>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【億り人が解説】ステラルーメン1000円いく?IOSTの将来価格も予想

この記事では、人気の仮想通貨IOSTなどの価格予想や草コイン上昇バブルはいつまで続くかを解説します。

人気通貨がどこまで上がるか知りたい方、おすすめの割安草コインを知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・2022年までにIOSTは10円を超え、20円突破もありえる

ステラルーメンは2022年までに100円もありえて、長期では1000円超えもありそう

・短期で草コインバブルは2022年まで続き、終了後は2024年にまたくる

結論、IOST、ステラルーメンともに将来有望であり、最高値を更新していくはずです。

他の仮想通貨も今だけのバブルで上がっていき、今は数年に一度のチャンスです。

有望銘柄はフォビで取り扱っており、今なら仮想通貨がもらえてお得です。

このチャンスを逃さぬように、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう!

\ 限定!まず仮想通貨をもらう /

おすすめの仮想通貨は以下の動画でもまとめているので、チェックしてください。

IOSTとは?今後の将来性は?

まず、IOSTの基本的な説明からしていきます。

IOSTとは、いろんなWebサービスのプラットフォームになることを目指す仮想通貨プロジェクト

Internet of Services Tokenの略で、DApps(分散型アプリケーション)と呼ばれるいろんなサービスを動かすのも可能です。

ネットショップで稼ぐ

IOSTのメリット

そして、仮想通貨IOSTで押さえておくといいのは以下の3点。

・処理速度が速い
・開発しやすい
・技術力が高い

それぞれ補足します。

処理速度が速い

IOSTは処理速度が速いため、投資家から注目されています。

ぴたコインの評判

DAppsというアプリを動かすわけですから、処理能力が速いほど、アプリがサクサク動きます

そして、処理能力の高さを表す指標として「TPS」があり、他の仮想通貨と比べて圧倒的に優れています

IOSTはイーサリアムより優れている

たとえば、時価総額2位の仮想通貨イーサリアムとの比較は以下の通り。(TPSが高いほど、処理能力が高い)

イーサリアムはTPS15、IOSTのTPSは8000

他の仮想通貨にも、TPSが高いことを売りにするプロジェクトもありますが、そのどれよりもIOSTは優れています

処理能力が高く人気の「Zilliqa (ZIL)」でさえ2448TPSであり、IOSTはその何倍も優れています

こうした点からIOSTは投資家に期待されています。

Money toushi seikou

IOSTはJavaScriptで開発されている

IOSTは開発しやすいのもポイント。

Javascriptというなじみあるプログラミング言語で開発されており、DAppsなども開発しやすいです。

プログラミングで稼ぐ

イーサリアムはSolidityというマイナーな言語で開発されているため、参入がしづらいです。

しかし、IOSTであれば開発しやすく、実用化もスムーズに進みやすいです。

実用化しやすいほど期待が高まり、価格も上がりやすいですから、こうした点もプラス材料です。

IOSTは技術力が高い

仮想通貨の技術力を評価する中国の機関CCIDによると、2020年6月に発表された格付けでIOSTは4位にランクインしました

Kabu chart man happy

他にランクインした通貨はイーサリアム、トロン、NEO、リスク、QTUM、イオスであり、有名な銘柄と肩を並べています。

「技術力がある=価格が上がる」というわけではありませんが、今後実用化を狙っていく上でも1つの魅力にはなります

実用化が進めば、IOSTに投資する人・企業が増え、有名企業との提携も考えられます。

仮想通貨では、技術力も大事な材料です。

おすすめの仮想通貨は以下の動画でもまとめているので、チェックしてください。

アイオーエスティーの価格予想

将来有望なIOSTの価格予想もしておきます。

2021年12月時点、5円ほどですが、今後は最高値を更新しとりあえずは10円突破もしていきそうです。

ぴたコインの評判

2022年まで続く仮想通貨バブルのうちに20円超えも期待されています

IOSTは国内のフォビで買えて、今なら仮想通貨をもらえてお得です。

チャンスは今だけなので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ 限定!まず仮想通貨をもらう /

100円いく?ステラルーメンの最新予想

次に、人気の仮想通貨ステラルーメン (XLM)の予想もしていきます。

ステラルーメンとは、2014年にリップルを参考に開発された仮想通貨

ステラルーメン1000円

ジェド・マケーレブ氏が中心となって開発され、同氏は有名な取引所である「マウント・ゴックス」の創業者

界隈ではとても有名な人です。

※リップルについては以下の記事を参考にしてください

リップル(XRP)とXLMの違いは?

