>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

ループイフダン両建ては最強で儲かる?デメリットや危険性も解説

どうも。5,600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、ループイフダンの両建て運用のメリット・デメリットを書きます。

「両建てで儲かるのか?やめたほうがいいのか?」「どうやればいいの?やり方を知りたい」と思ってる人は参考にしてみてください。

結論、ループイフダンであれば他の手法の方が利益を出せるので、リスクのある両建てはおすすめしません

おすすめの手法は以下の記事で書いてるので、参考にしてください。(ループイフダンの基礎も学べます)

>>【評判&検証】ループイフダンとは?設定方法、実績、必要資金まとめ

ループイフダンでは当サイト限定でお得なキャンペーンをやってるので、そちらもチェックしてみてください

\ 3000円もらえます /

FXの両建てとは?儲かるの?

そもそも両建てとは、「買い」と「売り」の両方のポジションをとって利益を狙う手法です。

ループイフダンの両建て

上下どちらに動いても利益を取れるので、これからの値動きを予想できない時に両建てが使われます。

ループイフダンにおける両建てのメリット

ループイフダンで両建てする際のメリットは以下の通り。

・利益のチャンスが2倍になる(上下どちらに動いても儲かる)

・必要な資金が半分でいい

1つずつ解説します。(メリットについては、動画でも解説してます)

両建てのメリット:利益のチャンスが2倍になる

両建てのメリットはチャートが上に行っても下に行っても、買い注文と売り注文のどちらかで利益が出るので、儲かるチャンスが増えるというもの。

自動売買fx両建てのメリット

たとえば、チャートが上に動いたら買ってる方で利益確定でき、下に動いたら売りの方で利益確定できます。

稼ぐチャンスが増え、短期でも儲かりやすくなるのが両建てのメリットです。

必要な資金が半分でいい

一般的に、買い・売りの両方を注文するのだから、両建ては資金が2倍になると思いがちです。

しかし、ループイフダンでの両建ては違います。通常の半分でいいのです。

ループイフダンでの両建ての資金

同じ通貨ペアで両建てポジションがあれば、保有数量の大きいポジション分のみ取引証拠金が必要となります。

たとえば買いで4万通貨、売りで4万通貨分のポジションを保有する場合、4万通貨分の証拠金を預けていればOKなのです。

これは8万通貨のポジションを4万通貨だけの証拠金で保有できてる状態で、「資金が半分」と言えます。

このような資金効率の高さも両建てのメリットです。

※ループイフダンでは当サイト限定でお得なキャンペーンをやってるので、そちらもチェックしてみてください

\ 3000円もらえます /

ループイフダン両建てのデメリット

両建てには以下のデメリットもあります。

・常に含み損が発生する

・ムダに多くポジションを取ってしまう(高値づかみなどもある)

・スワップポイントの支払いで利益が減る

・ロスカットで損した場合、損失額が2倍になってしまう

・特に、「売り」ループイフダンのやめ時が難しい

1つずつ説明します。

常に含み損が発生する

ループイフダンは以下のように新規注文する自動売買システムであり、どうしても含み損が発生します。

・新規で買う場合、値段が下がった時に注文していく(その後に上がったら決済して利益確定)

・新規で売る場合、値段が上がった時に注文していく(その後に下がったら決済して利益確定)

ループイフダンにおいて含み損は「未来の利益のタネ」でもあるんですが、これは精神的によくないです。

※ループイフダンではロスカットにならず、含み損に耐えていれば、あとで利益確定できます

ムダに多くポジションを取ってしまう

これもデメリットですね。

ループイフダンではナンピンに加えて、トレンドを追いかけて注文するため、どうしてもポジションが増えてしまいます。

ループイフダンの両建てデメリット

上の画像のように買いポジションを取った後、上がり続けるならいいですが、途中で下がってしまうと含み損を抱えてしまいます。

(売りの場合は逆で考えてください)

仕組み上、ポジション数が増えて含み損も増えてしまうんですね。

スワップポイントの支払いで利益が減る

ドル円や豪ドル円の売りポジションだと、日々スワップポイントを支払うことになり、利益が削られていきます。

これをAUD/NZDの取引で経験しましたが、なかなかつらいです。

個人的には両建てしたいなら、裁量(手動FX)で一時的に売りポジションを持つのもいいなと思っています。

ループイフダンではドル円などを買いで運用しつつ、売りではデイトレや数日で新規〜決済注文する手法です。

\ 3000円もらう /

両建ては「売り」のやめ時が難しい

ループイフダンでは含み損を抱えますが、「ドル円の買い」のようにスワップポイントをもらえる取引をしてるなら、

「また上がるまでスワップをもらって耐えよう」と思えて、「含み損がつらいからポジションを全決済してしまおう」とはなりません。

しかし、「ドル円の売り」のようにスワップを払い続けると、実現損失が増えて途中で全ポジ決済したくなります。(実際しちゃった)

このように、どこでやめたらいいか入念に考える必要が出てきて、ほったらかし運用ではなくなってしまうわけです。

ロスカットで損した場合、損失額が2倍になってしまう

資金に余裕を持ち含み損に耐えられたらいいですが、耐えられずロスカットになってしまったら損失額は2倍になります。

メリットで利益が2倍になると書きましたが、その逆で損失額も2倍になる可能性があり、リスク高めです。

両建てをやる際は、資金管理により一層注意が必要です。

ループイフダン両建てのやり方

ループイフダンでは以下の流れで両建てにチャレンジできます。

・両建ての注文をする(方法も紹介します)

・成績が微妙なら両建てをやめる(やめ方、その後の処理である手動決済も紹介!)

