バイナリーオプションのやり方、メリットをFXプライム by GMOのデモ口座で理解:予測ツールも紹介

どうも。3,000万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

FXのバイナリーオプションに興味を持ったので、そのサービスの1つ「外為オプション」をでもトレードでやってみました。

ここで学んだことをメモしてみます。(「外為オプション」はFXプライム by GMOでやれます)

※利用してる画像はFXプライム by GMOの説明ページが「外為オプション」のものを利用してます

バイナリーオプション(外為オプション)とは

バイナリーオプションとは、為替レートが円安・円高どちらへ動くのか予測する投資方法です。

たとえば、いまドル円が「1ドル=110円」で「今後109円になる」とと思ったら、「円高」で取引し、実際にレートがその通りに動いたら利益を出せます。

FXで利益を出す仕組みも似てますが、バイナリーオプションは新規・決済時の値段を指定せず、

「円高になるか、円安になるか」を予測すればいいという点で、通常のFXとは異なっています。

資金は50円からやれる

そして、バイナリーオプションでは、約50円から取引できます。(詳しいやり方は、後で書きます)

外為オプションで必要な取引額(資金)は50円

また、最長2時間で利益か損失かの結果がわかるのも特徴です。

バイナリーオプションは最長2時間で取引が終わる

このように、通常のFX(裁量トレード)とはいくらか違いがあるんですね。

注文でやることは3つだけ

では次に、注文の流れを紹介。

まず、最長2時間後(満期まで)にレートがどうなるか予測します。

バイナリーオプションでの予想

そして、そのレートに対して円高か円安かを予測。

バイナリーオプション

あとは、枚数を決めて注文すればOK。

バイナリーオプションでの購入枚数

その際は、購入ボタンをクリック。

スクリーンショット 2019 05 15 17 31 15

これだけで注文が完了し、うまくいけば利益を出せます。(満期になるまで待たずに、途中で売却も可能です)

バイナリーオプションの稼ぎ方は2種類

バイナリーオプションで稼ぐ方法は以下の2つ。

・円高か円安かの予測をし、満期になってその通りになれば儲かる

・注文期間中に買ったチケットを満期前に売却

では、それぞれについて説明していきます。

まず予想して当たったら儲かる(満期を待って、1000円との差分を狙う)

これがバイナリーオプションの基本的な稼ぎ方。

予測する時点で50円〜999円でチケットを買って、その予測が当たればチケットの値段と1000円(ペイアウト)の差が利益となります。

たとえば、以下の場合。

イギリスポンドが141.3円より下に行くと思えば、728円でチケットを買います。

バイナリーオプションのチケット

そして、それが満期に達し、その通りになったら1000円との差額の272円がもらえます。

儲かる額は予想の難しさに比例する

では、また別のパターンを考えてみます。

以下の例では、イギリスポンドが「141.45円付近で円高になるか、円安になるか」でチケットを買います。

スクリーンショット 2019 05 15 18 09 47

ちなみに、左のチャートにある光ってる点が現在レートを示しています。(141.349円)

この場合、満期までに141.45円以下である可能性が高いため、「円高の倍率(1.2倍)」のほうが「円安の3.25倍」よりも低くなっています。

つまり、予測しやすい場合は倍率が低くなって、儲けも少なくなるのです。

※円高を予測するなら833円でチケットを買うことになり的中したら167円の利益。円安の場合は、307円で買って当たれば693円の利益

満期まで待たなくても売却して儲かる

また、バイナリーオプションでは、満期まで待たなくても購入したチケットで含み益が出ていれば売却して利益確定ができます。

外為オプションでは、満期前に売却して利益確定できる

「満期まで最長2時間」と書きましたが、その時間を待たずともレートの変動によってチケットを売却し儲かるんですね。

この辺は、普通のFXの取引とも似てますね。

チケットはいろんなレートで複数買える

なお、チケットは以下のようにいろんなレートで何枚も購入できます。(300枚が上限。この状態をマルチ、さっきの単品注文をシングルと言います)

