98(%) 1.83(%)
名目GDP総額 1,530.3 1,650.2 1,711.4(10億米ドル)

カナダドル円は「絶対に上がる」と断言できず、今後もレンジ相場が続くはずなので、

下がったら買ってスワップで利益を得つつ、上がった時に利確して資産を増やしていくのがいい戦略ですね。

そして、取引する際は、スワップポイント受け取りが最高のみんなのFXがおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

ぼく以外の投資家のカナダドル予想

以下、他のトレーダーさんのカナダへの将来予測。

前に高金利で人気だった豪ドルから乗り換える人もいました。

将来的な経済の見通しは悲観的?

ただ、資源に依存する状態をデメリットに感じる人も。

一方で、原油価格が安定していることから、カナダドルの底堅さにメリットを感じる人もいます。

【2021年の見通し】カナダドルの予想まとめ

一長一短ありながら、2020年以降は経済回復の施策がうまく行っており、長期で見れば人口も増える予定ですから、

日本よりは将来性ある国だなと思っています。

基本的に人口が増えれば、その国の経済は発展し、通貨が買われますから、5年〜10年スパンでは日本円より期待が持てるはずです。

この辺はいろんな意見があるので、FX会社の専門家(プロ)の意見を複数聞き、自分で納得できる判断をしましょう

プロによる相場予測があるFX会社
みんなのFX当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得

SBI FXトレード4円からFXでき、無料の口座開設をするだけで500円もらえる

トライオートFX:当サイト限定のキャンペーンで123,456円もらえる

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です