仮想(暗号)通貨とトークンの違いは?トークンの種類は?(ZAIF、XCP)をまとめてみた

どうも。運用男子のタクスズキです。

最近、トークンエコノミーがかなり面白いと思い、仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」経由でトークンをいくつか手に入れたので、情報をまとめておきます。

13万円分買いました>>仮想通貨の取引所「coincheck」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

ちなみに、ALISトークンは2017年11月15日時点で、4倍になっています。(早めに手に入れた人が得られるメリットですね)

仮想通貨とトークンの違いは、ほぼない

まずこの2つの違いですが、いろんなブログを読みあさったところ、ほとんどの方がほぼ同じ意味として使っていました。

なので、厳密に違いを気にする必要はありません

ですが、僕はある記事をきっかけにこの2つは別物と考えた方がいいなと考えるようになりました。

トークンは未公開株と考える

それがこちらの記事。

こちらは、「ALIS」という独自トークンを発行して、ネット上のコンテンツを評価するサービスについて言及された記事

この記事を読んで、仮想通貨とトークンでは、このような違いがあるなと気づいたのです。

スクリーンショット 2017 08 27 17 18 00  1

知ってる人だけが使っていたものが「トークン」

例えるなら、こういうことです。(「通過」>「通貨」ですね。誤字です)

なので、トークンは株式をイメージすると考えやすくなりますね。

VALUなどもトークンの一種

そして、トークンはブロックチェーン上で発行でき、人々が売買できるようにすることで、その価値を変動させることも可能です。

こう考えると、「VALU」も独自トークンの一種と考えることができます。

【追記】トークンは所有すると理解できるようになる

この記事を書いた後、5つのトークンを15万円分買ってみました。

そうした体験をして、トークンへの理解がかなり深まったし、実際に所有してみるのが一番の勉強になるとわかりました

なので、理解を深めたい方は儲け関係なく、仮想通貨の取引所「Zaif」で持ってみるといいですよ。(口座開設、無料です)

Zaifトークンは長期保有のスタンス

ぼくはZaifトークンを0.4円くらいで買えたので、2017年10月11日時点で、含み益が出ていますw

ですが、まだ価値が上がっていくと思うので、あと数年は売らない予定です。

なお、「Zaif」でビットコインやトークンを買おうと思っている方は、早めに口座開設しておいた方がいいです。

申し込みから実際に購入できるまでに1週間ほどかかるんですよ。

ぼくはそれで「もっと早く申し込みしておけばよかった」と後悔したので、そうならないようお早めに。

無料で口座開設>>「Zaif」のサイト

VALUみたいなアイドル人気投票があった

他だと、過去にアイドル番組「採掘!ビットガールズ」の人気投票でトークンが発行された事例があります。

それは、以下のブログで紹介されていました。(かなり参考になるブログです)

参照:ブロックチェーンが可能にしたこと~ビットガールズでの実証~ – ほい

ちなみに、この企画は取引所「Zaif」運営のテックビューロ社がテレビ会社と一緒にやっていたもの。

番組内では、「トレカブ」というトークンが発行され、ICOにより視聴者が売買できるようになりました。

そして、ビットガールズ(トレカブで売買されている)の人気度を時価総額で可視化したのです。(まさにVALUですね)

トークンなら公正な人気投票ができる

また、トレカブ所有者には、「HYOU(票)」トークンという配られ、これをイベントの投票で使えるようにしたそうです。

そして、こうやってトークンを使うことで、不正のできない投票にすることが可能なのです。

この投票結果もブロックチェーン上に残ります。

したがって誰がいくら投票したかは全てトランザクションから検証可能であり、制作者側はやらせや不正行為が一切できず、投票側も改ざんすることはほぼ不可能です

またパブリックチェーンの特性上、第三者の介入もありません。

このように、アイドルの応援、人気投票などでもトークンが使われていたんですね。

トークンの種類

ちなみに、トークンの種類は結構あって、Zaifで売買できるものでも8つあります。

スクリーンショット 2017 08 28 13 50 33  1
(ZAIF、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC)

僕は、ZAIFとXCPを保有しています。

スクリーンショット 2017 08 28 13 51 01  1

Zaifでトークンを買う方法

>>【追記:利益出た】仮想通貨取引所「Zaif」で「Zaifトークン」を買う方法(学びを得たよ)

>>仮想通貨取り引き所「Zaif」でのビットコインの買い方(口座へ入金〜注文〜送金まで)

