>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

スウェーデンクローナ円取引でおすすめのFX会社は?今後の予想・見通しも

この記事では、「スウェーデンクローナ/円(SEK/JPY)を取引できるFX会社」についてまとめていきます。

最近は、スウェーデンクローナ/円を取り扱うFX会社が増えています。

通貨としての特徴を知りたい方、取引するならどのFX会社がおすすめかを知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・スウェーデンクローナ/円を取引できるのは7社

・スウェーデンクローナは価格が安く、値動きも安定

ユーロ危機の際には退避先の通貨になり、買われやすい

・欧州時間に取引が活発化する

・今後は利上げで、スウェーデンクローナ高も想定

スウェーデンクローナ/円でおすすめは、みんなのFXです。

スプレッドが1.9銭固定と狭く、スワップポイントも高水準、さらに1,000通貨から取引できるので少額投資も可能です。

当サイト限定のキャンペーンで405,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

スウェーデンクローナの取引ができるFX会社一覧

まず、スウェーデンクローナ/円の取引ができるFX会社一覧を紹介します。

スプレッドやスワップポイントを以下の表にまとめたので、チェックしてください。

FX会社 スプレッド スワップポイント 最小取引単位
みんなのFX 1.9銭 買:2円
売:-2円
1000通貨
SBI FXトレード 1.9銭 買:2円
売:-3円
1通貨
LIGHT FX 2.0銭 買:2円
売:-4円
1000通貨
ヒロセ通商 2.1銭 買:2円
売:-6円
1000通貨
外為ドットコム 2.4銭 買:1円
売:-8円
1000通貨
JFX 2.2銭~3.9銭 買:1円
売:-2円
10,000通貨
サクソバンク証券 変動制 買:2円
売:-12円
10,000通貨

※スワップポイントは2022年11月18日時点、10,000通貨あたり1日分の金額

スプレッドは2銭前後、スワップポイントは受け取りで0〜2円ほどです。

取引単位は1000通貨だと、500円くらいから取引を始められます

キャッシュバックなどの条件も含めると、みんなのFXがお得でおすすめなので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

スウェーデンクローナの取引ができるおすすめFX会社

次に、スウェーデンクローナ/円の取引ができるおすすめFX会社を紹介します。

以下の2社が特におすすめなので、特徴をまとめます。

おすすめFX会社
・みんなのFX

・SBI FXトレード

ぜひ参考にしてください。

みんなのFX

まず、スウェーデンクローナ/円ではみんなのFXがおすすめです。

トレイダーズ証券 みんなのFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 買:2円、売:-2円
スプレッド
ドル円
1.9銭
原則固定
キャッシュバック 40.5万円
取引通貨単位 1000通貨

みんなのFXはスプレッドが最狭水準で、約定力も高く有利にトレードできます。

1000通貨から取引でき、最大レバレッジなら500円でも取引できます

スワップポイントも高水準で、2022年11月現在なら、買いポジション10万通貨の保有で年間7,000円ほどの利益も期待できます。

取引ツールも使いやすく、スマホアプリもあり、かんたんにニュースチェックもできます。

当サイト限定のキャンペーンで405,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

みんなのFXの評判などは以下の記事でチェックしてください。

SBI FXトレード

スウェーデンクローナ/円の取引では、SBI FXトレードもおすすめです。

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 買:2円、売:-3円
スプレッド 1.9銭
原則固定
キャッシュバック 5万円
取引通貨単位 1通貨〜

SBI FXトレードでもスプレッドが最狭水準で、コスト最安レベルで取引できます。

また、AIによる相場予想があり、分析が難しい時に参考にできます。

提示レートが小数点以下4ケタの表示になっていて、価格があまり動かないレンジ相場でも利益を上げやすいです。

こちらもでもキャッシュバックキャンペーンがあり、5万円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5万円もらう /

