【評価】THEO+docomo(ドコモ)でのdポイントのもらい方と評判、THEOとの違いと移行法まとめ

どうも。3,500万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

ロボアドバイザーの「THEO(テオ)」でより気軽に投資を始められるサービス「THEO + docomo」が始まったので実際の利益などを紹介します。

スクリーンショット 2018 11 28 21 35 22

2019年7月13日時点、しっかりプラスになりお金が増えてます

「THEO+docomo」の成績

おつり投資で少額(100円)からTHEOを始められる

あの有名なドコモとTHEO(テオ)のタッグ、かなりアツいです。(読み方は、テオ・プラスドコモ)

100円からのおつり投資もあり、ハードル低く始められるので、少額で資産運用してお金を増やしていきたい方はチェックしてみてください。

>>【運用実績あり】THEO(テオ)の積立機能、手数料、口コミから正直に評価してみる

なお、「テオ・プラスドコモ」はTHEOの口座があると始められて、サイトでは無料診断をやれます。

この診断では運用で増える額を知れますので、まずはチェックしてみるといいですよ。

theoの無料診断
(「無料でTHEOを体験」から診断できます)

無料診断のサイト

>>運用で増えるお金をチェックする

「テオ・プラスドコモ」とは?特徴は?お得なの?

「THEO+docomo」は、ほったらかしOKのロボアド「THEO」をドコモアカウントで利用できるサービス。

大きな特徴は、大元のTHEOにはない「おつり投資」や「dポイントの付与」があること

スクリーンショット 2018 11 28 21 20 03

THEOでは1万円から始めて、毎月1万円単位の積立しかできませんが、おつり投資によってもっと少額を投資にまわせるようになったのです。

>>【THEOの資金をもらう】お得なキャンペーンまとめ

おつり投資とは?その仕組みは?

なお、おつり投資に関しは以下の記事をどうぞ。(投資にまわる際のルーツをまとめています)

>>【評判】おつり投資を比較!トラノコ、マメタスや楽天、ドコモのポイント運用のデメリットも紹介

>>【評判、口コミ】おつり投資アプリ「マメタス」はおすすめ!100円単位で「ウェルスナビ」の積立額を増やせます

dカードで買い物した時におつりが運用へ

そして、おつりはdカードで買い物した時に発生する分が対象となります。

スクリーンショット 2018 11 28 21 19 08

dカードはポイント還元率もよく、お得な使い方、貯め方もあるのでオススメです

>>ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の無料診断から登録&口座開設までの手続きまとめ

>>【投資での損が怖いなら】キャンペーンでまず資金をもらおう

THEOでの運用額に応じてdポイントがもらえる

また、「THEO+docomo」では、dポイントがもらえるのもお得なのです。

運用額1万円ごとに毎月1ポイントもらえて、100万円で運用する場合は月に100ポイント、年間では1200ポイントもらえるのです。

スクリーンショット 2018 11 28 21 17 43

しかも、ドコモ回線を使っていればポイント還元率が1.5倍になり、100万円の運用なら1年で1800ポイントもゲットできるのです。

スクリーンショット 2018 11 28 21 17 36

これは他のロボアドバイザーになりメリットです。

無料診断で増えるお金をチェックする

>>THEO + docomoのサイト

THEOと「THEO+docomo」の違い

なお、運用の始め方やポートフォリオの組み方はTHEOと同じ。

大きく違うのは、「おつり投資ができるか」と「運用中にdポイント付与があるか」「dアカウントでログインできる」の3点

※dアカウントを持ってる人であれば、「THEO」より「THEO+docomo」の方がはじめやすいです

スクリーンショット 2018 11 28 21 19 27

>>【THEOの資金をもらう】お得なキャンペーンまとめ

「THEO」と「THEO+docomo」はどっちがお得?

ここまでの説明だと、「THEO+docomo」のほうがお得?と思うかもしれませんが、そうではありません

大元のTHEOでは都度お得なキャンペーンをやっていて、これを使えばdポイント付与以上のメリットが得られるのです。

スクリーンショット 2018 11 27 12 51 45

たとえばこのキャンペーンを利用し、20万円追加で買えば2000円ゲットできるわけですから、「THEO+docomo」よりお得になります。

キャンペーン期間中の入金額 プレゼント額
10万円以上〜20万円未満 1,000円
20万円以上〜50万円未満 2,000円
50万円以上〜100万円未満 3,500円
100万円以上〜200万円未満 10,000円
200万円以上のご入金 15,000円

