【30代になる前に】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(200万円運用中)

こんにちは。2017年から資産運用を始めた89年生まれの28歳です。

このページでは、僕が始めた資産運用と20代がやっておくべきと思う勉強なども紹介していきます。

ソーシャルレンディング(1万円から。数ヶ月で利回り5%ほど)

まず、1万円から資産運用(投資)できるソーシャルレンディングを始めました。

これは、多くの投資家から少しづつお金を集めて、これから伸びそうな企業にお金を貸すというもの。

hensai

投資家の利益は、企業がお金を返す際の利息の一部です。

数ヶ月で「お金+利息」が返ってくる

ソーシャルレンディングの良さは以下の2つ。

・数ヶ月でお金が増えて返ってくる
・投資の知識不要。ほったらかしでOK

以下の画像のように、数ヶ月で投資した金額が利息付きで返ってくるのです。

名称未設定

運用中、投資家は何もしなくて良い

あと、ありがたいのは数ヶ月の運用期間中は、投資家が何もしなくていいということ。運用益は、利息から生まれるので、長期投資などで必要なリバランスなどは不要。

また、FXや株式投資のように日々の価格の変動にびくびくする必要もありません。これは、サラリーマンの副業、お小遣い稼ぎにもいいんですよ。

実際、ソーシャルレンディングの1つ「クラウドバンク」のセミナーではサラリーマン投資家による活用事例が聞かれました。

その方は以前、株をやっていたそうですが、業務時間中も株の値動きが気になり、全く本業に集中できずやめたそうです。

ですが、その後にソーシャルレンディングなら「ほったらかしでOK」であることを知り、早速始めたそうな。

実際、以前のように値動きに惑わされることなく、精神面が安定した状態で仕事ができるようになったと語っていました。

このように、ソーシャルレンディングはサラリーマンでもできる資産運用なのです。

【重要】もちろんリスクあり

ここまでソーシャルレンディングの素晴らしさを書いてきましたが、もちろんリスクもあります。これは絶対に知ってほしいです。

例えば、お金を貸した企業が倒産してしまうリスクなどが考えられます。

この場合、ソーシャルレンディング運営会社が担保を抑えてお金を返してくれようと努力してくれますが、投資したうち一部しか返ってこない場合もあります。

なので、この辺のリスクは認識した上で、自己責任で投資、資産運用を行なっていきましょう。(基本的にローリスクローリターン、ハイリスクハイリターン)

クラウドバンクについて詳しく知る

参照:融資型クラウドファンディング「クラウドバンク」のセミナーで気づいた重要事項

参照:クラウドバンクで中小企業支援型ローンファンド第244号に10万円投資しました

参照:「クラウドバンク」でバイオマス発電ファンド3号(代替エネルギー特化型ローンファンド)に投資しました

参照:クラウドバンクに銀行口座からお金を入金する方法

ロボアドバイザーで長期投資を開始した

あと、ロボアドバイザーを使って30年スパンの長期投資を開始しました。これを始めようと決意したのは、ロボアドバイザーの1つである「ウェルスナビ」のセミナーに参加してから。

参照:「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

ちなみに、ロボアドバイザーとは人間でなくロボットが過去の実績に応じて最適な商品を選んで運用してくれるもの。

参照:ロボアドバイザーとは自動で長期の資産運用をしてくれる便利な仕組み(楽天、THEO、ウェルスナビなど比較)