SBI FXトレードの評判などは以下の記事でチェックしてください

スウェーデンクローナ(SEK/JPY)の特徴

次に、スウェーデンクローナ/円の為替相場の特徴をまとめます。

以下の特徴を覚えておきましょう。

特徴
価格が安い

安定した値動き

・ユーロが大きな値動き要因

それぞれ解説します。

価格が安い

スウェーデンクローナ/円の特徴

スウェーデンクローナ/円は1通貨あたりの価格が安く、少額から投資できます。

ドル円は1ドル140円ほどですが、スウェーデンクローナは1通貨の価格が13円です。

米ドルと比べると、1/10以下で、気軽に少額取引ができます

現在レート13.23円で1000通貨から取引をする場合、レバレッジ25倍だと500円ほどでも取引を始められます

レバレッジ3倍以下に抑えても、4000円ほどでFXを始められて気軽です。

まずお試しでFXを始めたい人にも向いてる通貨ペアです。

安定した値動き

ループイフダンで豪ドル

スウェーデンクローナ/円は値動きが安定しているのも特徴です。

マイナー通貨ながら、トルコリラ円のような荒い値動きをせず、落ち着いておりリスクを抑えられます。

2022年の動きをみても、その価格はほぼ12〜13円台での推移となっています

過去には、リーマン・ショックやコロナ・ショックで急落したこともありますが、1990年代以降、価格が10円台を割ったことはありません

スウェーデンクローナ/円の価格推移、予想

以下のファンダメンタルズからも暴落は想定しづらく、今後も安定した値動きを期待できます。

スウェーデンの状況
・21世紀に入ってから、貿易輸出額も右肩上がりに伸びている

ほぼ毎年2〜5%のGDP成長率を維持している

世界的な有名企業IKEAやH&Mもあり、外国からの資金流入も見込めます。

ユーロが大きな値動き要因

スウェーデンクローナ/円の最新予想と見通し

スウェーデンクローナ/円では、ユーロの動きが関わってくるので注意です。

スウェーデンはEU加盟国ながらユーロを採用していませんが、その影響が相場に出ます。

たとえば、ユーロ危機があればユーロが売られ、退避先としてスウェーデンクローナが買われます

ユーロのリスクが高まってくると、より安全な資産を求めて投資家がスウェーデンクローナを買うようになります。

特に、ギリシャ危機のようにユーロを導入している国で問題が起きるとユーロが売られ、クローナが買われやすくなります

他にもユーロに関係する政策金利やインフレ率などの経済指標を見ておきましょう。

スウェーデンクローネに投資する際の注意点

次に、スウェーデンクローナに投資する際の注意点を紹介します。

以下の3つを覚えておきましょう。

注意点
・欧州時間に動きやすい

・政策金利に注目

・国内外の政治情勢が影響する

それぞれ解説します。

欧州時間に動きやすい

スウェーデンクローナ/円の注意点とリスク

スウェーデンクローナはユーロの価格に連動しやすいので、取引をする際には欧州時間に注目しておきましょう。

欧州時間はヨーロッパの投資家がFXをできるようになる時間帯で、欧州地域での通貨の取引が増えます。

ユーロやポンドに加えて、スウェーデンクローナの取引量も増えるので値動きが大きくなりやすいです。

特に、参加者の多いロンドン市場が開く16時には値動きが大きくなりやすいので、注意しておくといいです。

スウェーデンクローナ/円は取引量が少なく、ちょっとの動きで大きく変動しやすいので、この時間に取引する際は警戒しましょう。

また、ニューヨーク時間が開く21時からも値動きが大きくなりやすいことも覚えておくといいです。

政策金利に注目

スウェーデンクローナ/円では、今後スウェーデンと日本の政策金利にも注目しましょう。

2国の金利で為替相場が大きく動くかもしれないからです。

スウェーデンは直近で政策金利を0%から1.75%まで上げており、これがクローナ/円での上昇要因となっています

スウェーデンクローナ/円の2022~2023年予想

日本はゼロ金利を維持したままなので、金利差でクローナ高・円安になっています

今後も日本が利上げせず、金利差が拡大していけば、さらにクローナ高・円安になる可能性もあります。

これはとても大事な要因なので、2つの国の政策金利は絶対に見ておきましょう。

政策金利が上がるかどうかは国内のインフレ率も関わってくるので、この2つの指標を見ておくといいです。

基本的にインフレ率が上がると、金利を上げ、その国の通貨がお得ということで買われやすくなります。(上昇要因になる)

日銀の新総裁の政策に注目

日本で見ると、2023年4月に日銀の黒田総裁の任期が終わり、こちらが重要なイベントになります。

a

総裁交代後は、新総裁が利上げする予想も出てきており、これまでの相場の様子が変わるかもしれません

今後は円高になる可能性もあるので、2つの国の中央銀行の政策は要チェックです。

国内外の政治情勢が影響する

a

スウェーデンクローナ/円では、スウェーデンの国内外の情勢にも注意しましょう。

政治的リスク、地政学リスク、経済リスクなどがあれば、下落の要因にもなります。

直近では経済リスクがややあります

2022年からスウェーデン国内でインフレが加速しており、物価が上がり景気に影響が出ています。

a

国立経済調査研究所(NIER)は、9月28日に来年の経済成長率を-0.1%となる見込みを発表しました

このように、経済の面でスウェーデンには不安があります。

移民やロシアの問題も影響

また、これまで進めてきた移民政策が犯罪数の増加などで社会問題化しており、政治的なリスクもあります。

さらに、ロシアのウクライナ侵攻もスウェーデンに大きく影響しています。

スウェーデンはフィンランドとともにNATOへ加盟を申請しており、こちらも情勢次第では対外的な緊張が高まっていく可能性があります

移民政策やウクライナ戦争の状況次第では、地政学・政治リスクが高まるので注意が必要です。

【スウェーデンクローナ/円まとめ】2022~2023年を予想

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・スウェーデンクローナは価格が安く、値動きも安定

ユーロ危機の際には避難通貨になり、買われやすい

・欧州時間に取引が活発化する

・今後は利上げで、スウェーデンクローナ高も想定

スウェーデンクローナ/円でおすすめは、みんなのFXです。

スプレッドが1.9銭固定と狭く、スワップポイントも高水準、さらに1,000通貨から取引できるので少額投資も可能です。

当サイト限定のキャンペーンで405,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /
関連記事