なので、キャンペーンごとに多めに買い増す資金がある人であれば、大元の「THEO」を使ったほうがお得なのです。

>>【投資で損したくない人へ】キャンペーンでまず資金をもらおう

THEO口座を「テオ・プラスドコモ」へ移行できる

あと、「THEO+docomo」は新規登録もできますし、すでにTHEOをつかってる人からのアカウント移行もできます。

なので、いまTHEOで積立運用をしてる人が「dポイント付与」や「おつり投資」を魅力に感じ、

「THEO+docomo」で運用したいと思ったら、切り替えることが可能なんです。

無料診断で増えるお金をチェックする

>>THEO + docomoのサイト

「THEO+docomo」への移行方法

なお、移行方法はとても簡単。

マイページ「設定」の「お客様情報」をクリック。

スクリーンショット 2018 11 28 21 15 50

「THEO+docomo」に切り替えるというボタンがあるので、それをクリック。

スクリーンショット 2018 11 28 21 15 44

あとは流れに沿って作業してけばOKです。

スクリーンショット 2018 11 28 21 16 04

>>【THEOの資金をもらう】お得なキャンペーンまとめ

切り替え時にdアカウントが必要

そして、切り替えるときはdアカウントを作る必要があります。

※このとき、手数料はかかりません

また、「THEO + docomo」に切り替えた後、もういちどTHEOに切り替えるのはムリなので覚えておきましょう。

【利益は出る?】「THEO+docomo」の運用実績(成績)

THEOも、THEO+docomoも利用するロボアドバイザー自体は同じなので、2つそれぞれ同じ条件で運用すれば同じ成績になります。

なのでここでは、ぼくのTHEOでの運用成績を書きます。

・2017年4月5日、運用開始
・7月28日:112,588円に(+2588円)

・12月30日:172,407円に。+1万2,407円(+7.75%)

・2018年4月2日:円建てだと、+531(+0.28%)
・9月3日:円建てだと、+12,722円(+5.30%)。ドルだと、+108.21(+4.99%)

・12月4日:+3,729円(+1.38%)。ドルだ、-22.61ドル(-0.93%)

・2019年7月13日:+22,069円(+4.32%)。ドルだと+299.01(+6.48%)

>>最新成績はこちらでどうぞ

無料診断で増えるお金をチェックする

>>THEO + docomoのサイト

「THEO+docomo」の評判、口コミ

以下、ユーザーの感想(レビュー)。

まだ始まったばかりのサービスなので、口コミは少ないですが、やってる人はいますね。

>>【2018年の実績を比較】ウェルスナビとTHEOは両方併用すべき?(楽ラップにも言及)

ドコモの銀行口座があると、さらに便利に

あと、「THEO+docomo」ではドコモ口座をもってると便利に使えるので、こういったお得情報もおさえておきましょう。

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

【メリット】年間コスト(手数料)が実質0.82%になる

あと、「THEO+docomo」ではdポイントの還元があり、1ポイント=1円で使えるので、THEOの年間コストが安くなります。

THEOだと、通常は1%かかりますが、dポイント付与によって実質コストが0.82%になるんですね。

※キャンペーンを利用すれば、もっと実質コストが安くなる

なので、こういった利点もおさえておきましょう。

>>【運用実績あり】THEO(テオ)の積立機能、手数料、口コミから正直に評価してみる

「THEO+docomo」のアプリはない

なお、「THEO+docomo」のスマホアプリはまだないので、ブラウザから利用することになります。

※大元のTHEOにはiOSアプリあり(Androidはなし)

「THEO+docomo」のキャンペーンについて

キャンペーンだと、こういうのがありますね。

他に大元のTHEOでは紹介した以外に、こういうのもやってるのでチェックしてみてください。

「THEO+docomo」を評価!(大元の感想あり)

「THEO+docomo」について調べてみて、これは少額で資産運用をはじめたい人に向いてると思いました。

ウェルスナビを始める場合10万円が必要ですが、「THEO+docomo」ではおつりからOKなので、かなり少額から始められます。

※おつりが1万円たまってから商品が買われていきます

これは運用の資金を確保できない人にとってありがたいですよね。

>>ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の無料診断から登録&口座開設までの手続きまとめ

THEO自体、素人でも鉄則どおりに運用できる

そして、THEOであれば知識なしの人でも金融のプロが採用する手法で運用し、資産を増やしていけます。

また、THEOの運用アルゴリズムをつくってるメンバーは業界で有名な方ばかりで、とくに加藤さんは国の年金の運用にも関わる方でかなりの権威です。

>>THEOの分配金(配当)、手数料がかかるタイミング、積立や引き落とし手数料、法人口座についてまとめ

あと、以下のこともとても大事なので、覚えておきましょう。

機関投資家に採用されたことは、THEOの運用手法が、機関投資家の要求にも応えられる水準であることを証明しています

>>「THEO」、機関投資家向け
「ARCA GLOBAL ASSET」をスタート

ユーザーの90%がTHEOの運用に満足してる

このように、THEOではかなりレベルの高い運用ができるので、ユーザーの満足度も90%以上になっています。

スクリーンショット 2018 11 28 21 32 47

なので、興味がある方はぜひ「THEO」または「THEO+docomo」を始めてみてください。

「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」の始め方(無料診断あり)

