仮想(暗号)通貨とトークンの違いは?トークンの種類は?(ZAIF、XCP)をまとめてみた

どうも。運用男子のタクスズキです。

最近、トークンエコノミーがかなり面白いと思っているので、情報をまとめておきます。

13万円分買いました>>仮想通貨の取引所「coincheck」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

仮想通貨とトークンの違い

まずこの2つの違いですが、いろんなブログを読み漁ったところ、ほとんどの方がほぼ同じ意味として使っていました。

なので、厳密に違いを気にする必要はありません。

ですが、僕はある記事をきっかけにこの2つは別物と考えた方がいいなと考えるようになりました。

トークンは未公開株と考える

それがこちらの記事。

こちらは、「ALIS」という独自トークンを発行して、ネット上のコンテンツを評価するサービスについて言及された記事。

この記事を読んで、仮想通貨とトークンでは、このような違いがあるなと気づいたのです。

スクリーンショット 2017 08 27 17 18 00  1

知ってる人だけが使っていたものが「トークン」

例えるなら、こういうことです。(「通過」>「通貨」ですね。誤字です)

なので、トークンは株式をイメージすると考えやすくなりますね。

VALUなどもトークンの一種

そして、トークンはブロックチェーン上で発行することができ、人々が売買できるようにすることで、その価値を変動させることも可能です。

こう考えると、VALUも独自トークンの一種と考えることができます。

あと、過去にアイドル番組「採掘!ビットガールズ」の人気投票でトークンが発行された事例があります。

VALUみたいなアイドル人気投票があった

それは、以下のブログで紹介されていました。(かなり参考になるブログです)

参照:ブロックチェーンが可能にしたこと~ビットガールズでの実証~ – ほい

ちなみに、この企画は取引所「Zaif」運営のテックビューロ社がテレビ会社と一緒にやっていたもの。

番組内では、「トレカブ」というトークンが発行され、ICOにより視聴者が売買できるようになりました。

そして、ビットガールズ(トレカブで売買されている)の人気度を時価総額で可視化したのです。(まさにVALUですね)

トークンなら公正な人気投票ができる

また、トレカブ所有者には、「HYOU(票)」トークンという配られ、これをイベントの投票で使えるようにしたそうです。

そして、こうやってトークンを使うことで、不正のできない投票にすることが可能なのです。

この投票結果もブロックチェーン上に残ります。

したがって誰がいくら投票したかは全てトランザクションから検証可能であり、制作者側はやらせや不正行為が一切できず、投票側も改ざんすることはほぼ不可能です

またパブリックチェーンの特性上、第三者の介入もありません。

このように、アイドルの応援、人気投票などでもトークンが使われていたんですね。

トークンの種類

ちなみに、トークンの種類は結構あって、Zaifで売買できるものでも8つあります。

スクリーンショット 2017 08 28 13 50 33  1
(ZAIF、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC)

僕は、ZAIFとXCPを保有しています。

スクリーンショット 2017 08 28 13 51 01  1

Zaifでトークンを買う方法

>>【追記:利益出た】仮想通貨取引所「Zaif」で「Zaifトークン」を買う方法(学びを得たよ)

>>仮想通貨取り引き所「Zaif」でのビットコインの買い方(口座へ入金〜注文〜送金まで)

※冒頭で紹介したALISトークンを買うには、「coincheck(コインチェック)」でイーサリアムという仮想通貨を買う必要があります。

>>仮想通貨の取引所「coincheck」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

仮想通貨のタイプ「カレンシーとアセット」

あと、トークンを調べていくうちに仮想通貨には2つのタイプがあることも知りました。

それが「カレンシータイプとアセットタイプ」。

ビットコインは採掘によって増えていく

カレンシータイプは、「市場に出回った後の供給量の増加は採掘に依存する」というタイプの仮想通貨。

ビットコインとかがそうですね。

知らない方のために書いておくと、ビットコインは採掘によって増えていき、その採掘をした人には報酬が与えられます。

なので、以下のような仕事をする人がでてくるわけですね。

アセットタイプは、供給量を供給側で決められる

一方、アセットタイプは供給量を供給側でコントロールできます。

つまり、これまでに説明してきた「トークン」がそれなわけですね。(Zaifで買えるZAIFトークンなど)

これは冒頭でも説明したように、株式のように発行できるため、保有する側としては「将来値上がりするかもしれない、無名なもの」を買っておくことで利益を得られる可能性もあるのです。

実際、僕はZAIFトークンで一時、6万円ほどの含み益を得られました。

トークンで活動資金も集められる

あと、企業などがトークンを発行すれば、投資家から活動資金を集められるわけですね。

例えば、1トークンあたり100円の価値のあるものを1万単位で売り出して、全て売れたら100万円分の資金を調達できるわけです。

このように、トークンはいろんな使い方ができるので、クリエイター支援、NPOの資金集めなどいろんな分野で注目されているのです。

なので、こういったこともしっておくといいですよ。

少額から仮想通貨を買ってみる>>ビットコイン取引所「coincheck」

>>仮想通貨の取引所「coincheck」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