1つずつ解説します。

両建ての注文をする

両建て注文をする際は、まずループイフダンにログインします。(IDとパスワードを入力します)

ループイフダンでログイン

ログインしたら「ループイフダン注文」のボタンを押します。

ループイフダンの注文画面

通貨ペアや自動売買システムを選ぶ画面が表示されるので、ここで設定していきます。

ループイフダンで通貨ペアを選ぶ

ループイフダンにはB10、S100といったシステムがあり、Bは新規で買い(Buy)、Sは新規で売り(Short)を表します。

10という数字は10pipsを表し10pipsごとに新規注文し、10pipsごとに利益確定することを示します。

※100の場合は100pipsごとに新規注文し、100pipsごとに利益確定する

つまり、B10であれば10pipsごとに新規で買っていき、そこから10pips動いたら売りで決済注文します。

※S100であれば100pipsごとに新規で売っていき、そこから100pips動いたら買いで決済注文

両建てでは、この「B」と「S」の注文を2つします。

ループイフダンの注文確認画面
(損切りの有無、取引量、ポジション数も選ぶと目安資金もわかります)

成績が微妙なら両建てをやめる

両建てのループイフダンは停止もできます。停止するのは以下のような場合です。

・上下に大きく動き、1つのポジションでは大きく含み益がでて、片方では大きな含み損になった

この場合、含み益を利益確定させ、片方の含み損でのロスカットを防ぐという方法があります。

含み益を利益確定する(ポジションを決済する)場合は以下の流れで進めます。

・ループイフダンの自動売買システムを停止する

・手動で含み益のあるポジションを決済する(自動で任せてもOK)

それぞれの流れを紹介していきます。(含み損を損切りする方法もありますが、勝率100%でまったりやりたい人にはおすすめしません)

ループイフダンの自動売買システムを停止する

停止する際はループイフダンにログインし「ループイフダン[照会]」を押します。

ループイフダンの稼働システム

「STOP」で停止していきます。

ループイフダンを停止

STOPの際は、「自動売買を停止していいですか?」と聞かれるので、OKを選択。

すると、以下のように表示されます。

ループイフダンをやめた後

保有ポジションの決済注文(指値・逆指値)は残りますので、お忘れなく。(自動売買を停止してもポジションは自動決済されません)

この後は、注文中のポジション(建玉照会)から手動で決済注文できるようになります

ループイフダンで手動決済

手動決済の場合は「他注文取消し」にチェックを入れて、クイック(成行)か指値で決済注文します。

もちろん、手動決済をせず、これまでしていた指値・逆指値を残して、自動で決済されるのを待つのもありです。

\ 3000円もらう /

ループイフダン両建てはおすすめ?

ここまで長所と短所を書いてきましたが、「両建て」はやめたほうがいいと思っています。

理由は、メリットよりデメリットのほうが多いからです。

スワップポイント支払いの面は体験してみて、非常に問題だとわかりましたし、含み損が増えていくのは精神的によくありません。

ループイフダンにはもっといい方法がありますから、そちらをおすすめします。

ループイフダンは基本「買いで。スワップ多いから」

ループイフダンは自動売買サービスの中でも、スワップポイントが多くもらえるので、

その利点を活かすためにも両建てでなく、ドル円などの買いでスワップをもらいながら売買でも利益を狙ったほうがいいです。

ループイフダンのスワップポイント

この手法はループイフダンの運営会社に取材した時に「おすすめ!」と聞いたものです。

アイネット証券社員さんに評判を取材
(運営会社であるアイネット証券の社員さん)

※ループイフダンでは当サイト限定でお得なキャンペーンをやってるので、そちらもチェックしてみてください

\ 3000円もらえます /

両建てのおすすめ通貨ペアは「USD/JPY」

おすすめはしませんが、両建ての1つの手法として「ループイフダンでらくらく稼ぐ」という本に以下の手法がのっていました。

・レンジ相場の細かい値動きの時に、両建てで上下してる時にダブルで利益をとる(ドル円のB15とS15)

ループイフダンのおすすめ通貨ペア

他に、上昇トレンドで「B15」を選び、トレンドが終わり下がり始めたら「S15」も稼働させて儲ける方法も書いてありました。

トレンドがある時の両建ての注意点として、買い・売りのどちらかで必ず含み損を抱えてのスタートになることも理解しておきましょう。

※このようなやり方は参考程度にするのがいいです

【まとめ】ループイフダンでは王道で利益を

最後に要点をまとめます。

両建ては失敗しやすいので、ループイフダンの中の人もおすすめする「米ドル円の買い」で運用するのがいいです。

そうすれば、ループイフダンで勝てている80%のユーザーのように資産を増やせるはずです

スクリーンショット 2018 11 13 10 52 14

手堅くリスクを抑えて利益を出したい人には王道の「米ドル円の買い」がおすすめです。

※ループイフダンでは当サイト限定でお得なキャンペーンをやってるので、そちらもチェックしてみてください

\ 3000円もらえます /

▼他の自動売買FXも気になる方は以下の記事もチェックしましょう

>>700万円で自動売買FXをやり厳しく比較!おすすめランキングを作成