【評判】ウェルスナビの運用実績(成績)を公開!自動積立10万円で損失は出る?デメリットは?

ウェルスナビの画面
(ウェルスナビの画面)

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

この記事では、知識不要でほったらかし投資ができるロボアドバイザー「ウェルスナビ」の機能と運用成績を詳しく書いていきます。

ネットでは、「いい感じに増えている」などポジティブな評判を聞くので、真実を検証していきます(報道ステーションでも特集されました!

「テレビCMや雑誌、新聞でウェルスナビを知ったけど、本当に儲かるの?」と思ってる方は参考にしてみてください

【結論】1番おすすめの「ほったらかし投資(資産がかなり増えてます)」

僕の場合、かなり高いパフォーマンスが出ています。

以下、これまでの成績推移です。(グラフの通り、順調に資産が増えてます

スクリーンショット 2018 07 03 16 43 55
ウェルスナビ運営会社の柴山社長は財務省出身とかなりのエリート

老後が不安ならウェルスナビを

かなり成績優秀なので、投資初心者、老後の資産をつくりたい人にはウェルスナビが超オススメです。

あと、ウェルスナビのサイトでは運用で増えるお金を試算できるので、それだけでもチェックしておくといいですよ。

スクリーンショット 2018 07 03 16 37 13
(実際に運用を始める場合は、右の「口座開設」からどうぞ)

無料で試算してみる>>ウェルスナビのサイト

【随時更新】実績の推移

以下、ウェルスナビの最新実績。

・2017年3月運用開始(元本100万円、毎月1万円積立)
・3月30日:2898円増加(トータルで100万2898円)

4月30日:17634円増加(トータルで101万7634円)
・5月30日:31675円増加(トータルで104万1675円)

・6月21日:40767円増加(トータルで106万767円)
7月28日:64,408円増加(トータル・積立込みで109万4,408円)

ウェルスナビの画面
(ウェルスナビの運用イメージ)

なんと利回り+12%を突破!

・8月27日:44,105円増加(元本含めて、資産は110万4,105円に。8月は海外の情勢が不安定で落ち込みましたが、それを抜けて9月15日はプラス8万円に

9月27日:86,377円増加(元本含めて、資産は117万6,377円に。+7.92%の伸び)

・10月、運用成績がいいので積立額を5万円に増額
・10月29日:12万9,417円増加(+11.55%)。元本含め、資産は1,250,245円に

・11月30日:+12万3,991円(+10.74%)。元本含め、資産は127万8669円に。
・12月30日:+15万3,000円(+12.67%)。元本含め、資産は136万578円に

2018年からの利益(儲け)

・2018年2月1日、+16万7,982円(+13.32%)。元本含め資産は142万8,760円に

・2018年3月6日、+6万2,238円、+4.39%)。元本含め資産は147万8,916円に

・4月2日、+5万5201円(+3.90%)。資産は¥147万1,879円に。
・5月2日、+10万6,796円(+7.03%)。資産は162万6274円に。

2018年後半もしっかりプラス

・6月1日:+9万5,140円(+5.86%)。資産は171万8,018円に。
・7月2日:+10万766円(+5.84%)。資産は1,826,844円に。ドル建てだと、$16,499.69(+5.45%)

3月、4月で成績が下がったのは株式市場全体が暴落したからです。そこで一時的に含み益は減りましたが、その後は回復して、資産が増え続けています

>>【無料】運用で増えるお金をシミュレーションする

初心者でも楽に資産を増やしていける

貯金してても、お金が全然増えない時代に、「ほったらかし」&「知識不要」でこれだけ増えるのはすごいですよね

投資素人の時に始めてこの結果ですから、初心者にとってかなり優しいサービスとわかります

他のユーザーからはこんな声も聞かれました。

こんな感じで、かなり良いサービスなので、毎月の積立金を1万円から10万円に増やしました。

>>【朗報】今ならウェルスナビの口座開設で1,000円もらえる!&2ヶ月分の手数料もキャッシュバック中!

現金プレゼント期間中に始めよう

さらに今だと、キャッシュバック&現金プレゼント期間中なので、お得に始められます。

スクリーンショット 2018 07 03 16 37 06

これは僕のサイトから申し込んだ場合だけ適用されるので、お得にウェルスナビを始めたい方は以下の記事からどうぞ

>>【朗報】今ならウェルスナビの口座開設で1,000円もらえる!&2ヶ月分の手数料もキャッシュバック中!

