>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

おすすめのシステムトレードとは?FX自動取引ソフトで稼げる?

どうも。5600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、おすすめのシステムトレード(自動売買FX)を紹介します。

ほったらかしOKのFXで収入を得たい」、「時間を割かず副業でやれるFXを探してる」という人は参考にしてみてください。

■この記事で解決できる悩み■

・システムトレード(シストレ)はどこを選べばいい?

・システムトレードの違いがわからない

では、詳しく説明します。

>勝率100%で儲かってる!おすすめシストレでの利益

結論、3ステップで簡単に始められてプレゼント内容も充実してるトライオートFX」がおすすめです

システムトレードとは何か?利益を出す仕組み

システムトレードとは自動売買できるシステムを選び、ほったらかしでトレードしてもらえるサービスです。

システムを選べば、あとは放置で運用してもらえて利益を狙えます
システムトレードの仕組み

カンタンな作業をやるだけで始められるため、初心者にも向いてます

システムトレードの設定はカンタンで初心者OK

トライオートFXというサービスでは放置で以下の通り利益を出せてます。(上場企業が運営しており安心!)

取引に時間を割く必要がないため、本業で忙しい人の副業にもぴったりです。

>>トライオートFXのお得なキャンペーンなどを知る
トライオートFXとタイアップ

シストレと手動(裁量)取引の違い

FXには手動で行う裁量トレードもあり、自動のシストレとの違いは手間がかかるかどうかです。

手動(裁量)はチャート分析などをした上で自分で注文する必要があり、かなりの手間がかかります。

ぼくもチャレンジしたことがありますが、大変すぎてやめました。(本業がある人にはかなり難しい)

一方、自動のシストレはこういった手間がなく、ほったらかしでFXをやれて利益も狙えます。

システムトレードの仕組み

つまり、トレードの時間を取れない人、チャート分析などができない人にシストレは向いてるのです。

おすすめのシストレ

>>上場企業運営のシストレのやり方や利益を知る
トライオートFXの3ステップ設定

システムトレードの選び方

システムトレードは以下の基準で選ぶと、成功しやすいので覚えておきましょう。

・少額から低リスクでやれる

・初心者でも「選ぶだけ」でかんたんに始められる

・手数料が安い

1つずつ解説します。

少額からお試しでやるのがおすすめ

初心者の方であれば特に、いきなりシステムトレード(シストレ)をやるのは怖いと思います。

なので、最初は2000円くらいで少額でやってみて、どんな感じか確かめられるサービスを使いましょう。

先ほど紹介した「トライオートFX」であれば、2000円からやれますから、こういったものを使うといいです。


トライオートFXでの利益実績)

初心者でも「選ぶだけ」でかんたんに始められる

システムトレードで失敗する理由として、「やり方が難しすぎてよくわからず注文してしまう」というものがあります。

こういった形で損するのはもったいないので、初心者でも簡単にやれるサービスを使いましょう。

トライオートFXだと、3ステップで始められるのでオススメです

トライオートFXの3ステップ設定

\ キャンペーンを見てみる /

手数料が安い

FXでは利益に加えて、手数料も考慮する必要があり、手数料が高いとせっかく利益を出してもそれが削られてしまいます。

取引手数料とスプレッドにも注目しながら、お得に取引できるシストレを選んでいきましょう。

おすすめのシステムトレードを厳選

「シストレの選び方」を元にしたおすすめはトライオートFXです。

トライオートFXは2000円からやれますし、3ステップで簡単に始められます。(手数料も安い!)

トライオートFXの3ステップ設定

上場企業が運営しており信頼できますし、当サイトでお得なキャンペーンもやってますので、気になる方はサイトをチェックしましょう。

>>トライオートFXのキャンペーンなどを知る
トライオートFXとタイアップ

システムトレード(自動売買FX)のメリット

システムトレード(シストレ)のメリットは以下の通り。

・ほったらかしで手間なくやれる(さっき紹介したものです)

・裁量で難しい相場でも利益を狙える

・感情にジャマされず、余計な損を回避できる

・24時間、寝てる間も遊んでる間も利益のチャンスがある

それぞれを補足します。

シストレFXで放置運用

裁量で難しい相場でも利益を狙える

シストレでは以下のように上がり下がりを繰り返すレンジ相場でも利益を狙えます。

コアレンジャーでの利益

これが可能な理由は「事前に上がった時に儲かる注文」と「下がった時に儲かる注文」を事前にしておけるからです。

一方、裁量だとレンジ相場では利益を狙いづらいです。(都度上がるか下がるかの予想が必要で、注文もしなければいけないため)

