>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【億り人が解説】バイナリーオプションのチャートの見方!初心者OKの分析方法

この記事では、バイナリーオプションでのチャートの活用方法、予想方法を紹介します。

チャートでテクニカル分析をし、正確な予想をして成績アップを狙いたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・バイナリーオプションではFXのような細かい値動きは気にしなくていい

・ただ、利益を出すためにもチャート分析は必要

・チャート分析ではローソク足を見るのが基本(予想で役立つ)

移動平均線などのインジケーターを活用すると便利

・今後は、トレンド継続か転換かを見極めよう

チャート分析をやるにはみんなのFXが便利で、ここでは予想で役立つツールがそろっています。

みんなのオプションというバイナリーオプションもあるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

バイナリーオプションのチャートの見方

まず、バイナリーオプションのチャート分析で使える基本的なツールを見ていきます。

今後の値動き予想で役立つので参考にしてください。

ローソク足

バイナリーオプションでチャート分析

まず、チャート分析で使う基本的なものはローソク足です。

ローソク足とは、「ある期間内の為替レートの動き」をあらわしたもの

以下のように各部分に名前がついており、それぞれに意味があります。

たとえば、日足のローソク足を見ることで、その日1日の最安値や最高値がわかり、値動きの幅がわかります

また、陽線であれば強気相場と判断でき、陰線であれば弱気相場とわかります。

このように、通貨ペアの今の値動きの状態をぱっと見で理解できるのがローソク足です。

ローソク足の期間は短いものを使う

ローソク足は以下のようにいろんな時間軸があります。

種類
1分足・5分足・15分足・30分足

1時間足、2時間足、4時間足、8時間足

日足・週足・月足

それぞれの時間軸で見ることで、短期〜中期〜長期の予想ができます。

ただ、バイナリーオプションでは2時間以内に取引が終わるため、短い時間足で予測することが多いです。

具体的には1分足〜1時間足を使うのが一般的で、大局のトレンドを見る際は日足もチェックします。

自分が取引する時間軸に応じて、見る足を変えていくのが王道です。

バイナリーでも移動平均線を使う

移動平均線は、テクニカル・チャート分析の代表です。

移動平均線では、一定期間における終値の平均値の変化をチャート上にグラフで表しています。

今の相場が上昇トレンドにあるのか、下落なのかを把握しやすく

移動平均線の傾き(向きとその角度)でトレンドの勢いなどもわかります

※移動平均線の傾きが特に大事です

ボリンジャーバンド

バイナリーオプションでテクニカル分析

バイナリーオプションでは、ボリンジャーバンドも活用できます。

これは中心の移動平均線と、上下の±1σライン、±2σラインを使って分析します。

ボリンジャーバンド、移動平均線.png

±2σラインにローソク足(値動き)がおさまる確率は約99.5%で、±2σラインに達したら売買のタイミングとなります

下の方の-2σラインに達したら逆張りで買い、上の+2σラインに達したら売りのエントリーをします。

こちらも逆張りトレードで活用できます。

ボリンジャーバンドなどのチャート分析手法は以下の動画でもチェックしてください。

いま注文すべきかチャートから分析する方法

次に、バイナリーオプションで注文すべきか判断する方法を紹介します。

以下の分析方法を知っておくと、自信を持って注文しやすくなります。

分析方法
・ライン分析

・ゴールデンクロス、デッドクロス

・RSI

というわけで、それぞれ解説します。

ライン分析

まず、ラインを使った分析方法から解説します。

ラインを使った分析は、以下の3種類があります。

ラインの種類 ラインの説明
サポートライン 過去の最安値を結んだライン。底値になりやすい
レジスタンスライン 過去の最高値を結んだライン。天井になりやすい
三角保ち合い線 レンジ相場での最高値と最安値を結んだ線

それぞれ解説します。

サポートライン

サポートラインとは、下値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれ以上下落しにくいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、底値になりやすいポイントです。

過去に何度も安値として反発しているポイントで、今後も反発の可能性があるので、ラインまで押した時に円安のチケットを買う戦略があります。

サポートライン

ただ、サポートラインでローソク足が止まらず、そのまま下落してしまうこともあります。

その場合は、ローソク足がサポートラインを割ったタイミングで「円高チケットの買い」が1つの戦略です。

サポートラインを割った後は、その線(もともとサポートだった線)がレジスタンスラインに変わります。

レジスタンスライン

fxのレジスタンスライン

レジスタンスラインは、上値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれより上昇しづらいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、天井になりやすいポイントです。

