>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

ポーランドズロチ円取引でおすすめのFX会社は?今後の予想・見通しも解説

この記事では、ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)を取引できる「おすすめのFX会社」についてまとめていきます。

ポーランドズロチ/円の特徴や注意点、今後の予想などを知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・ポーランドズロチ/円を取引できる国内FX会社は6社

・ポーランドズロチ/円は、価格が安い

ユーロに大きな影響を受ける

・取引量が少なく急変も起こりやすい

インフレ率と利上げが値動きに影響する

ポーランドズロチ/円は、みんなのFXでの取引がおすすめです。

スプレッドが狭く、スワップポイント受け取りが多く有利に取引できます

当サイト限定のキャンペーンで405,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

ポーランドズロチの特徴を解説

まず、ポーランドズロチの特徴を解説します。

ポーランドズロチの特徴は金利が高いながら、信用格付けが高いことです。

ポーランドは政策金利が6.75%であり、2021年から利上げサイクルが続いていました。

a

コロナ後には金利が0%台まで下がりましたが、それ以前は2%以上の高金利を維持していました

ポーランドはヨーロッパにあり、新興国ほどのリスクはないながら高金利なのが特徴です。

政策金利
ポーランド 6.75%
トルコ 9%
メキシコ 10%
南アフリカ 7%

ポーランドの信用格付けが高い

ポーランドズロチ円の特徴

ポーランドは格付け機関からの格付けが高いです。

S&Pからの評価はA-で、見通しは安定的、投資適格級という格付けです。

ちなみに、他の高金利通貨との格付け比較は以下の通り。(BBB-以上が投資適格級です)

格付け S&P
A- ポーランド
BBB+ メキシコ
BBB
BBB-
BB+
BB 南アフリカ
BB-
B+ トルコ

※BB+以下がジャンク級と言われている国で、投資するにはリスクが高い国です。

高金利通貨と比べると、ポーランドは格付けが高く、投資に値すると評価されています。

こう考えると、高金利なポーランドズロチはスワップポイント運用でも狙い目の通貨とも言えそうです。

ポーランドズロチはみんなのFXで取り扱っているので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

EU、ユーロとの関係性が深い

a

ポーランド(ズロチ)はEU(ユーロ)の影響を受けるという特徴もあります。

ポーランドはEU加盟国で、国内ではユーロを使わずポーランドズロチを使っています。

ただ、EU圏内の国ということでユーロと強い関係性があります

ポーランドの輸出入のほとんどがEU圏内で完結しているので、ズロチはユーロに影響を受けます。

例えば、ユーロが買われるとズロチも買われ、ユーロが売られるとズロチも売られるという感じです。

つまり、ポーランドズロチの今後を予想する際は、ユーロの今後も考えると予想しやすくなります。

ポーランドズロチの相場予想では、ユーロの状況も考えましょう。

ポーランドズロチ/円の今後の予想@2022~2023

次に、ポーランドズロチ/円の今後の予想をしていきます。

ポーランドズロチ相場に影響を与えるのは「ポーランドの政策金利」と「EUの状況」です。

金利では、2022年にポーランドで利上げサイクルとなり、金利が上がって中期で上昇を続けてきました

ポーランドズロチ/円の今後の予想@2022~2023

ただ、ロシアのウクライナ侵攻などEUにとってネガティブなことも都度あり、一時はズロチ安にもなっていました。

このような感じで、金利やヨーロッパ周辺国での状況が今後もユーロズロチ相場に影響を与えそうです。

2023年はリスクオフ要因の方が相場に影響?

2022年はロシアのリスク要因よりも金利上昇の方がインパクトがあり、ズロチ円では上昇してきました。

また、ドル円相場もズロチ円の上昇に大きく影響しました。

ただ、2023年はこの傾向がなくなり、ロシアの不安要因の方が大きくなりそうです。

ポーランドでの利上げはなくなりそうですし、ドル円でも2022年のような強烈な上昇はなくなりそうです。

ポーランドズロチ円での最新見通し

つまり、ポーランドズロチ円での上昇要因は少なくなります。

ズロチ円は2023年に下落?

一方で、ロシアとウクライナの戦争はまだ終わらず、エネルギー問題などもEUにとってはネックになってきそうです。

2022年の2月に見られたような地政学リスクによるズロチ売り、ユーロ売りは十分想定できます。

2022年のような上昇相場をイメージしておくのは危険なので、こういった点を覚えておきましょう。

まとめると、2023年はズロチ円でやや弱みそうで、下落が想定されます。

予想についてはFX会社のものも参考になるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

【比較一覧】スプレッド、スワップポイント

次に、ポーランドズロチ/円を取引できるFX会社を紹介します。

取引単位やスプレッド、スワップポイントをチェックしましょう!