言い換えれば、シストレはどちらに動いても利益を取れるわけですから、「予想不要」なのです。

※FXの予想ができない初心者の方にとって、これはありがたいですよね

感情にジャマされず、余計な損を回避できる

FX限らず投資では人間の感情が取引のジャマをすることがあります。

たとえば、米ドル円が今後上がると思い買っている場合、一時的に下がった時、怖くて売ってしまう人がいます。

鉄則どおり取引するなら、含み損を抱えても耐えてまた上がるまで待つのですが、感情のせいで損することがあるのです。

しかし、シストレでは感情を持たないシステムが鉄則どおりにトレードしてくれますから、余計な損をなくせます。

いま手動でやっており、注文のたびにヒヤヒヤしてしまっている人にとって、これは大きなメリットです。

24時間、寝てる間も遊んでる間も利益のチャンスがある

システムに取引を任せるわけですから、利益のチャンスは24時間あります。(システムは休みなく稼働してくれます)

自分が寝てる間も遊んでる間も利益を狙えて、不労所得をゲットできます。

本業で忙しい人や時間を有効活用したい人にとってメリットとなります。

※こういったシストレを3ステップで簡単にやれるのがトライオートFXです(上場企業が運営でお得なキャンペーンあり!)

トライオートFXの3ステップ設定

>>トライオートFXでもらえるものを知る
トライオートFXとタイアップ

システムトレードのデメリット

システムトレードには以下のデメリットもあります。

・設定項目への理解が必要(注文間隔など最低限の知識が必要)

・明確なトレンド相場では裁量に劣る場合がある

・自分で注文をコントロールできない

1つずつ説明します。

設定項目への理解が必要

シストレを始める作業はかんたんですが、自動売買の設定内容を理解してないと損する可能性があります。

損しないために理解すべきなのは以下のこと。

・どれくらいのレートに達したら新規注文されるか、その後どれくらいレートが動いたら利益確定の決済注文がされるか

Fx自動売買で利益確定 2

こういった注文の設定条件を理解していれば、安心してシステムに自動売買を任せられるので、把握しておきましょう。

明確なトレンド相場では裁量に劣る場合がある

先ほど、シストレはレンジ相場で利益を出しやすいと説明しましたが、そうではない「トレンド相場」では裁量に成績が劣る場合があります。

※トレンド相場とは、上がりっぱなし・下がりっぱなしとトレンドが明確な相場です

リピート型での上昇トレンド

とは言っても、FXはレンジ相場が7割で大半なので、利益チャンスはシストレの方が多いと言えます。

自分で注文をコントロールできない

システムトレードには、事前にどういった注文がされるかわからない「ストラテジー型」があり、これで運用するとヒヤヒヤします。

いつのまにか新規注文されたり、謎に損切りされたりしてぼくは心が休まりませんでした。

こういった経験をして、まったり自動運用したいなら「ストラテジー型」でなく、「リピート型」がいいと判断しました。

損したくない人におすすめの自動売買

「リピート型」とは事前に注文内容がわかるシステムトレードで、トライオートFXがそれに該当します。

以下のように注文内容を把握してから、稼働すべきかを決められます。

シストレでの注文内容

過去の成績ランキングもチェックでき、システムの優秀さを理解してから運用すべきか判断できます。

システムトレードの運用実績

事前に注文内容が分かっているため、ストラテジー型と異なり、安心して運用できおすすめです。

※ぼく以外の他のユーザーも儲かってます

>>トライオートFXのキャンペーン内容などを知る
トライオートFXとタイアップ

「ストラテジー型」で運用前にわかる情報

なお、ストラテジー型で運用前にわかる情報は「取引する通貨ペア」と「過去の勝率や実績、取引量」くらいです。

システムトレードで勝率100%のストラテジー

あとは、システムに任せて自動で注文がされていき、利益を出せたり損したりします

利益の出る場合だといいですが、損する場合はつらいです。

fx自動売買シストレ24で損失確定:コツコツドカン

画像のように、勝手に注文されて、損した理由(損切り理由)がわからないのです。

自分の意図に関係なく取引される点は怖いですし、損するリスクもあることは投資前に覚えておきましょう。

損失(損切り)はつきもの(トータルで勝つ手法)

「ストラテジー型」で損失を出し、この事実にも気づきました。

「ストラテジー型」では損切りによるマイナス(実現損)が生まれます。

ミラートレーダーで大きく負けて損益プラマイゼロ

これは、トータルの成績で勝つことを前提にしてるサービスで、勝率100%で利益を増やしていくものではないのです。

そのため、ぼくのように不安症で「1度でも損したくない」と思ってる人には、ストラテジー型は向きません

※損失が出ること前提なので、運用中はハラハラするし、決済メールが来るたびに一喜一憂します

シストレでのスワップポイントのマイナス支払い

安心してやりたい人は「リピート型」のトライオートFXをどうぞ。

\ キャンペーンを見てみる /

ぼくの実際の利益(生活できるのか?)