バイナリーオプションでは、最初にチケットを買うほど儲かりやすい

その都度のレートによって、それぞれの「円高・円安」で買えるチケットの値段はこのように変わります。

外為オプションのマルチでチケットを複数買う

先ほども書いたように、予想しやすい場合のチケットの値段は高くなり、その分的中した場合の利益も減るんでしたね。

※マルチの場合も、満期前にチケットを売却できます

外為オプション:満期前でもチケットを売却できる

予測の難易度が低すぎる場合、チケットを買えない

あと、「これはどう考えても当たるだろ」というレートのチケットを買おうとしても買えません。

スクリーンショット 2019 05 15 17 40 24

これは当然ですね。

たとえば、現在のレートが「1GBP=142円」の場合、満期までに「141円」より上にいくと予想しても、ほぼその通りになるため予測の難易度はかなり低いです。

結果、「その難易度での利益はなし」ということになり、上で書いた場合チケットは買えないのです。

満期までの時間が長いほど利益は大きくなる

「予測が難しいほど利益が増える」の話で、チケットを購入するタイミングも利益に関わってきます。

以下、注文受付が始まったばかりのチャートと買えるチケットの値段。

バイナリーオプションでは、最初にチケットを買うほど儲かりやすい

以下、満期まで10分切った時のチケットの値段。

外為オプション:満期の10分前

みてわかるように、その難易度によってチケットの値段が変わってますよね。

満期直前に手堅く利益を狙うのもあり

このように、注文開始と同時にチャートを見て、2時間後をうまく予測できれば利益は大きくなります。

ただ、それが難しい人は満期直前にチケットを買って、堅実に利益を狙うのも可能です。

その場合、チケットの購入枚数を増やせば利益も増やせますよね。

このように、予測する側のレベルによっても戦略が大きく変わってくるのです。

損小利大で利益を狙う場合も

あと、「損失を最小にして、それ以上に利益が出ればいい」の考え方で、バイナリーオプションをやるのもありです。

複数のレートでチケットを買って、「どこかで損失は出しながらもトータルで勝てばいい」というやり方ですね。

スクリーンショット 2019 05 15 17 49 27

この場合、満期を待って利益を出す方法と、満期前に売却する方法の2パターンで利益を狙えます。

>>【ビットコインFX】チャートの(逆)三尊は上昇・下降トレンドを知る指標(ヘッド&ショルダー)

満期まであと5分以内でのチケット価格の変化

一応、満期(注文終了)まで5分以内の時のチケットの値段も載せておきます。

外為オプションで満期まであと5分の時のチケットの値段

以下、1分切った時のチケットの値段。

スクリーンショット 2019 05 15 17 57 02

そして、注文受付が終わり、満期までのカウントダウン時は以下の画面になります。(その間の時間は2分)

スクリーンショット 2019 05 15 17 58 12

満期を迎えると損益が確定する

その後、満期を迎えると以下のように表示されます。

外為オプション:バイナリーで満期を迎えた

そして、満期を迎えた時に予測が当たっているチケットがあると、チケット分の利益が確定します。

同じレートで両建てはできない

なお、バイナリーオプションでは、同じレートだと「円高」か「円安」のどちらかしか買えません。

バイナリーオプションでは円高か円安どっちかしか買えない

FXの取引のように「両建て」ができないので注意です。

なので、円高を買っていて、「やっぱり円安を買おう」となったら、円高の方を売却する必要があります。

※ポジションを変えるのは通常のFXの「ドテン」みたいなイメージですね

FXとバイナリーオプションの違いやメリット・デメリット

では、次にバイナリーオプションのメリットを紹介していきます。

以下4つのメリットがあります。

・手元資金以上の損がない(500円の投資なら、最大の損は500円)

・少額でもハイレバレッジをかけずに取引できる(ロスカットでの損失確定がない)

・値動きが小さくても利益を出せる

・自動決済で決済タイミングで悩まない

では、それぞれについて書いていきます。

手元資金以上の損がない

バイナリーオプションでは、通常のFX取引のようにレバレッジをかけた注文がなく、損失分はチケットの購入代金のみです。

たとえば、500円でチケットを買ったのなら損失は最大でも500円です。

レバレッジをかけた場合、元本以上に損する場合がありますから、それを考えると怖さは和らぎますよね。

無理せず取引できる

バイナリーオプションには、レバレッジの仕組みがありませんから少額で無理した取引をして、ロスカットで損失確定してしまうことがありません。

通常のFXよりは損失がコントロールしやすく、つい欲を出してしまう人でも無理せず取引できます。

値動きが小さくても利益を出せる

裁量トレードでは、値動きが小さいと利益を出しづらいですが、バイナリーオプションであれば、どんな相場でも利益を出せます。

バイナリーオプションのメリット

これによって、利益を狙うチャンスが増えますから、稼ぎたい人にはぴったりな手法です。

バイナリーオプションのメリット・利点

自動決済で決済タイミングで悩まない

バイナリーオプションでは、満期に必ず損益が確定するので、利確や損切りタイミングで悩む必要がありません。

裁量トレードだと、含み益がある場合、欲を出して利確のタイミングを逃すリスクがありますが、それがないのです。

また、損切りできず損失が膨らんでしまうのも裁量トレードの問題ですが、バイナリーであれば損切りも満期されるので、損失を最小にできます

結果、資金を守って次の取引で利益を狙っていけるのです。

なので、こういったメリットを知っておきましょう。

バイナリーオプションのデメリット:資金効率は悪い

ただ、メリットばかりでなくデメリットもあります。

それはレバレッジという仕組みがないため、資金効率が悪いことです。

通常のFXだと、レバレッジをかけて少ない軍資金でも多くの利益を狙えます。

つまり、資金効率よく稼げるのです。

しかし、バイナリーオプションではこれができず、デメリットの1つになります。

予測ツールあり:ぱっと見テクニカル

なお、バイナリーオプション(外為オプション)がある「FXプライム by GMO」では値動きの予測ツールとして「ぱっと見テクニカル」があります。

スクリーンショット 2019 05 10 20 15 24

これによって、値動きをある程度予測できるので、使ってみてください。

>>【正直な感想あり】FXプライム by GMOでの利益、ぼくが儲かってるオススメの投資法まとめ

>>【朗報】他社にない通貨で堅実に資産運用できる!「短期売買にもオススメ」とプロトレーダーから好評のFXサイトに取材してきた

寝てる間もお金が増える「ほったらかしFX」

無料マンガで「安全投資」を学べました

【人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