積立を途中でやめることも可能

なお、積立金は簡単に増やしたり、減らしたりできます。(ボーナス月だけの積立設定も可能)

もちろん、積立の一時停止、再開もできます。(僕は毎月10万円積み立てしています)

>>ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

30年の運用で1億円を超える可能性も

ちなみに、僕の将来増えるお金の試算は以下の通り。

スクリーンショット 2018 03 06 10 33 07

このまま毎月10万円を29年運用したら、元本 3,627万円で1億円超えも可能なのです

おすすめ>>増えるお金を試算できる「WealthNavi(ウェルスナビ)」の無料診断を受けてみた

※僕は診断してからお金についてイメージできるようになり、投資を始められました(結果、儲かってます

自分にぴったりなプランを知るための診断

診断は自分にぴったりな運用プランを把握するために利用します。

診断の中で、年齢、どれくらいリスクをとって運用するか、運用目的(老後資金づくり)を回答し、

ロボにぴったりなプランを提案してもらいます

攻めたプランで運用しても利益出てます

僕のプラン(資産配分、買うべき商品)は以下のような感じでした。(リスク許容度5で、株式多めの攻めたプラン)

ウェルスナビで提案された資産配分
(20代なら、リスク許容度MAXの5でOK。実際それで利益出てますし)

このように、無料診断によって、資産配分、買うべき商品を自動で決めてもらえます

通常の投資だと、これらを自分で決めないといけず大変ですが、ウェルスナビならその手間が不要なのです。

>>ウェルスナビのサイト

あと、預かり資産も増えていて、ユーザーからの信頼度も上がってますね。

他のユーザーの評判、口コミ

では、第三者の意見もチェックしてみましょう。

このように、ポジティブな口コミが多いです。

というわけで、他のユーザーの声が見たい方はサイトからどうぞ。

>>サイトでユーザーの感想を見る

ウェルスナビについてもっと詳しく知る

前述しましたが、ウェルスナビは長期でお金を増やすことを目的としており、1週間のような短期で結果を見るのは無意味です。

また、相場全体が下落したら一時的に元本割れする(損失を出す)ことだってあります。

なので、そういった損失リスク(デメリット)も把握した上で利用しましょう。

長期保有すれば、一時的にマイナスになっても大丈夫。その後、資産を増やしていけます

短期の成績でなく10年単位で評価する

僕の場合、始めて数日後はマイナスになりましたが、それ以降はずっとプラスで推移しています。

あと、投資期間は最低でも10年以上と考えた方がいいです。(公式でも10年〜20年と説明しています)

その理由は、長期運用すれば低リスクで資産を増やしていけるからです。

長期運用によって、誰だって億万長者になれるんですね。

なので、「一時的な損失は全く気にする必要がない、むしろ割安で買うチャンス(バーゲンセール)」と理解しておきましょう。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

長期投資なら、金融危機などの一時的な落ち込みも気にする必要がない

ちなみに、僕は30年の長期運用を考えています。

そう考えるようになった背景は以下の記事にまとめてます。

>>「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

本記事では、セミナーの概要のみ書きます。

長期の積み立て投資は回復力がある

以下、セミナーで語られた要点です。

・世界中の資産に分散投資するのが大事(リスク分散)

逆の値動きをする資産(株と債券)を組み合わせて買えば、リスク分散できる

不況の時に値下がりする「株式」を持っていても、同じタイミングで値上がりする「債券」をもっていれば、トータルでプラスにできる

スクリーンショット 2017 08 08 11 45 23  1

商品の価値が値下がりした時は、割安な値段で買い込むチャンス(バーゲンセールと同じ発想)

>>【朗報】今ならウェルスナビの口座開設で1,000円もらえる!&2ヶ月分の手数料もキャッシュバック中!

出金手数料は無料、出金タイミングはいつでもOK

なお、増えたお金を自分の銀行口座に引き出したいと思ったら、以下の流れで引き出せます

「出金」メニューより出金希望額を指定してください。

出金依頼された金額に合わせて、保有しているETFを市場で売却します。

売却代金は通常4営業日後、お客様が登録された出金先口座へ振込が行われます

出金の依頼は24時間365日いつでも可能です。

出金先の口座は事前に登録しておく必要があり、出金の際の手数料は無料です。

>>ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

ウェルスナビを信頼している理由

あと、日本経済新聞、NHK、テレビ朝日などで紹介されているため、僕は信頼して投資額を増やしています。

スクリーンショット 2018 07 03 20 28 05
運営会社の柴山社長は財務省出身とかなりのエリート

信頼できる大手の会社から投資を受けていますし、法律顧問、監査法人もちゃんとしています。

こういった理由から、僕はウェルスナビを信頼しているんですよ。

>>ウェルスナビで損失を出してすぐやめたら、そりゃ失敗しますよ!長期保有を推奨します

ETFとは?