参考までに「ストラテジー型」と「リピート型」におけるぼくの運用実績も載せておきます。

まず「ストラテジー型」の成績から。

こんな感じで順調そうに思えますが、

シストレの成績には波があり、こんな感じでマイナスになることもありました

投資資金がそれほど多くないこともあり、これまでのトータルの成績は+1万円ほど。

【追記】最近、損してしまったので、成績は悪くなりました。(ストラテジー型は自分に合わないようです)

逆に、リピート型のトライオートFXでは好調です。

トライオートFXの利益

2020年もしっかり利益を出せてます。

トライオートFX実績gif

3ステップで始められて簡単ですし、注文内容が分かって安心運用できるので、今後もトライオートFXを続けていきます。


(ユーザーの大半がFX未経験、初心者であり始めやすいです)

\ キャンペーンを見てみる /

システムで自動取引する際の注意点

システムトレードで損しないために知るべきこと(注意点)も書きます。

ざっくり書くとこんな感じです。

手動決済は絶対にダメ

・シミュレーション(バックテスト)は参考までに

少額で始めマイルールを守る

では、それぞれについて書いていきます。

手動決済は絶対にダメ(裁量トレード)

これはシストレ24とミラートレーダーで痛感しました。

>>【評判】シストレ24のフルオートで勝てないという口コミは本当か検証(ストラテジーの感想あり)

特にミラートレーダーでは、建玉照会を見て含み益が9000円くらい出ていたので、手動決済してしまいました

>>セントラル短資FXの自動売買「ミラートレーダー」で運用開始!実績や使い方、設定方法まとめ

その時は「利益がこんなに出た!」と喜んでいたのですが、その後は1ヶ月ほど約定しなくなってしまいました

そして、1ヶ月経ったある日、こんな感じで損失確定の注文がされてしまったのです。

ミラートレーダーで大きく負けて損益プラマイゼロ

同時に、4万円ほどの含み損を抱えてしまいました。

ミラートレーダーでの含み損

こうなってしまった理由は、ぼくが手動決済してしまったからです。

システムトレードの論理的な注文をジャマしないこと

そもそも、シストレで使えるシステムは「こうすれば利益がでる」としっかり考えられた上で、作られています

そういったシステムを人間が自分の都合で変更してしまうと、一時的には利益が出ても、その後の取引に影響が出てしまいます

結果、ぼくが経験したような損失にもつながるのです。

システムトレードする際は、絶対に手動決済しないでください

手動決済してしまっては、わざわざシステムを使う意味がないですからね。

シミュレーション(過去の実績)は参考までに

システムトレードではバックテストと呼ばれる損益シミュレーションができるのですが、それは目安でしかないです。

あくまで過去の実績でこれからの実績を予言するものではありません。

バックテストのデータは参考程度にして「損失リスクあり」と考えて使いましょう

少額で始めマイルールを守る

初心者であれば特に、少額から始めましょう。

やってみて利益が出るとわかったら取引量(資金)を増やしていけばいいのです。

また、「手動決済せず、取引はシステムに任せる」などのルールも決めて、それも守りましょう。

選ぶシステムによって損益が大きく変わる

システム選びでも成績が大きく変わるので、勝てるシステムの条件も以下にまとめておきます。

・稼働以来、長期間ずっとプラスかどうか(1ヶ月、3ヶ月だけプラスでそれ以外はマイナスだと危険)

・ストラテジー型ではシステムに点数がついており、10点満点中7点以上であるものを選ぶ

勝率よりもトータルの実現損益の方が大事

「勝率80%でトータル1000円儲かってるシステム」よりは「勝率50%でトータル1万円儲かってるシステム」の方が優秀です。

ユーザーの実績があるサービスも使おう

システムトレードFXで稼ぎたいなら、いろんなユーザーが儲かってるサービスも使いましょう。

紹介したもの以外だと「ループイフダン」もあり、ユーザーの80%が資産を増やせてます。

ループイフダンで80%が利益
(「ユーザーの大半がFX未経験か初心者」と取材でわかりました)

トライオートFXのような3ステップとはいきませんが、簡単に設定でき、ぼくも儲かってます。

こういった好調な手法があることも知りましょう。(当サイト限定のキャンペーンもお得です)

>>ループイフダンでのプレゼント内容などを知る
ループイフダンのタイアップバナー

※基本ですが、FXはロスカットにならないように資金に余裕を持ってどうぞ

※SBIや楽天にシストレサービスはなし

シストレでおすすめの通貨ペアとは?

おすすめなのは先進国同士の通貨ペアで、特にメジャーで取引量の多い「米ドル円」がいいですね。

先進国同士の通貨ペアは上がり下がりを繰り返しており、シストレで利益を出しやすいです。

たとえば、2019年あたりは米中不安が落ち着き、米国株も絶好調になりドルが買われて、円安ドル高が進みました。

しかし、2020年のコロナショックで先行き不透明になってからは、ドルが売られ円高ドル安になりました。

このように、いろんなニュースで先進国の通貨が買われたり売られたりするので、それぞれのペアは定期的に上がり下がりします。

※逆に、上がりっぱなし・下がりっぱなしというのがない

なので、シストレをやるならこういった通貨ペアを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です