ステラルーメンの特徴は、仮想通貨リップル(XRP)と似ていること。

両通貨は、国際送金を早く、安く実現できる「ブリッジ通貨」として利用できます。

つまり、異なる法定通貨同士を交換するための「橋渡し・仲介役」となる通貨です。

FXで外貨は1000通貨からの交換が一般的 2

XLMで送金が早く安くなる

たとえば「日本円→ユーロ」へと交換しながら海外に送金する場合、

「日本円→ステラルーメン→ユーロ」とステラを経由することで、送金にかかる時間を短縮し、手数料も安くできます

また、リップルが上がればステラも上がるといった値動きの連動性があるのも特徴です。

ぴたコインの評判

2つの通貨は共存し市場を拡大する

2つの通貨の違いは、ユーザー層。

リップルは銀行、金融機関、企業などの「法人」がユーザーとなり、ステラは「個人」がユーザーとなります。

特徴は似ていながらも、提供先が異なるため、2つの通貨で食い合う、悪い影響を及ぼすことがありません

ステラルーメン(XLM)の将来価格はいくら?

ステラの今後の予想もしていきます。

ステラはリップルに引っ張られることが多いため、リップルの価格予想も大事です。

ぴたコインの評判

リップルはプラス材料が多く、開発もしっかり進んでいるため、大きな上昇が期待できます

リップルが上昇すれば、ステラも上がりますから、これからに期待が持てます。

ステラは1000円いく?

2022年のバブルでは、現在のXLM=30円ほどから100円までの上昇もありえて、大きく伸びていきそうです。

2022年に1000円はないと思いますが、次のバブルである2025年にはありえると思います。

ステラもフォビで買えて、今なら仮想通貨をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう。

\ 限定!まず仮想通貨をもらう /

Q&A!疑問に回答

次に、仮想通貨や草コインに興味のある人の疑問に答えます。

草コインのバブルはいつまで続く?

いま仮想通貨が盛り上がっており、いろんなアルトコインで最高値更新が続いています。

Money toushi seikou

このバブル相場はおそらく2022年の4月くらいまで続くと思います。

2018年のバブルのように大きく盛り上がり、億り人も生まれていくはずです。

2022年のうちにバブルが崩壊し、次のバブルは2025年くらいだと思います。

おすすめの仮想通貨は以下の動画でもまとめているので、チェックしてください。

有望なアルトコインを教えてください

将来性があり、長期保有などでおすすめはイオス、ポリゴン、ソラナ、エイダ、トロン、LINKなどです。

これらの銘柄は以下の動画で詳しく解説しているので、チェックしてください。

\ 限定!まず仮想通貨をもらう /

FTX、バイナンス、Bybitのおすすめ銘柄は?

国内で扱いがない草コインだと、BitDaoやFTT、BNB、Alice、SAND、DOT(ポルカドット)などが期待できます。

上昇しそうな銘柄
AR、NEO、ONT(オントロジー)、XYM(Symbol)、テロス、ゴーレム、BADGER、DOGE、SHIB

・BAT、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、Kin、FIL

これらも以下の動画でチェックしてください。

NFT銘柄を教えてください

NFT関連ですと、メタヒーロー(MetaHero)、TLM、チリース(CHZ)、テラ(LUNA)に期待が持てます

これらも以下の動画でチェックしてください。

DeFi銘柄を知りたいです

DeFi銘柄では、FEG、AVAX、MATIC、ALGO、AXS、DAI、ATOM(コスモス)、ICPなどが有望です。

これらも以下の動画でチェックしてください。

【まとめ】IOSTやXLMで1億円も可能

IOST、ステラルーメンともに将来有望であり、最高値を更新していくはずです。

他の仮想通貨も今だけのバブルで上がっていき、今は数年に一度のチャンスです。

有望銘柄はフォビで取り扱っており、今なら仮想通貨がもらえてお得です。

このチャンスを逃さぬように、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう!

\ 限定!まず仮想通貨をもらう /
関連記事