※冒頭で紹介したALISトークンを買うには、「coincheck(コインチェック)」でイーサリアムという仮想通貨を買う必要があります。

>>仮想通貨の取引所「coincheck」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

仮想通貨のタイプ「カレンシーとアセット」

あと、トークンを調べていくうちに仮想通貨には2つのタイプがあることも知りました。

それが「カレンシータイプとアセットタイプ」。

ビットコインは採掘によって増えていく

カレンシータイプは、「市場に出回った後の供給量の増加は採掘に依存する」というタイプの仮想通貨。

ビットコインとかがそうですね。

知らない方のために書いておくと、ビットコインは採掘によって増えていき、その採掘をした人には報酬が与えられます。

なので、以下のような仕事をする人がでてくるわけですね。

アセットタイプは、供給量を供給側で決められる

一方、アセットタイプは供給量を供給側でコントロールできます。

つまり、これまでに説明してきた「トークン」がそれなわけですね。(Zaifで買えるZAIFトークンなど)

これは冒頭でも説明したように、株式のように発行できるため、保有する側としては「将来値上がりするかもしれない、無名なもの」を買っておくことで利益を得られる可能性もあるのです。

実際、僕はZAIFトークンで一時、6万円ほどの含み益を得られました。

トークンで活動資金も集められる

あと、企業などがトークンを発行すれば、投資家から活動資金を集められるわけですね。

例えば、1トークンあたり100円の価値のあるものを1万単位で売り出して、全て売れたら100万円分の資金を調達できるわけです。

このように、トークンはいろんな使い方ができるので、クリエイター支援、NPOの資金集めなどいろんな分野で注目されているのです。

なので、こういったこともしっておくといいですよ。

少額から仮想通貨を買ってみる>>ビットコイン取引所「coincheck」

>>仮想通貨の取引所「coincheck」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

【追記】今までに購入したトークン

記事を書いた後に、いろんなトークンセールに参加してICOしたサービスの独自通貨を保有しました。

そのリストを共有しておきます。(ALIS以外)

COMSA

取引所「Zaif」の運営企業テックビューロが発行しているトークン。

こちらは、1万円分くらい所有してみました。

スクリーンショット 2017 10 11 19 14 57

まだ、トークンセールに参加できますので、興味ある方は、以下のURLからどうぞ。

https://tokensale.comsa.io/

BANKERA(バンクエラ)のトークンセール

3,840.67700000 BNKゲット。

こちら、毎週イーサリアム建てで利息が入ってきます。

スクリーンショット 2017 10 11 19 04 06

2017年10月11月のレートだと、2円くらいが毎週利息としてプラスされてます。

日本の銀行預金の利息と比べると、条件いいですよねw

あらゆる資産をトークンにする「LAToken」

こちらも面白そうなので、数千円分、入手してみました。

スクリーンショット 2017 10 11 19 11 03

Appleの株とか不動産をトークンとして保有できます。

トークナイズすることによって、株や不動産がもっと流動性高くやりとりできるイメージです。

これは、ワクワクしたので入手しちゃってました。

仮想通貨のインデックス投資ができるトークンも入手

待ち望んでいた、「仮想通貨のインデッックス投資」ができると聞いて、「C20」というトークンも買いました。

>>世界初、仮想通貨のインデックス投資!『CRYPTO20』がICOですでに10億円以上を調達

>>「Crypto20」のICOに参加して「C20トークン」を受け取る方法(仮想通貨のインデックス投資)

トークンの分類(タイプ)

あと、複数のICOを見たり、実際にトークンを買ったりして、それぞれでタイプがあることもわかりました。

僕が買ってるものだと、以下のように分類できます。

①保有することで配当(利息)がもらえるもの

②ICOプロジェクト内のサービスで使えるもの(投票、グッズ購入など)

というわけで、詳しく見ていきます。

①保有することで配当(利息)がもらえるものは

これは、「バンクエラ(BNK)」がそうですね。BNKを持っているだけで、イーサリアムが毎週利息としてもらえます。

また、毎週とまではいかなくても、株式の配当のように定期的にトークンをもらえるものもあります。

こうした、保有してるだけでメリットのあるトークンがあるわけですね。

②はALIS、C20など

ALISは、サービス内でALISトークンを「記事に評価」をする際に使えます。

また、評価者も他の評価者からジャッジされ、その精度によってトークン報酬がもらえます。

他だと、LAトークン、C20はそのプロジェクト内での投資に使えるわけですから、②に該当しますね。

VALUのVAも②に該当

あとは、VALUのVAもそうです。

これは、ある人のVAをビットコインで購入して、優待として設定してあるグッズ受け取りや、サービス提供を受けるわけですから。

他だと、コスプレイヤーを支援できる「AMPLE!(ACO)」でも同様の、グッズ購入ができます。

同じ感じのだと、イーサリアムでVALU的な支援ができる「リアルブースト」もあります。

関連記事

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(16銘柄を購入中)

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