FX会社 スプレッド スワップポイント 最小取引単位
みんなのFX 1.9銭 買:41円
売:-41円
1000通貨
SBI FXトレード 1.9銭 買:40円
売:-50円
1通貨
LIGHT FX 2.0銭 買:40円
売:-40円
1000通貨
ヒロセ通商 6.5銭 買:16円
売:-55円
1000通貨
サクソバンク証券 変動制 買:13円
売:-52円
10,000通貨
岡三オンライン証券 変動制 買:13円
売:-53円
10,000通貨

※スワップポイントは2022年12月5日時点、10,000通貨あたりの1日での受け取り量です

スプレッドは2銭前後、スワップポイントは受け取りで0〜5円ほどです。

取引単位は1000通貨だと、1200円くらいから取引を始められます

キャッシュバックなどの条件も含めると、みんなのFXがお得でおすすめなので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

ポーランドズロチを取引する際のおすすめFX会社

次に、ポーランドズロチ/円の取引ができるおすすめFX会社を紹介します。

以下の2社が特におすすめなので、特徴をまとめます。

おすすめ
・みんなのFX

・SBI FXトレード

ぜひ参考にしてください。

みんなのFX

まず、ポーランドズロチ/円ではみんなのFXがおすすめです。

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 買:41円、売:-41円
スプレッド
ドル円
1.9銭
原則固定
キャッシュバック 40.5万円
取引通貨単位 1000通貨

みんなのFXはスプレッドが最狭水準で、約定力も高く有利にトレードできます。

1000通貨から取引でき、最大レバレッジなら1200円でも取引できます

スワップポイントも高水準で、2022年12月現在なら、買いポジション10万通貨の保有で年間149,650円ほどの利益も期待できます。

取引ツールも使いやすく、スマホアプリもあり、かんたんにニュースチェックもできます。

当サイト限定のキャンペーンで405,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

みんなのFXの評判などは以下の記事でチェックしてください。

SBI FXトレード

ポーランドズロチ/円の取引では、SBI FXトレードもおすすめです。

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 買:40円、売:-50円
スプレッド 1.9銭
原則固定
キャッシュバック 5万円
取引通貨単位 1通貨〜

SBI FXトレードでもスプレッドが最狭水準で、コスト最安レベルで取引できます。

また、AIによる相場予想があり、分析が難しい時に参考にできます。

提示レートが小数点以下4ケタの表示になっていて、価格があまり動かないレンジ相場でも利益を上げやすいです。

こちらもでもキャッシュバックキャンペーンがあり、5万円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5万円もらう /

SBI FXトレードの評判などは以下の記事でチェックしてください

ポーランドズロチで為替取引するときの注意点

次に、ポーランドズロチ/円での注意点も紹介します。

以下の点を覚えておきましょう。

注意点
流動性が低く急変しやすい

・欧州時間に取引が活発化

政策金利が相場に影響する

流動性が低く急変しやすい

ポーランドズロチ/円は、マイナーな通貨ペアで世界的にそれほど取引されておらず、取引量が少ないです。

なので、売買のバランスに少しでも偏りが生じれば、相場が急変しやすくなります。

結果、値動きが荒くなりリスクが高まってしまいます

なので、ポーランドズロチ/円で取引する際は、リスクを抑えるためにレバレッジをおさえましょう。

レバレッジ7倍以上で取引していると、ロスカットで損をする可能性があるので、無理は禁物です。

また、取引量の少ない通貨ではスプレッドも広がりやすく、スリッページも発生しがちなので、注意です。

欧州時間に取引が活発化

ポーランドズロチはユーロの価格に連動しやすいので、取引をする際には欧州時間に注目しておきましょう。

欧州時間はヨーロッパの投資家がFXをできるようになる時間帯で、欧州地域での通貨の取引が増えます。

ユーロやポンドに加えて、ポーランドズロチの取引量も増えるので値動きが大きくなりやすいです。

特に、参加者の多いロンドン市場が開く16時には値動きが大きくなりやすいので、注意しておくといいです。

ポーランドズロチ/円は取引量が少なく、ちょっとの動きで大きく変動しやすいので、この時間に取引する際は警戒しましょう。

また、ニューヨーク時間が開く21時からも値動きが大きくなりやすいことも覚えておくといいです。

政策金利が相場に影響する

ポーランドズロチ/円では、ポーランドと日本の政策金利が相場に影響します。

日本は10年以上ゼロ金利のままですが、その間にノルウェーでは金利が大きく変わり、相場に影響を与えています。

2022年のようにポーランドで金利が上がるタイミングでは、ズロチ円が上昇しています

一方で、リーマンショック後やコロナショック後のようにポーランドで金利が下がると、ズロチ円は下落しやすいです。

このような影響があるので、金利には注目しておく必要があります。

2023年の日銀総裁の交代に注目

今後はポーランドでの利上げは考えにくいですし、2023年には日本で日銀総裁の交代があります。

交代のタイミングで日銀が利上げをする可能性もあり、これまでのズロチ円での上昇相場からトレンドが変わることも考えられます。

ポーランドズロチ円では、2国の金利差に注目しておきましょう

【まとめ】ポーランドズロチの最新見通し

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・ポーランドズロチ/円は、価格が安い

ユーロに大きな影響を受ける

・取引量が少なく急変も起こりやすい

インフレ率と利上げが値動きに影響する

ポーランドズロチ/円は、みんなのFXでの取引がおすすめです。

スプレッドが狭く、スワップポイント受け取りが多く有利に取引できます

当サイト限定のキャンペーンで405,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /
関連記事