なお、ウェルスナビで購入することになるETFとは、投資信託の一種。

「上場(Exchange Traded)+投資信託(Fund)」と訳されます。

これを買うことでリスクを分散して資産運用でき、資産を増やしていけるのです。

>>【ETF】TOPIX連動型上場投資信託はおすすめなのか、信託報酬などを比較して検証してみた(運用実績あり)

ETFを買えば上場企業全体に投資できる

例えば、東証一部上場の株式から算出される「TOPIX」と連動したETFを買う場合、

上場企業のあらゆる株式に分散投資することになるのです

スクリーンショット 2017 08 08 12 03 32  1

(TOPIXは上場企業の株価の平均と考えておきましょう)

投資の素人や本業のある人に向いてる

株の場合、上場企業のソニー、味の素など個別銘柄を買わなければいけませんが、ETFだとそれぞれに分散投資できるんですね

etfはその指数に影響を与えている銘柄に分散投資することになる

これは僕のような投資初心者に向いている商品です。(初心者がこれから上がる株を予想するのは難しいですからね)

また、個別銘柄のように日々の株価に一喜一憂する必要がなくなります。(本業のあるサラリーマンにぴったりの商品なのです)

>>増えるお金を試算できる「WealthNavi(ウェルスナビ)」の無料診断を受けてみた

ドルコスト平均法で自動積立

なお、ウェルスナビの自動積立は、ドルコスト平均法という手法で商品を買っていきます。

ドルコスト平均法とは、「毎日1000円ずつ」といった感じで定額で淡々と買っていく手法

これによって、商品の値下がりや値上がりを気にせず、資産を積み立てていけるて、結果、お得に株などを買えるようになるのです。

ドルコスト平均法によって、投資で失敗しづらくなる

本題ではないのでこれ以上は説明しませんが、ドルコスト平均法を詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

参照:投資信託の積立にはドルコスト平均法が向いている!おすすめの商品も紹介

ここでは、感情に左右されず淡々と買っていける手法なのだ、と覚えておいてください

まずは無料診断してみる>>ウェルスナビのサイト

キャンペーンは投資を始めるいいタイミング

先ほども書いたように、今だと以下のようなキャッシュバックをやっていてお得です。

スクリーンショット 2018 07 03 16 37 06

お得にウェルスナビを始めたい方は以下の記事からどうぞ

>>【朗報】今ならウェルスナビの口座開設で1,000円もらえる!&2ヶ月分の手数料もキャッシュバック中!

僕は過去にキャンペーンの時に始めて3000円もらえました

ウェルスナビのキャンペーン

手数料は毎月発生する

あと、管理画面を見ると毎月の手数料を確認できます。

ウェルスナビの手数料

ウェルスナビの手数料は預り資産に対して年率1%(資産が3000万円以上なら0.5%)。それを月で割って払うのです。

最新情報>>【朗報】ロボアド「ウェルスナビ」で長く運用を続けるほどコストが安くなる「お得な割引制度」スタート!

ウェルスナビの手数料の推移

以下の記事に、「これまでに支払った手数料」と「受け取った分配金」をまとめておきます。

>>ロボアド「ウェルスナビ」の運用成績(実績)、分配金、手数料の推移、計算方法をまとめてみた(2017年からの積立)

※ウェルスナビは毎月、分配金ももらえます

ウェルスナビの税金について

あと、ウェルスナビには「DeTAX(デタックス)」という機能があり、自動で税金周りの処理をしてくれて税負担を軽減してくれます。

配当やリバランスなどによって生じる税負担が一定額を超えた場合に、

お客様のポートフォリオ組入銘柄の中に含み損がある銘柄があれば、

その銘柄を一旦売却しすぐに買い戻すことによって損を実現し、益と相殺することでその年の税負担を軽減します。

こういった機能があることも覚えておきましょう。

まずは診断>>「ウェルスナビ(WealthNavi)」の無料診断を受けてみた

ウェルスナビで利益が発生しても自分で確定申告する必要はない

投資では利益がある場合、確定申告する必要がありますが、ウェルスナビの場合、自分で確定申告する必要はありません。

ウェルスナビでは「特定口座(源泉徴収あり・なし)」を使うので、ウェルスナビ側がでその処理をやってくれるのです。

※特定口座(源泉徴収あり)だと、確定申告不要で便利です

ウェルスナビで商品が買われるタイミング

ちなみに、ウェルスナビでは、20時まで購入依頼をして入れば、翌朝には反映してくれるそうです。

実際、100万円入金した当日は、資産が100万円の現金のみでしたが、翌朝からいろんな金融商品がバランスよく買われていました

(米国株、債券、新興国株、不動産、金などがバランスよく購入されます)

