>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

ハンガリーフォリント円取引でおすすめのFX会社は?今後の予想・見通しも

この記事では、ハンガリーフォリント/円(HUF/JPY)を取引できる「おすすめのFX会社」についてまとめていきます。

ハンガリーフォリント/円の特徴や注意点、今後の予想などを知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・ハンガリーフォリント/円を取引できる国内FX会社は3社

・ハンガリーフォリント/円は、価格が安い(1円以下)

ユーロに大きな影響を受ける

・取引量が少なく急変も起こりやすい

経済など不安要因が多く、今後も下落の可能性あり

ハンガリーフォリント/円は、ヒロセ通商での取引がおすすめです。

スプレッドが狭く、スワップポイント受け取りが多く有利に取引できます

キャンペーンがお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!30万円もらう /

ハンガリーフォリント(HUF/JPY)の特徴

まず、ハンガリーフォリントの特徴を解説します。

ハンガリーフォリントの特徴は金利が高いながら、信用格付けが高めなことです。

ハンガリーは政策金利が13.0%であり、2021年から利上げサイクルが続いていました。

a

それ以前は金利が0%〜1%でしたが、コロナ後の経済回復や高インフレを受け、金利が上がりました

ハンガリーはヨーロッパにあり、新興国ほどのリスクはないながら高金利なのが特徴です。

ハンガリーフォリント円の今後の予想

※高金利通貨との金利比較は以下の通りです

政策金利
ハンガリー 13%
トルコ 9%
メキシコ 10%
南アフリカ 7%

ハンガリーの信用格付けは悪くない

ハンガリーフォリント円の特徴

ハンガリーは格付け機関からの格付けが高めです。

S&Pからの評価はBBBで、見通しはネガティブ、投資適格級という格付けです。

ちなみに、他の高金利通貨との格付け比較は以下の通り。(BBB-以上が投資適格級です)

格付け S&P
BBB+ メキシコ
BBB ハンガリー
BBB-
BB+
BB 南アフリカ
BB-
B+ トルコ

※BB+以下がジャンク級と言われている国で、投資するにはリスクが高い国です。

高金利通貨と比べると、ハンガリーは格付けが高く、投資に値すると評価されています。

こう考えると、高金利なハンガリーフォリントはスワップポイント運用でも狙い目の通貨とも言えそうです。

ハンガリーフォリントはヒロセ通商で取り扱っているので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!30万円もらう /

EU、ユーロとの関係性が深い

a

ハンガリー(フォリント)はEU(ユーロ)の影響を受けるという特徴もあります。

ハンガリーはEU加盟国で、国内ではユーロを使わずハンガリーフォリントを使っています。

ただ、EU圏内の国ということでユーロと強い関係性があります

ハンガリーの輸出入のほとんどがEU圏内で完結しているので、フォリントはユーロに影響を受けます。

例えば、ユーロが買われるとフォリントも買われ、ユーロが売られるとフォリントも売られるという感じです。

つまり、ハンガリーフォリントの今後を予想する際は、ユーロの今後も考える必要があります。

大事なまとめ
ハンガリーフォリントの相場予想では、ユーロの状況も考える

ハンガリーフォリント/円の今後の予想@2022~2023

次に、ハンガリーフォリント/円の今後の予想をしていきます。

ハンガリーフォリント相場に影響を与えるのは「ハンガリーの経済、GDP」と「実質金利」、「EUの状況」です。

まず、ハンガリーの経済は良くない状態で、2021年からの経常収支は赤字です。

a

また、GDP成長率も低く、最近では成長率がマイナスになっています

こうした状況ですから、ハンガリーフォリントの対ドル相場では大きく下落しています。

ハンガリーフォリントの対ドル相場

対円相場でも2022年の年初からは下落しており、ドル円の強烈な上昇をかき消すほどに、フォリントの対ドル相場では下落しています

ハンガリーフォリント円の価格推移とチャート

このように、ハンガリーフォリントは下落しやすい材料がそろっています。

実質金利にも不安あり

ハンガリーフォリントは実質金利という点でも下落要因があります。

「政策金利 – インフレ率」で求められる実質金利が、ハンガリーでは現時点-8.1%でマイナスです。

これは日本やアメリカの実質金利より大きくマイナスになっています。

実質金利がマイナスということは、ハンガリーフォリントを持っていると、その価値がマイナスになり損をするということ。

実質金利がマイナス.png

そんな通貨を保有したい人はいませんから売り材料となり、ハンガリーフォリント安になりやすいです。

ロシアの紛争もフォリントの下落要因

また、ロシアのウクライナ侵攻などもヨーロッパの不安材料であり、フォリント安の原因です。

今後もロシアの問題は大きく影響しそうで、いろんな要因でハンガリーフォリントには不安があります

2023年以降もフォリントにとって厳しい状況は続きそうで、フォリント安で考えておくのが妥当と言えそうです。

予想についてはFX会社のものも参考になるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!30万円もらう /

【比較一覧】スプレッド、スワップポイント

次に、ハンガリーフォリント/円を取引できるFX会社を紹介します。

取引単位やスプレッド、スワップポイントをチェックしましょう!