このポイントでは円高チケットを買うのが1つの戦略

ただ、買いの強いニュース(上昇材料)があれば、レジスタンスラインを突き抜けることもあります。

突き抜けた後は、強い上昇トレンドになるので、円安チケットの買いが1つの戦略です。

三角保ち合い線

三角保ち合い線は、トライアングルともいい、三角形を形成し、値動きが小さくなった後に、大きく動く特徴があります。

値動きが小さくなっていき、収束しきった時がエントリーポイントです

この線を見ていれば、「長い間続いたレンジ相場が終わり、強いトレンドが発生するタイミング」がわかります。

価格が収束するほど、相場が大きなエネルギーを溜め込んで、最終的に一方向に大きく動きやすくなります

大きく動いたら、その方向にエントリーするのが定石です。

こちらも参考にしましょう。

ゴールデンクロス、デッドクロス

バイナリーオプションのチャートの見方

バイナリーオプションのテクニカル分析では、移動平均線をさらに活用できます。

わかりやすいのは「短期の移動平均線(オレンジ)」と「長期の移動平均線(緑)」を使ったゴールデンクロスとデッドクロスです。

「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を下抜けたら「今後下落のサイン」でデッドクロスと言います。

逆に、「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を上抜けたら「今後上昇のサイン」でゴールデンクロスと言います。

デッドクロスは円高チケットの買いタイミングです。

ゴールデンクロスは円安チケットの買いタイミングです。

これを知っておくと、バイナリーオプションで利益を狙えます。

RSI

バイナリーオプションでは、RSIもエントリーの判断として活用できます。

RSIでは買われ過ぎ、売られ過ぎの目安がわかり、逆張りトレードで参考にできます。

RSIは数値化されており、70以上で買われ過ぎ、30以下で売られ過ぎの目安です。

「70以上は買われ過ぎで下がりそうなので、円高チケットの買い」
30以下は売られ過ぎでが上がりそうなので、円高チケットの買い
が戦略です。

RSIは初心者の方でもわかりやすいので、覚えておきましょう。

チャート分析をするならPC・アプリの両方で高度なインジケータがある「みんなのオプション」がおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで405,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

バイナリーオプションで覚えるべきチャートパターン

次に、バイナリーオプションで覚えるといいチャートパターンを紹介します。

チャートは過去と同じ動きになりやすく、上昇・下落のパターンを知っておくと、取引で役立ちます。

これから紹介するものは特に役立つので、しっかり覚えておきましょう!

三尊(ヘッド&ショルダー)は下落のサイン

下降トレンドを知るのに役立つチャートの形が三尊です。(トレンド転換の目安になります)

人間の頭と肩に似ているため、ヘッド&ショルダーとも呼ばれます。

ここでは、3回目の高値をすぎたあとネックラインまで下げたら、円高チケットを買うのが1つの目安です

そして、「ネックラインから一番の高値までの値幅」くらいネックラインから下がったら大底の目安となります。

こんな感じで、下げトレンドで円高チケットを買って利益を出す際はこの形に注目するといいです。

逆三尊は上昇トレンドの始まり

三尊(ヘッド&ショルダートップ)の対となるのが、逆三尊(ヘッド&ショルダーボトム)です。

これは、三尊チャートの形と逆です。

3度安値がきて、そのあと再上昇した時が円安チケットを買うタイミング

a

これは上昇を予想し、円安チケットを買って利益を出したい時に使えます。

ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップとダブルボトムも相場予想で大事な形です。

a

まずダブルトップは、2つの山から形成されます。

山の間の安値を通る水平線がネックラインとなり、2つ目の山のあとにネックラインを抜けると下落トレンドになりやすくなります。

なので、ここが円高チケットの買いタイミングになります

ダブルトップも三尊と同じように、ネックラインから頂点までの幅を見れば、今後の下降幅を予測できます。

相場の大底では、これを上下逆転させたダブルボトムが見られると、上昇に転換するサインとなります。

バイナリーオプションのテクニカル手法

バイナリーオプションの見やすいおすすめチャートアプリ

次に、バイナリーオプションのチャート分析でおすすめのFX会社を紹介します。

おすすめはみんなのFX(オプション)で、こちらではスマホアプリでもチャートチェックや分析ができます

アプリからも移動平均線や予想で役立つインジケータなどを簡単に表示でき、分析がどこにいても、いつでもできます。

トレンドラインなども簡単にひけて、いろんな時間足でチャートをチェックできます

端末関係なく、Webブラウザからもチャート分析ができ、PC、タブレット、スマホに対応しています。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

▼みんなのオプションの評判については以下の記事をご参考ください。

【まとめ】バイナリーオプションのテクニカル分析手法

最後に大事な点をまとめます。

バイナリーオプションでは10分後〜30分後〜1時間後〜2時間後と短期での値動き予想をする必要があります。

その点がFXと違いますが、チャート分析でやることはあまり変わりません

バイナリーオプションはFXと違い、細かい値動きを機にする必要がなく、利確・損切りポイントも決めなくてOKです。

この点で、FXよりはややテクニカル分析の難易度は下がり、基本をおさえていれば予想もしやすいです。

分析はみんなのFXがしやすいので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

▼おすすめのバイナリーオプション業者については以下の記事をご参考ください。

関連記事