「ミニ株」より少額で国内株式を買える「単元未満株」で4.2万円注文してみた【SBI証券】

どうも。運用男子のタクスズキです。

ついに、株(個別銘柄)の投資(4.2万円)を始めてみたので、詳しく書いてみます。(インデックスファンドは保有してるけど)

今は、小さい単位で株式を買える「ミニ株」よりも、さらに小さい単位で買えるんですね。

そう、SBI証券の「単元未満株」であれば。

ということで、まずは「基本的な株取引のルール」「単元未満株」について説明しておきます。

「単元未満株」は1株から株が買える

そもそもですが、株の個別銘柄は、1000単位など大きな単位でしか購入することができませんでした。

なので、1株3000円の銘柄の場合、300万円からしか株式投資を始められなかったんですね。

でも、ある時から「ミニ株」というものが出てきて、それの1/10の単位、つまり100株単位ですから30万円から株式投資を始められるようになったのです。

「単元未満株」は1株から株が買える

ただ、100株単位で取引できるようになっても、「まだハードルが高い」と感じる人がいるはずです。

そんな人のために、「単元未満株」というものが出てきました。これは、1株から個別銘柄に投資できます。

スクリーンショット 2017 08 27 11 32 23

上の説明にもあるように、少額で買えるようになるため、複数の銘柄を保有できるようにもなるわけですね。

というわけで、東京センチュリーを買ってみた

僕が買ったのは、「東京センチュリー」「あい ホールディングス」という銘柄です。

これらを買った理由は、口座開設申し込みをした「ひふみ投信」で上位組み入れ銘柄に入っていたからです。(素人だから、どれがいいとかわからない)

スクリーンショット 2017 08 27 11 46 36

ちなみに、「あいHD」は数年以上も上位銘柄に入っています。(こういうのは保有してみるのがいちばんの勉強になる)

SBI証券では評価や割安感もわかる

SBI証券の株式ページでは、「評価」や「分析」でその銘柄についての詳しい情報を知ることができます。

こちらは、「四季報」のタブ。(ここで、東京センチュリーが何をやっている会社か詳しく知りました)

スクリーンショット 2017 08 27 11 58 22

あと、割安性、成長性、企業規模などがわかる「分析」項目も参考になります。

スクリーンショット 2017 08 27 11 58 42

他だと、「チャート」でこれまでの値動きもわかりますので、そちらもチェックするといいです。

「単元未満株」での買い方

購入方法は簡単で、まず国内株式の検索フォームから買いたい銘柄を検索します。

「単元未満株」として買える銘柄には、その表記があるのでチェックしておきましょう。

スクリーンショット 2017 08 27 10 59 16

実際に買う際は、「買い注文」を選択します。(僕は現物会を選択。基本的にこっちでいいでしょう)

そして、下の画像のように「単元未満株(S株)」をクリックして買い注文作業を進めていきます。

スクリーンショット 2017 08 27 11 00 02

気配値の最低額で買えない可能性がある

買う際は、気配値から買値を指定することができません。

スクリーンショット 2017 08 27 11 00 29

気配値がわからない方は、以下の記事をどうぞ。

>>【追記:利益出た】仮想通貨取引所「Zaif」で「Zaifトークン」を買う方法(学びを得たよ)

>>仮想通貨取り引き所「Zaif」でのビットコインの買い方(口座へ入金〜注文〜送金まで)

気配値で見た価格より高値で買うことになるかも

ということで、気配値で見たときと違う値段で購入することになるかもしれないことを頭に入れながら、5株注文。

スクリーンショット 2017 08 27 11 01 53
(手数料にも注目しましょう)

ということで、注文完了です。

スクリーンショット 2017 08 27 11 03 33

あいホールディングスでも同じ買い方

こちらも、ここで注文時に見ている価格よりは、高い値段で買うことになりそうです。(大きい単位で小運輸する人が優先して買えるからかな?)

スクリーンショット 2017 08 27 11 54 53

ということで、こちらも5株を注文完了。

スクリーンショット 2017 08 27 11 55 21

1株(37円)から購入することも可能

売買は、取引市場が開いている時になされるはずです。(その辺は追記します)

スクリーンショット 2017 08 27 12 45 43
参照:https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/attention/trading/stock_07.html

なお、「キムラタン」だと、1株(32円)から購入できますね。

スクリーンショット 2017 08 27 13 08 26

「単元未満株」のデメリット

上でも紹介しましたが、「単元未満株」で株を買う場合、注文時の最低額よりも高い値段で買う可能性があります。

なので、これは「単元未満株」のデメリットですよね。

少額から株式投資ができるのは大きなメリットですが、こうした点があることは理解しておきましょう。(これで成果が出たら、いろんな銘柄を追加購入する予定です。まずは様子見)

個別銘柄は上級者向け。まずはインデックスファンドで

あと、個別銘柄を初心者がいきなり買うのは、ちとリスク高いので、まずは国内株式のインデックスファンドを数千円、数万円で持ってみることをオススメします。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

そこで、「お、いいな。個別でも挑戦してみたい」と思ったら、「単元未満株」で個別銘柄を買ってみるといいですね。

こちらも>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

国内株式に注目する理由「インフレが来たら株価が上がる」

あと、僕が国内株式で個別銘柄を買った理由は、これから日本でインフレが起こると思っているからです。

インフレは「市場に出回る紙幣の量が増えること」で起き、今よりも供給量が増えるわけですから、紙幣(現金)の価値は目減りしていきます。

こうなると、現金を持っておくのは損になるわけです。(詳しくは以下の記事をどうぞ)

関連記事>>【540万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

インフレで価値が上がるのは株式(歴史で証明されている)

では、インフレで有利になるものは何かというと、株式や不動産です。

この辺は、「お金は歴史で儲けなさい」という本などがすごく勉強になります。

インフレがtoB企業の株価もあげると予想

一般的にインフレでは、消費者が毎日購入する商品を販売している会社の株価、その関連銘柄が上がります。

今回、僕が投資した東京センチュリーはその対象にはなりずらいです。

しかし、僕はインフレになって「現金保有は損、株式保有が有利」とうい風潮になれば、株式に目を向ける人が増え、そのブームに乗って株式全体が値上がりすると思ったのです。

なので、今回、一般的には知られていない「東京センチュリー」に投資することにしたのでした。

投資することが最良の勉強になる

というわけで、興味のある方は株式投資にも目を向けてみてください。

SBI証券であれば、投資信託に100円から投資できますし、口座開設は無料です。

なんども言ってますが、実際に投資するのがいちばんの勉強になります。なので、お金について詳しくなりたい人はどうぞ。

無料で口座開設してみる>>SBI証券のサイト

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