なお、始め方はTHEO同様、かんたんです。

スクリーンショット 2018 11 28 21 32 30

はじめに診断で自分にふさわしいプラン(資産配分)を決めて、増える額のシミュレーションをチェック。

スクリーンショット 2018 11 28 21 33 05

そこで納得すれば、入金して運用を始めればOK。(おつり投資だけでもOK)

スクリーンショット 2018 11 28 21 32 37

なので、興味がある方はまず無料のプラン診断だけでもやっておくといいです。

それによって、運用への理解も高まるし、試算で増えることがわかるとテンションが上がりますのでw

>>【評判、口コミ】おつり投資「トラノコ」の実績、評価、手数料、口座開設方法まとめ(資産運用アプリあり)

dポイントのお得な貯め方、使い方も

また、「THEO+docomo」の場合、dポイントをお得に貯める方法も知るといいですね。

>>【お得】ロボアド「THEO」の積立や追加入金で現金がもらえるキャンペーンまとめ(+ドコモは随時)

この辺は、またあとで書こうと思います。

>>THEO+SBI銀行(証券)のJAL、ドコモ版との違い、移行方法や1番のオススメまとめ

ロボアドバイザーTHEOのメリット・デメリット

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

>>どっちがおすすめ?ロボアド「ウェルスナビ」と「ひふみ投信(プラス)」の成績を比較し断言!

>>【評価と2chの評判】THEOは手数料高い?損するリスク、実績などまとめ

ドコモのポイント投資のコツ、攻略法

なお、THEOでのおつり投資でなく、dポイントの擬似運用のコツもあるので、一応まとめておきます。

>>
【評判、口コミ】dポイント投資がロボアド・THEOで可能に!ドコモが「マネーハッチ」の競合サービス開始!

ただ、これは2018円12月17日のルール改定で旨味がなくなり、やる意味はなくなりました

以下のように、1日に追加できるポイント数の上限が設定されたのです。

・THEO+docomo未実施の場合、2000ポイント

・THEO+docomo実施の場合、10000ポイント

THEO+docomoをやった方がずっとお金は増えます

dポイントとをたくさん運用したいなら、THEO+docomoをやろう

みてわかる通り、擬似運用に回せるdポイントを増やしたいなら、THEO+docomoを始めた方がいいです。

THEO+docomoは1万円からでなく、dカードでの買い物と連動したおつり投資だけでも始められるので、実は元手ゼロで始められるのです。

なので、dポイント運用をお得にやりたい人は、THEO+docomoを始めましょう

「THEO+docomo」は「THEO」を一旦申し込んでから、サイトで作業することで始められます(2クリックで完了します)

無料で口座開設だけでもしておく(1分で終わります)

>>THEO + docomoを始める

dポイント運用での増やし方

なお、現状では後出しジャンケン(ズル)でdポイント投資で増やせます。

>>おすすめ?ウェルスナビでリスク許容度を5から1に変更!ポートフォリオと損益結果も公開

>>ロボアドバイザーはおすすめしない!投資のプロにはね。でも、初心者には超おすすめ!

アクティブコースとバランスコースがある

あと、株価が下がる日には「下がり幅の少ないインカムコースへ変更する」という必勝法もあります。


株価が下がりそうなら、債券中心(インカム)のコースに変更することで、損失を減らせるのです。

>>ロボアド「THEO」の成績はインデックス運用を上回ってる!自動リバランスなどを考えると必要コストだね

>>【利益増える】THEOの手数料が最大35% OFFに!運用コスト最安で最強のロボアドバイザーになるかもね

アクティブコースはグロース(株多め)

>>【最悪でヤバい】ウェルスナビのひどい問題点を大損しないために知ろう

>>【損した】ウェルスナビを売却!出金方法(やめ方)やかかる期間、解約との違いまとめ

>>【ロボアドバイザーの次】失敗してわかった将来性ある他の投資(今後も損失なし)

おすすめの貯蓄方法をランキングで紹介

>>理想&おすすめのアセットアロケーション!資産運用初心者が株式のみで7%の利回り得られる?

>>おすすめの貯蓄方法をランキングで紹介!お金・資産の賢い増やし方(保険はダメ)

>>2019年版のおすすめ自動投資!資産運用アプリなどを比較し厳選

ロボアドバイザーの比較も書いてます

>>はじめての資産運用:失敗(損)しないために賢い「ベスト投資」をおすすめしてみる

>>下落時は長期インデックス投資の始め時(買い増し時)!資産運用のプロは暴落待ちし、その時しか投資しない!

寝てる間もお金が増える「ほったらかしFX」

お得キャンペーンで現金とギフト券がもらえる!

毎日コツコツお金が増えてます!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