FX会社 スプレッド スワップポイント 最小取引単位
ヒロセ通商 0.62~0.78銭 買:2円
売:-10円
1000通貨
IG証券 0.8銭 買:2円
売:-20円
1000通貨
サクソバンク証券 変動制 買:0円
売:-30円
10,000通貨

※スワップポイントは2022年12月5日時点、100,000通貨あたりの1日での受け取り量です

スプレッドは0.6銭前後、スワップポイントは受け取りで0〜2円ほどです。

取引単位は1000通貨だと、14円くらいから取引を始められます

キャッシュバックなどの条件も含めると、ヒロセ通商がお得でおすすめなので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!30万円もらう /

ハンガリーフォリントを取引する際のおすすめFX会社

次に、ハンガリーフォリント/円の取引ができるおすすめFX会社を紹介します。

以下の2社が特におすすめなので、特徴をまとめます。

おすすめ
・ヒロセ通商

・IG証券

ぜひ参考にしてください。

ヒロセ通商

まず、ハンガリーフォリント/円ではヒロセ通商がおすすめです。

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 買:2円、売:-10円
スプレッド
ドル円
0.62~0.78銭
キャッシュバック 10万円
取引通貨単位 1000通貨

ヒロセ通商はスプレッドが最狭水準で、約定力も高く有利にトレードできます。

1000通貨から取引でき、最大レバレッジなら14円でも取引できます

スワップポイントも高水準で、取引ツールも使いやすく、スマホアプリもあり、かんたんにニュースチェックもできます。

10万円のキャッシュバックもお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!30万円もらう /

ヒロセ通商の評判などは以下の記事でチェックしてください。

IG証券

ハンガリーフォリント/円の取引では、IG証券もおすすめです。

IG証券

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 買:2円、売:-20円
スプレッド 0.8銭
キャッシュバック 5万円
取引通貨単位 1000通貨

IG証券でもスプレッドが最狭水準で、コスト最安レベルで取引できます。

また、プロによる相場予想があり、分析が難しい時に参考にできます。

こちらもでもキャッシュバックキャンペーンがあり、5万円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!6万円もらう /

IG証券の評判などは以下の記事でチェックしてください

ハンガリーフォリントで為替取引するときの注意点

次に、ハンガリーフォリント/円での注意点も紹介します。

以下の点を覚えておきましょう。

注意点
流動性が低く急変しやすい

・欧州時間に取引が活発化

今後も下落圧力が加わりやすい

流動性が低く急変しやすい

ハンガリーフォリント/円は、マイナーな通貨ペアで世界的にそれほど取引されておらず、取引量が少ないです。

なので、売買のバランスに少しでも偏りが生じれば、相場が急変しやすくなります。

結果、値動きが荒くなりリスクが高まってしまいます

なので、ハンガリーフォリント/円で取引する際は、リスクを抑えるためにレバレッジをおさえましょう。

レバレッジ7倍以上で取引していると、ロスカットで損をする可能性があるので、無理は禁物です。

また、取引量の少ない通貨ではスプレッドも広がりやすく、スリッページも発生しがちなので、注意です。

欧州時間に取引が活発化

ハンガリーフォリントはユーロの価格に連動しやすいので、取引をする際には欧州時間に注目しておきましょう。

欧州時間はヨーロッパの投資家がFXをできるようになる時間帯で、欧州地域での通貨の取引が増えます。

ユーロやポンドに加えて、ハンガリーフォリントの取引量も増えるので値動きが大きくなりやすいです。

特に、参加者の多いロンドン市場が開く16時には値動きが大きくなりやすいので、注意しておくといいです。

ハンガリーフォリント/円は取引量が少なく、ちょっとの動きで大きく変動しやすいので、この時間に取引する際は警戒しましょう。

また、ニューヨーク時間が開く21時からも値動きが大きくなりやすいことも覚えておくといいです。

今後も下落圧力が加わりやすい

ハンガリーフォリント/円では、紹介してきた要因から今後も下落の可能性が高いです。

金利を上げながらも、財政収支などに不安があって売られ、フォリント安になっています。

これはトルコリラの状況と似ていて、フォリントには新興国通貨のような不安があると市場から見られています。

高金利という理由で安易に買うと損をする可能性もあるので、この点にも注意です。

【まとめ】ハンガリーフォリントの最新見通し

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・ハンガリーフォリント/円は、価格が安い(1円以下)

ユーロに大きな影響を受ける

・取引量が少なく急変も起こりやすい

経済など不安要因が多く、今後も下落の可能性あり

ハンガリーフォリント/円は、ヒロセ通商での取引がおすすめです。

スプレッドが狭く、スワップポイント受け取りが多く有利に取引できます

キャンペーンがお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!30万円もらう /
関連記事