積み立て投資ならリバランスは不要?資産配分調整の適切なタイミングを知っておこう

本ブログで、積み立て投資のように長期的に資産を築いていく際は、資産配分が重要と述べてきました。

関連記事:投資信託のリスクはアセットアロケーションをベースに考える

資産配分、つまりアセットアロケーションが投資成果の8割を担うとも言われています。長期投資では、その配分を維持していく必要があります。それがリバランスでした。

関連記事:資産運用でお金を増やす方法としてモニタリングとリバランスを知っておく

しかし、今回紹介する積み立て投資におけるリバランスは、これまでと違うようなのです。ということで、『積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究』に登場するリバランスを紹介します。

積立投資を始めて2~3年はリバランスを考える必要はない

まず、衝撃的だったのがリバランス不要の期間があるということ。

感覚的な話になるが、積立を始めて2年程度は、毎月積み立てる金額によって投資の成果は影響を受ける。しかし、それ以降は、そのインパクトが平準化されていく。

そして「継続は力なり」というように、時間がたつほどに累積部分の部分の比率が高まる。  

したがって、乱暴ないい方をすれば、積立投資を始めて2~3年はリバランスを考える必要はない。注目すべき累積部分の比率が低いからだ。

新たに積み立てている部分のインパクトが抑えられ、残高が積み上がってきたら、その部分に対するリバランスを意識すればよい。

積み立て投資を始めて2~3年は、積み上がっている部分が少ないため、資産の比率を機にする必要がないんですね。これなら忙しい人でも継続できそうです。

こういった大雑把でも運用できるのが長期投資のいいところですよね。

資産配分に20%のズレが生じたらリバランスを

また、実際のリバランスも当初の資産配分に20%のズレが生じてからでいいというのです。

自分で考えてポートフォリオを組んでいる投資家の場合、途中で大きく相場が変化して資産配分が変わったら、機動的にリバランスをしてもいいだろう。私自身はポートフォリオの基本配分(基準値)に20%のズレが出たら、リバランスのシグナルとみている。  

この「20%」は過去の実例を多数検証した結果によるものだ。

ただし、20%というのは「日本株式」と「海外株式」のように2つの資産に投資する場合です。他に投資する資産がある場合、判断材料となる数字は20%になるとは限りません。

ただし、投資する資産が3つなら15%のズレでリバランスを

「日本株式」「先進国株式」「新興国株式」のように資産が3つになると、リバランスすべきか判断する割合は15%程度だそうです。

ポートフォリオの抱える資産が3つになると、資産が2つのときに比べて、比率に大きなズレが出にくくなる。3つの資産でポートフォリオを組んで、基準値が33.3%ずつの場合、基準値から20%も開いたら、相場は相当変化していることになる。

したがって、3つの資産に等分に配分する場合は、10~15%程度ズレたら、積み上がった部分のリバランスを検討してもいいだろう。

こうした数字は特に決まっているわけではなく、資産の数によって変わります。これは、積み立て投資の経験と学習の中で経験値を貯めていくしかなさそうですね。

積み立て投資において細かいリバランスは必要無い

リバランスの結論として、著者は以下のように述べています。

ポートフォリオの基本配分に従って積立投資を実行しているかぎり、定期的な細かいリバランスの必要は、ほとんどない。リバランスは基準値から20%を超える大きなズレが出たときに考えれば足りると思う。

また、その機会もめったにないだろう。したがって「ポートフォリオの基本配分そのものを変えようと思うときまで、リバランスの機会はあまりない」といえる。

また、リバランスのタイミングは「出産」「退職」など人生の節目で行えばいいとも述べています。実際、定期的なリバランスによって大きな効果を得られた事例も無いようです。

また、リバランスの頻度を高めれば、余計な売買コストや税金がかかりやすくなってしまうので、気にしすぎるのは良くないんだとか。

ですので、僕のように長期で積み立て投資を行う方は、それこそ「ほったらかし」レベルで積み立てて投資を行っていくのが良さそうです。

それではまた!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

20代で始めた資産運用

20代で始めた資産運用
>>詳しく知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