「ウェルスナビ」の場合は、ノーベル賞を受賞したアルゴリズム(計算式)に基づいて運用してくれるそうです。

日本人と外国人の老後の資産に10倍の差があった

そして、セミナーでCEOの柴山さんが海外と日本人の老後の資産の大きすぎる差を教えてくれたのです。

柴山さんは国際結婚をしていて、アメリカ人の奥さんがいるのですが、奥さんの両親の資産の多さに衝撃を受けたそうです。

なんと、柴山さんの両親の10倍くらいだったのです。それだけ差がついた理由は、奥さんの両親が現役時代から長期投資(資産運用)を始めていたから。

この話を聞いて、自分も20代のうちに老後のお金を作っていこうと思ったんですよ。

投資は早いうちから始めた方が得と聞いた

あと、このブログの読者さんから聞いた言葉も長期投資を始めるきっかけになりました。

それが「若くてうらやまいいです。早くから始めておけば、毎月の積立金が少なくて済むし、リスクもとれるから」というもの。

この言葉を聞いて、納得しました。

仮に30年で3000万円ほど積み立てる場合、28歳から始めるのと38歳から始めるのでは毎月かかる費用がかなり変わるわけです。

積立投資は回復力がある

さらに、早いうちから始めておけばリスクをとってハイリターンな運用もできます。仮に、それで損失を出しても長い期間をかけていけばリカバリーもできるはずです。

参照;預金ばかりして投資に目を向けない日本人はどうかしている

参照;資産運用ブログを運営する初心者が10万円の運用プランを考えてみた

積み立て投資は回復力がある:積み立て投資は赤字になりやすいが、黒字への回復も早い

こうした理由から20代のうちに資産運用を始めることにしたのです。

ウェルスナビ(100万円から運用を始められる)

そして、いかがウェルスナビを使ってわかったことです。

参照:最適なポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)を提案してくれる「WealthNavi(ウェルスナビ)」の無料診断を受けてみた

参照:「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

参照:ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

参照:評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

THEO(テオ)(10万円から)

あと、他のロボアドバイザーサービス「テオ」にも10万円入金してみました。こちらの実績も随時更新していきます。

参照:ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の無料診断から登録&口座開設までの手続きまとめ

なお、ロボアドバイザーも万能でないことは知っておきましょう。

ということで、89年生まれの僕が取り組んでいる資産運用の報告でした。

ソーシャルレンディングに追加投資

あと、いくつかのソーシャルレンディングも新たに使ってみました。それらは以下の記事にまとめているのでご参考に。

クラウドクレジットへ10万円

参照:クラウドクレジットのサイト登録&口座開設、入金までの流れ

参照:クラウドクレジットで東欧金融事業者支援ファンドに投資する方法(利回り、リスクなど)

記事一覧:クラウドクレジット

maneo(マネオ)へ10万円

参照;ソーシャルレンディング「maneo」で登録&口座開設するまでに必要な作業

参照:ソーシャルレンディング「maneo(マネオ)」の口座に入金する方法と反映されるまでの時間

参照:「maneo」でLCレンディングセレクトファンド68号に10万円投資してみた

記事一覧:maneo(マネオ)

クラウドファンディング型の不動産投資へ10万円

参照:【ソーシャルレンディング】クラウドファンディングで不動産投資ができる「OwnersBook」の登録方法から口座開設&入金までの手続きまとめ

参照:Owners Bookにて「豊島区オフィス第1号ファンド」へ10万円投資しました

記事一覧:OwnersBook(オーナーズブック)

ソーシャルレンディング大手で10万円投資

業界大手のSBIソーシャルレンディングにも投資し始めました。

こちら、サイトが使いづらいのでご注意を。ファンドは担保付きで低リスクのものがあるのが特徴です。

参照:SBIソーシャルレンディングでファンドへの投資申請し、指定口座に入金する方法とかかる期間

参照:SBIソーシャルレンディングで投資家登録&本人確認キー入力までの作業とかかる時間まとめ

記事一覧:SBIソーシャルレンディング

参照;ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

FXが気になる人は基礎を学んでみる

僕は基本的に長期分散投資をしていくわけですが、中にはFXなどに興味がある方もいるはずです。そういった方は、まずFXがなんなのか?など基礎的な知識をつけるといいですよ。

僕もFXはある程度勉強しましたが、これは自分に向いてないということでやめました。

最近だと、アプリでも無料でFXの基礎を学べるようになっているので、それらを使って勉強していくといいですね。

fx
(アプリの画面)

Androidアプリ>>初心者向けFXガイド

iOS(iPhone)アプリだとこんなのもあります。

iphoneアプリでfxを学ぶ

FXの基礎を学びたい方はこちらもぜひ。

>>FXまるまる 漫画で学ぶ初心者向け入門ーiOSー

20代で始めた資産運用

20代で始めた資産運用
>>詳しく知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