なので、初日は管理画面をずっとみていても何も変動がないと思っておきましょう。

分別管理しているので、ウェルスナビが破産しても資産は守られる

あと、こういった金融系のサービスで心配なのが、運営会社がつぶれて自分の資産がどうなるか?ということ。

でも、それを心配する必要はありません。


WealthNaviに、もしものことがあった場合、預けた資産は守られますか?

WealthNaviにもしものことがあってもお客様の資産に影響が及ばないよう、法令に基づいて当社の資産とは明確に分けて保管しています

現金は全て三井住友銀行の信託口座にて保管され、ETFは米国の保管機関(DTC)にて分別管理されています

分別管理に不備があった際の備えもある

あと、以下の点も知っておきましょう。

また、万が一、当社が破綻し、さらに分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客様の資産について日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行います。

>>増えるお金を試算できる「ウェルスナビ」の無料診断を受けてみた

おつりで始める資産運用「マメタス」を開始(スマホアプリも)

日々の買い物のおつりを貯めていって、資産運用に回せるサービス「マメタス」がリリースされました。

これは、クレジットカードでの支払いで発生した端数を積み立てていくもの。(すでにウェルスナビユーザーであれば、使えます)

iOSとAndroidアプリもあります

また、ウェルスナビはスマホアプリもあり、気軽に資産を確認できます。(ちゃんと作り込まれてます)

>>ウェルスナビを使い始める

※iPhoneアプリ、Androidアプリの両方があります。

分散投資や積立投資が優れている理由

分散投資や積立投資が優れている理由は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:投資信託のブログを書く初心者として「積立投資のメリット・デメリット」や「おすすめできる理由」を書いとく

関連記事:【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

※以降、ソーシャルレンディングの話ですので、ウェルスナビを利用したい方は、こちらからどうぞ。

1万円からの投資ならソーシャルレンディングを

なお、ロボアドバイザーのウェルスナビは最低投資開始金額が10万円からです。

なので、もっと少額から始めたいなら1万円から投資を始められるソーシャルレンディングがいいですよ。

(これはたくさんの投資家から少しづつお金を集めて投資するスタイルです。クラウドファンディングのようなもの)

その中でも僕は「クラウドバンク」というものに一番多く(190万円)投資しています。

参照:【190万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

数ヶ月の投資で5~8%の金利がつく

「クラウドバンク」のいいところは、ウェルスナビのように数十年単位でなく、数ヶ月投資しておけば、投資金額に数%の金利がついて戻ってくるところです。

もちろん、それだけのリターンにはリスクも伴いますが、数ヶ月で数千円増えることもあるわけですから、銀行に預けておくよりはお金は増えるのです。

なので、少額から投資を始めたい方は、以下の記事を読んでクラウドバンクを使うか検討してみてください。

参照:融資型クラウドファンディング「クラウドバンク」のセミナーで気づいた重要事項

>>ロボアドバイザーのデメリット(リスク・留意点)「元本割れ、運営会社の倒産」(2ch、利回り、NISA)

関連記事

>>ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

>>ロボアドバイザーのポートフォリオ(資産配分、保有銘柄)まとめ

>>ウェルスナビのクイック入金手数料、銀行口座連携、セキュリティ問題についてまとめ

他のロボアドと比較(成績圧勝)

他のロボアド、>>マネラップ(MSV LIFE)THEO(テオ)楽ラップマネックスアドバイザー投信工房と比べても、ウェルスナビは圧倒的に成績いいです。

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

ソニー銀行などとも連携してます

>>ウェルスナビの最新ニュースまとめ(SBI証券、イオン、横浜銀行との提携。預り額・積立額など)

※住信SBIネット銀行などとの連携が便利です

>>【少額から】初心者にオススメの資産運用と本まとめ

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【お得】無料で儲かる銘柄を知る方法

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